相川 隆さんの記事一覧»マネーの達人

相川 隆さんの記事一覧 (15)

相川 隆 相川 隆

1972年生まれ。大学卒業後、メガバンクに入行。法人融資、個人融資、資産運用、マーケティングなど幅広い業務経験を積む。1級ファイナンシャルプランナー。20年勤務ののち、医療業界に転職。経営企画室にてM&Aや新規病院開設、介護施設立ち上げなどに携わる。一方で本業と並行し、カフェ経営、コンサルティグ事業を主宰し、店舗経営、起業・税務・保険・ファイナンシャルプランニングを行う。趣味は料理。
【寄稿者にメッセージを送る】

「不動産投資」をするなら「都心」ではなく「地方」をおすすめする3つの理由

地方物件の投資

不動産投資は現在都心で行うのが主流であり、地方で行うのは危険だと言われます。 確かに都心の不動産は資産価値が落ちにくく、人口が多いためリスク管理や安定性を考えれば都心の投資が初心者には向いていると言えるでしょう。 しかし・・・

医療費の自己負担額を軽減する「高額療養費制度」 利用する際に知っておくべき注意点6つ

高額療養費制度を利用する時の注意点

病院での長期間の入院や高額の治療の際に、医療費の自己負担額を軽減する「高額療養費制度」が活用することができます。 しかし利用の際には注意しなければならない点がいくつかあります。 ポイントをしっかり押さえて上手に制度を活用・・・

介護は「いくらかかるか」だけでなく「いくらかけられるか」が重要 介護が始まる前に、親と話しておきたい「お金」の話

介護にいくらかかるの?

高齢者世帯の家計収支は、収入20万円に対して支出25万円で、毎月5万円の赤字 総務省統計局のデータによると、高齢者無職世帯(世帯主の平均年齢72.3歳)の1か月間の平均実収入は20万162円でした。 平均実支出は25万7・・・

介護保険の「世帯分離」 得する人と損する人の分岐点

介護保険「世帯分離」 介護保険を利用している人で世帯分離を行うと、世帯分離を行わずに同居している人に比べて、介護保険の自己負担額を減らすことができます。 「世帯分離」とは、住民票に登録されている1つの世帯を、2つ以上の世・・・

【2018年8月~】70歳以上の医療費自己負担限度額が変わります 今回の改正のポイントは?

みなさんは高額療養費制度についてご存じですか? 高額療養費制度は医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が、1か月で上限額を超えた場合にその超えた金額が払い戻しされる制度です。 重い病気で長・・・

【人生100年時代】在宅介護の「備え」はどこから? 少ない自己負担で使える介護用具と選び方

「母が退院したら自宅で過ごしたいって…でも足が不自由だし一人では生活できないでしょう…?」 あなたやあなたとの配偶者の両親にも、そうした事態がやってくるかもしれません。 平均寿命が延び70代80代でもまだまだ元気な人も多・・・

投資初心者におすすめの「つみたてNISA」でこれからの資産づくり 「5つのメリット」を解説します。

つみたてNISAをご存知ですか? ≪画像元:金融庁≫ つみたてNISAは、これから資産を作ってゆく若い世代にピッタリの商品です。 つみたてNISAは2018年1月からスタートした商品で、毎年40万円を限度に投資信託などで・・・

【2018年10月から】介護保険における介護用具レンタル代に上限が設けられます

厚生労働省は、今年10月から福祉用具のレンタル代に上限を設けます。 これは平均的な価格を大きく上回る値段で貸し出す業者があり、問題となっているためです。 高齢化が進み、介護用具の利用が伸びる中で適切な価格で安心して利用で・・・

私の資産は何年で2倍になる? 複利の「72の法則」を知っておこう

複利効果という言葉をご存じでしょうか? 運用において複利効果とは、元本のみでなく利息に対しても利息がつくという意味です。 とくに中長期の投資のように、時間が長ければ長いほど、利息に対する利息が雪だるま式に膨れ上がります。・・・

「カードローン」お悩み相談室 職場や家族に内緒で借りたい場合どうすればいいの? FPが回答します

いよいよボーナスの時期ですね。今年は景気も良さそうで金額も増えるでしょうか。 一方で「入用」も結構あるものです。 住宅ローンのボーナス返済に子供の塾代、夏休みくらいは家族で旅行に行きたいし。 そんなときの強い味方が、もし・・・

このページの先頭へ