京極 佐和野さんの記事一覧»マネーの達人

京極 佐和野さんの記事一覧 (17)

京極 佐和野 京極 佐和野 http://fp-milabo.com/

FPオフィス ミラボ 代表
大阪生まれの大阪育ち、福岡在住です。老後が考えられなかった40代から一変、50代に入ったとたん、あと何年元気でいられるだろうかと考え始め、いつまでという人生のタイムリミットを感じるようになりました。竹内まりやさんの「人生の扉」歌詞のそのものです。後回しにしてきた自宅購入、FPオフィスを起業しました。『お金の知恵』を得ることで50歳からでも始めることもやり直すこともできるということを皆さんにお伝えしたいと思っております。巷の情報に流されず、貴方らしいセカンドライフを実現して下さい。
<保有資格>:CFP/1級FP技能士/住宅ローンアドバイザー/証券外務員2種
【寄稿者にメッセージを送る】

高齢者の医療負担がまた増える。負担軽減が期待できる「給付金制度(高額介護合算療養費制度)」を紹介します。

近年の高齢者医療・介護制度の改正

医療・介護関連の制度 健康寿命や平均寿命が年々最長更新する中、ここ数年、毎年のように医療・介護関連の制度が見直されています。 離れて暮らすご両親の介護費用や医療費用を負担しているという方も、「高額介護合算療養費制度」を活・・・

処方される薬は「薬局の場所、時間、曜日」などで値段が変わる。損をしない3つのポイント

多様化する調剤薬局の形態

多様化する調剤薬局の形態 最近、ドラックストアや大手スーパーの中に調剤コーナーができたり、遅くまであいている調剤薬局が繁華街やビジネス街にできたりと、調剤薬局の形態が多様化してきました。 おかげで、時間がないときなど、処・・・

保険に付帯している「健康相談ダイヤルサービス」は便利で助かる 利用方法と注意点を解説

あなたは健康ですか? 社会・自然環境の悪化など、現代を生きる私たちは、アレルギー体質であったりストレスを抱えたりして、なにかしら体調不調を感じていることが多いようです。 実際に平成26年厚生労働省の「健康意識に関する調査・・・

「かかりつけ医」や「医療機関」を選ぶ10個のポイントと、医療費節約のコツ3つ 

団塊の世代が全員75歳以上となる2025年に向けて、医療・介護における地域包括ケアシステム実現は着々と進められています。 そして、今年4月には、6年に一度の医療報酬・介護報酬・薬剤報酬の改定があり、全体的には0.55%の・・・

「献血」と「健診」を活用して健康な体でいることが、医療費の節約につながる。

「健康診断」受けていますか? 人生設計にとって健康状態がどうなのかということも、医療や介護費用の負担など考慮するために必要な要素です。 人生設計をゆとりあるものにするには資金計画のほかに、人間ドックや健康診断に定期的に受・・・

「医療費のお知らせ」を提出する確定申告なら簡単? いいえ…申告漏れの危険もあり、3つの注意が必要です。

「医療費のお知らせ」 《画像元:全国健康保険協会》 ・ 平成29年分の確定申告から医療費控除を受ける場合 「医療費控除の明細書」を提出することにより、「医療費の領収書」の提出または提示は不要となりました。 ・ 「医療費の・・・

【確定申告】「医療費控除」と「セルフメディケーション税制」で節税効果を最大にする ポイントを4通りの申告で解説

前回は、セルフメディケーション税制について詳しく説明しました。 今回は、効率よく後悔しない確定申告するためのポイントを解説します。 厚生労働省では、2017年9月に「セルフメディケーション税制に関するQ&A」のなかで、こ・・・

「医療費控除(病院) vs セルフメディケーション税制(OTC医薬品)」どっちがお得? どっちを選べばいいの?

セルフメディケーション税制 2017年(平成29年)1月1日からスタートした「セルフメディケーション税制」は、セルフメディケーションの推進を目的としています。 WHO において 「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の・・・

12月は交通事故のもっとも多い月 年末に違反金で痛い出費をしないために知っておきたいこと

1年で一番いそがしい12月 12月は「師走」とも呼ばれ、年末に向けてクリスマスや忘年会などのイベントや、仕事納めで普段の月よりもバタバタする事が多いでしょう。 「忙しい」という余裕のない行動は、事故を起こす要因にもなりま・・・

もっとスキルアップしたいあなたに 来年(平成30年1月)から支給率や上限額が拡充される「専門実践教育給付金」を活用しよう

もっと専門の仕事に就きたいけど、資格や専門教育が必要ということで費用面などで躊躇されていた方や今までの経験やスキルをバージョンアップさせてセカンドライフを生きがいのあるものにしたい方に朗報です。 平成30年1月1日以降に・・・

このページの先頭へ