竹下 秀一さんの記事一覧»マネーの達人

竹下 秀一さんの記事一覧 (13)

竹下 秀一 竹下 秀一 http://www.fp-blog.com/sis/

SIサポート 代表
住宅会社に勤務後、2008年5月に独立し、全国各地で『住宅ローン借り換えセミナー』を行い、住宅ローンを返済中のお客様に住宅ローンの借り換えを指南しています。住宅ローンの借り換えで大きなメリットが生まれるケースが多いのに、住宅ローンについてよく知らない方が多い為、少しでも多くの方にお知らせする為に日々セミナーを行っています。
<保有資格>FP2級、宅地建物取引士
【寄稿者にメッセージを送る】

太陽光発電の「2019年問題」を考える その対策のカギは「住宅ローン」にあり

2019年問題

2009年11月に太陽光発電の余剰電力の買い取り金額が、24円/kwhから2倍の48円/kwhに値上げされた。 値上げの期間は10年間で、10年の期間が満了するのが2019年の10月なので、2019年問題と呼ばれている。・・・

マイナス金利を享受しよう 今なら「10年固定」に借り換えるチャンス

日銀のマイナス金利導入の目的は円安とインフレだが、意に反して円高と株価の下落が生じている。 期待する効果が出なければより一層のマイナス金利幅を広げることも視野に入れている。 マイナス金利を導入してる国はどうなってるか マ・・・

日本の太陽光発電の可能性

電気代が高額な理由は、原子力発電所、火力発電所、水力発電所と、どれを見ても大規模な施設が必要です。その上、発電した電気を使う所まで運ぶのに送電線といった大掛かりな設備もまた必要になります。 長い距離で電気を送ると送電ロス・・・

「住宅ローン繰り上げ返済」反対論

住宅ローンの繰り上げ返済には反対します。 全てのローンの中で最も有利なローンは住宅ローンです。低金利、長期返済、団信付きの三拍子揃っています。そして住宅ローンを借りる時の用途は限られます。車の購入や教育資金では借りられま・・・

住宅ローンの実態調査 63.4%が10年以内に借り換え

住宅金融支援機構が行った民間住宅ローンの借り換えの実態調査によると、約半数(49.8%)の人が借り換え後は固定期間選択型を選び、3人に一人(32.2%)の人が変動金利を選び、全期間固定金利を選ぶ人が17.9%と一番少ない・・・

金融機関とうまく付き合う方法

金融機関は役所と同様に苦手な人が多い。窓口の愛想は良いが、専門用語が多く理解が難しいので、出来れば敬遠したくなる。銀行に交渉に行っても、自分の思う通りには行かない。なぜなら、銀行がグーだとすると、あなたはチョキだからであ・・・

住宅ローンの借り換えで得するために 目的を明確にし、メリットの有無を確認しよう

 住宅ローンの借り換えに関してお話しさせて頂くと、まず住宅ローンを借り換える目的について考えなければなりません。  住宅ローンを借り換える目的はいくつかありますが、現状と借り換え後の金利差で総支払額を減らすことが一つ目の・・・

住宅ローン借り換えをしない理由(2) 「手数料が掛かる」

 住宅ローンの借り換えをしない理由で2番目に多い回答は「手数料が掛かる」である。住宅ローンの借り入れには申し込み手数料、抵当権設定登記費用、保証料、印紙代といった費用が掛かり、借り換えではそれに抵当権の抹消登記費用と(場・・・

住宅ローン借り換えをしない理由(1) 手続きが面倒…

 住宅ローンを返済中の方に「借り換え」についてアンケート調査を行ったところ半数近い方が既に借り換えをしたか、もしくは借り換えに関心を持たれていたが、32.9%と3人に一人が「借り換えをしない」と回答した。その方達にその理・・・

住宅ローンは変動金利で借りてはいけない

 リーマンショック以降変動金利でローンを組んでマイホームを建てられる人が増え、住宅金融支援機構の調査によるとピーク時は約半数の人が変動金利を選択している。変動金利は年利1%を切っており、同じ金額を借りた場合固定金利と比べ・・・

このページの先頭へ