長嶋 茂さんの記事一覧(2 / 3ページ)»マネーの達人

長嶋 茂さんの記事一覧(2 / 3ページ) (22)

長嶋 茂 長嶋 茂

今年脱サラしたばかりの不動産投資家兼ライター。ソーシャルレンディング投資にも邁進中。現在は賃貸併用住宅3室とワンルームマンション1室を所有し、月間20万の家賃収入を得ている。不労所得を増やして家族の生活を安定させることを目標としています。将来は店舗ビジネスへの進出を目標としている。
【寄稿者にメッセージを送る】

2つのリスクから学ぶ「競売物件」 不動産投資の熟練者は金のタマゴを見つけに行く

不動産物件を購入する方法 その1つに、競売があります。 競売は住宅ローンなどを返済できなくなった人が、担保に設定していた不動産を裁判所が入札にかけ、最も高い値段で落札した人に不動産が売却される仕組みになっています。 不動・・・

大家として取り組める賃貸住宅の「省エネ対策」3つ

省エネ対策

2018年の夏は記録的な猛暑となりました。 中部地方を中心に、場所によっては猛暑日である最高気温35度以上の日数が30日を超え、猛暑によって多数の死者が出るなど、住人の健康や安全が脅かされています。 大家として物件を運営・・・

賃貸物件の客付けに「広告費」は支払うべき? 支払う前に考えるポイントと注意点を解説します。

アパートやマンションの客付け

賃貸物件を経営すると、空室が発生すれば入居者を仲介会社に探してもらいます。 その時、仲介に入る不動産会社に広告費を支払って、優先的に自分の物件を紹介してもらうことができます。 広告費を支払ってでも入居者を決めるべきか、そ・・・

金利収入が投資家の収入となる「ソーシャルレンディング投資」のリスク3つ 

不労所得に近い性質の収入が得られる投資として人気の、ソーシャルレンディング。 しかし投資である以上、ソーシャルレンディングにもいくつかのリスクが存在しています。 では具体的にソーシャルレンディング投資をする時には、どのよ・・・

ボーナスを投資で増やしたい! 20万、50万、100万円の金額別の投資先をご紹介します。

夏のボーナスが支給されたという方も多いでしょう。 ボーナスの支給金額は上昇傾向にあるなど、なかなか景気の良い話が聞こえてきます。 そこでボーナスを使ってさらに効率的に増やしたいという方のために、金額別の投資先を検討してみ・・・

「不動産投資」をするなら「都心」ではなく「地方」をおすすめする3つの理由

不動産投資は現在都心で行うのが主流であり、地方で行うのは危険だと言われます。 確かに都心の不動産は資産価値が落ちにくく、人口が多いためリスク管理や安定性を考えれば都心の投資が初心者には向いていると言えるでしょう。 しかし・・・

「ソーシャルレンディング投資」のメリット サラリーマン投資家に向いていると言われる理由

最近注目されてきている投資手法の一つに、ソーシャルレンディングがあります。 しかし具体的にソーシャルレンディングがどんな投資手法なのか、その特徴まで知っている人はそれほど多くないかもしれません。 そこでソーシャルレンディ・・・

賃貸併用住宅でなるべく費用をかけずに「無線Wifi環境」を提供するには

賃貸物件の設備として今最も人気のあるのが無料インターネット回線です。 毎月のネット接続費を節約できるだけではなく、入居初日からインターネットが使えるという利便性の高さも人気の秘密です。 そんな人気設備を格安で、賃貸併用物・・・

大家の悩み「なかなか入居者が決まらない…」 コストをかけずに自分で入居者を見つける3つの方法

賃貸不動産物件を運営している大家の一番大きな悩みといえば、やはり空室です。 特に2~4月の繁忙期を終えてから急に退去が発生してしまうと、翌年の繁忙期までなかなか入居者が決まりづらいことも多いです。 そういった場合は不動産・・・

【不動産投資】区分マンションを購入するときの注意点 必ずチェックしたい設備面のポイント3つ

不動産投資の成否を大きく左右するのは物件選びです。 物件選びでは周辺環境や駅からの立地などさまさまなポイントを見なければいけませんが、設備面を見ることも重要です。 そこで投資用の区分マンションを選ぶときに必ずチェックして・・・

このページの先頭へ