鈴木 まゆ子さんの記事一覧»マネーの達人

鈴木 まゆ子さんの記事一覧

鈴木 まゆ子 鈴木 まゆ子 http://ameblo.jp/mayusuzu8/

税理士、心理セラピスト。
2000年、中央大学法学部法律学科卒業。12年税理士登録。現在、外国人の日本国内での起業支援に従事。会計や税金、数字に関する話題についての記事執筆を行う。税金や金銭、経済的DVにまつわる心理についても独自に研究している。共著に「海外資産の税金のキホン」(税務経理協会、信成国際税理士法人・著)がある。ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」
<保有資格>税理士
【寄稿者にメッセージを送る】

社長の第二のポケット「役員貸付金」は注意が必要 メリットとデメリットを知っておこう

社長の第2のポケット、役員貸付金

中小企業の財務諸表に多いのが「役員貸付金」。 役員の生活の補填としての役割の他、新規事業の立ち上げや資産運用などに用いられることがあります。 社長としては「第二のポケット」として活用しがいのある項目ですが、注意も必要です・・・

次の「仮想通貨の確定申告」は前回より厳しい 次回(平成31年3月)に向けて準備しておくべきこと

来年の準備 記録をしっかりとつける

やりましたか?「仮想通貨」の確定申告 今年3月の確定申告でもっとも注目を集めたのが「仮想通貨の確定申告」。 先日25日、国税庁が仮想通貨関連の確定申告の結果を発表しました。 それによると、仮想通貨による収入が1億円を超え・・・

あれ? 6月からの住民税が増えてる… その原因はきっと、この4つのどれかです。

住民税の控除額の小ささ

6月は住民税の切り替わりの時期 勤務先や個人のお手元に住民税の納付書が届いているはずです。 ざっと金額を見て 「あれ…なんで増えているの?」 と感じた人もいるかもしれません。 住民税が増える原因は所得税と同じ その増税感・・・

節税対策をするなら「お墓」や「仏壇」は生前に買っておいたほうがいい理由

相続税が増税になった今でも、「死んだ後の話をするのは縁起が悪い」としてなかなか向き合おうとしません。 しかし、それでも事前に対策を取っておいたほうがよいものもあります。 特に、死後必要となるお墓や仏壇などは、被相続人候補・・・

所得1000万円超の社長さん、奥さんを役員にして節税しませんか? 節税方法と注意点を解説

今年1月から、合計所得1,000万円以上の納税者は配偶者控除を受けられなくなりました。 この税制改正を悲観的に受け止める人が多いのですが、会社経営をしている社長にとっては節税のチャンスです。 妻を役員にして報酬を抑えれば・・・

これからも「専業主婦」のままでいいの? 収入ゼロが抱える2つのリスク

「結婚したら専業主婦になりたい」 「子供との毎日を大事にして家事や趣味を楽しみたい」 このように考える女性は少なくありません。 特に、就職氷河期などで苦労してきた人ほど「結婚してラクになりたい」願望が強いものです。 ただ・・・

無料のエンターテイメントに注意 あなたの電気代が盗まれる「クリプトジャック」とは

インターネットが普及したことで安く楽しめるエンターテイメントが増えました。 中には著作権のあるマンガや音楽、映画を無料で楽しめるサイトもあります。 ただ、こういった無料サイトには注意が必要です。 あなたがサイトを楽しんで・・・

死後、「デジタル資産」トラブルにならないために知っておくべきこと。

インターネットが生活のインフラとなった今、ネット上の銀行口座や証券、仮想通貨などといった「デジタル資産」は当たり前のものとなりました。 紙や通帳のような実体がなく、すべてデジタルで完結するため、「言わなければ、自分以外誰・・・

マイホーム購入を検討する前に 「実家を相続予定」の人は住宅取得等資金を受け取らない方がお得かもしれません

4月になり、進学や転勤などに伴い、マイホームの購入を検討する人もいるかもしれません。 しかし昇給や手取りの増加はなかなか増えない昨今、住宅ローンをすべて自弁するのは難しいもの。 ここで検討材料に上がりやすいのが「住宅取得・・・

仮想通貨詐欺に多い「ポンジスキーム」 騙されないためにチェックするポイント3つ

昨年の仮想通貨市場は価格高騰により一気に投資家が増えた1年でした。 同時に仮想通貨関連のトラブルも急増しています。 国民生活センターによれば、2017年度に全国から寄せられた2816件、前年度比で3.3倍、2014年度比・・・

このページの先頭へ