長嶋 茂さんの記事一覧»マネーの達人

長嶋 茂さんの記事一覧 (22)

長嶋 茂 長嶋 茂

今年脱サラしたばかりの不動産投資家兼ライター。ソーシャルレンディング投資にも邁進中。現在は賃貸併用住宅3室とワンルームマンション1室を所有し、月間20万の家賃収入を得ている。不労所得を増やして家族の生活を安定させることを目標としています。将来は店舗ビジネスへの進出を目標としている。
【寄稿者にメッセージを送る】

【どっちが儲かる?】「駐車場」と「コインパーキング」 それぞれの特徴と収益性を比べてみました。

駐車場とコインパーキング

不動産投資の活用法の1つとして、駐車場経営があります。 また駐車場経営といっても月極駐車場と時間制駐車場、つまりコインパーキングという2つの賃貸方式があります。 その2つを比較して、どちらの方が収益性が高く、どのような特・・・

【ソーシャルレンディング投資】手堅い投資先に「公共事業関係の案件」 その内容と注意点

ソーシャルレンディング投資に公共事業

ソーシャルレンディング投資 最近何かと問題の多いソーシャルレンディング投資。 それでもその利回りの高さと、手軽に収入が得られるメリットは大きいです。 そこでソーシャルレンディング投資をするときに、手堅い投資先として、公共・・・

【不動産投資】賃貸併用住宅の「現金化しやすい」出口戦略 「賃貸に需要のある場所」に建てるべき

賃貸併用住宅の出口戦略

不動産投資を行うときは、物件を購入した後の出口戦略もきちんと立てておく必要があると言われています。 賃貸併用住宅を運営する時にも、出口戦略は必要なのかを考えてみましょう。 なぜ出口戦略が必要なのか 出口戦略が必要とされる・・・

【不動産投資】「任意売却物件」は価格も安いし、リスクも少ない 任意売却の「3つのメリット」をお話しします。

不動産投資用物件を購入する時には、一般的な不動産屋に仲介される物件以外にも、競売物件や任意売却物件を購入するという手段もあります。 その中でも特に任意売却物件は価格が安く、かつリスクも少ないということで人気があります。 ・・・

【ソーシャルレンディング投資】1年以上の「長期運用」と半年未満の「短期運用」それぞれのメリット・デメリット

ソーシャルレンディングに投資をする時は、案件の運用期間もよくチェックしておかなければいけません。 半年未満の短期運用案件、そして1年以上の長期運用案件には、それぞれにメリットとデメリットがあります。 ではその具体的な特徴・・・

賃貸併用住宅の経営で「家賃収入以外」の収益を上げる方法3つ

賃貸併用住宅は、自宅に住みながら部屋を人に貸すことで家賃収入を得る不動産投資です。 家賃収入でローンを返済できる一方で、単純に購入費と家賃を比較した、収益性だけを見るとアパートやマンションを建てた方がいいことも多いのです・・・

東京都内・近郊エリアの不動産価格高騰はいつまで続く? 今後「不動産価格」が下落する3つの理由

郊外と都心部で明暗分かれているものの、東京都内や東京近郊エリアでは現在も地価は上昇傾向にあります。 プチバブルとも言えるこの状態ですが、不動産価格の高騰はいつまで続くのでしょうか。 不動産価格の下落に影響してくる3つの要・・・

【ソーシャルレンディング投資】子供の「基礎控除」を使うズルい節税術

ソーシャルレンディング投資は、利回りも高く、不労所得に近い性質を持った収入を得られる最近人気の投資人気の投資手法です。 しかし、ソーシャルレンディング投資は分離課税の対象ではないため、所得税と同じ累進課税制度となっていま・・・

「賃貸併用住宅」の部屋割りは、「住み心地」や「家賃収入」への影響大! 快適に生活するためのポイントをお伝えします。

賃貸併用住宅は、一つの建物の中に自宅部分と賃貸部分を設けなくてはいけません。 どこを自宅にして、どこを賃貸に出すか。 その理由をしっかり決めておかないと、大家と入居者で、互いにプライバシーが侵害されて大変住みづらい家にな・・・

【アパマン経営】ちょっとした工夫で入居率アップ! 古い物件でも、綺麗でおしゃれに見せる「3つのコツ」を紹介します。

アパートへの入居を検討する時に、多くの人は一度は内覧します。 内覧時に綺麗な物件、おしゃれな物件であれば、入居したいという気持ちもぐっと高まります。 しかし内覧時に殺風景であったり、古くて汚い物件では、なかなか誰も住んで・・・

このページの先頭へ