鈴木 まゆ子さんの記事一覧»マネーの達人

鈴木 まゆ子さんの記事一覧 (73)

鈴木 まゆ子 鈴木 まゆ子 http://ameblo.jp/mayusuzu8/

税理士、心理セラピスト。
2000年、中央大学法学部法律学科卒業。12年税理士登録。現在、外国人の日本国内での起業支援に従事。会計や税金、数字に関する話題についての記事執筆を行う。税金や金銭、経済的DVにまつわる心理についても独自に研究している。共著に「海外資産の税金のキホン」(税務経理協会、信成国際税理士法人・著)がある。ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」
<保有資格>税理士
【寄稿者にメッセージを送る】

スポーツ選手のすごい賞金、「税金」や「手取り」はいくら? 大坂なおみ選手を例に解説します。

スポーツの世界は相当厳しい世界

今月9日(日本時間)、全米テニスの女子シングルス決勝で日本の大坂なおみ選手が優勝し、賞金380万ドル(日本円で約4億2,180万円)を獲得しました。 ≪画像元:Wikipedia≫ 日本人がスポーツの大会を制して巨額の賞・・・

個人事業主の会計は「仕事」と「プライベート」のお金の区別が重要。勘定科目「事業主貸」と「事業主借」について解説します。

個人事業主の会計は「仕事」と「プライベート」のお金の区別が重要

個人事業主の日々の会計で大事なのが 「仕事のお金とプライベートのお金を区別すること。」 特に、青色申告を行っている人の場合、会計ソフトによって複式簿記で日々の仕訳を行わなくてはいけません。 しかし、この「区別をつけるため・・・

「亡くなった人の預貯金はおろせない」の法律が変わる 「預貯金の仮払い制度」の内容と2つの注意点

「預貯金の仮払い制度」の注意点

亡くなった人の預貯金は引き出せない 愛する家族が亡くなって悲しむもつかの間、まず心配になるのは「生活」です。 これまで、妻や夫、親や祖父母といった生活の大黒柱が亡くなった場合、亡くなった人の預貯金は一切引き出せませんでし・・・

被災したら罹災証明書(税金減免に必須) 清掃や修理をする前に写メする場所や注意点について説明します。

災害に遭ったら「罹災証明書」の準備 9月になり、立て続けに関西の台風、北海道の震度6の地震が発生しました。 まずは復旧が大切ですが、このとき、今後の税金や保険料の減免のために、1つだけ気にしておいていただきたいことがあり・・・

【不動産投資の悩み】「空室」がある場合でも「減価償却」できるのか? 計上できる場合とできない場合を解説します。

アパートなどの不動産への投資は、不労所得や節税などさまざまなメリットをもたらします。 ただ、それは「満室」である場合の話。 常に想定通りにいくわけではありません。そして、他の投資と同じくリスクが伴います。 「空室の発生」・・・

「貸したお金を返してくれない」ときは「少額訴訟」の検討を 訴訟の流れやメリット・デメリットを解説します。

「貸したお金を返してもらえない。」 「モノやサービスを提供したのにいつまでもお金を支払ってもらえない。」 こういったことで悩むことは誰でも1度はあるかと思います。 同時に、回収したい金額は裁判をするほどではない程度のもの・・・

「生命保険」って「相続対策」になるの? 相続における生命保険の「3つのメリット」を解説します。

2015年以降、相続税の課税対象になる世帯が増えてから、 「生命保険は相続対策になりますよ。」 というキャッチコピーをよく聞くようになりました。 「そうなんだ、じゃあ入ろうかな」と思う人もいるかと思いますが、なぜ相続対策・・・

最大65万円控除も! メリットが多い「青色申告の承認申請書」を忘れずに提出しよう 

個人事業主の起業というと、ほとんどの人が「青色申告」を思い浮かべます。 65万円控除という大きなメリットの他、さまざまな特典がつくからです。 ただ、黙っていては青色申告が適用されることはありません。 自ら気づき、行動を起・・・

事業主のみなさん「ITツールを新しくしたい…でもコストが心配」と悩んだら「IT導入補助金」を検討ください。

IT導入検討中 個人であれ企業であれ、順調な事業運営にITは欠かせないツールとなりました。 導入にはコストがかかるけど、日進月歩で進歩するIT技術の性質上、5年10年と長く維持できないのが特徴です。 「ITツールを新しく・・・

かなり聞きにくいけど、実家に帰った時に確認したい「相続まわり」のこと3つ

8月はお盆の季節です。 すでにご実家に戻った方、あるいはこれから帰省する方、さまざまだと思います。 中には仕事や他の用事で帰省できず、親御さんと電話で話すだけの方もいるかもしれません。 こんなふうにして実家と接点を持つ時・・・

このページの先頭へ