淺井 敏次さんの記事一覧»マネーの達人

淺井 敏次さんの記事一覧 (33)

淺井 敏次 淺井 敏次 http://fp-office-asai.jimdo.com

FP事務所ASAI 代表
身近なよろず相談。お客様の利益最優先で、独立FPの視点での相談をモットーに活動。ライフプラン、リタイアメントプランニング、資産運用、保険、税金、相続、金融商品、社会保険、住宅ローン、その他の悩みを一緒に考え解決、セカンドオピニオンでも利用してください。ご希望にお答えします。京都大学卒、ビール会社の工場・本社勤務後、独立系事務所設立「FP事務所ASAI」代表。 講演経験、投資経験も豊富:「豊の国 かぼす特命大使」大分県知事任命、「一般社団法人大阪あそ歩委員会」ガイド。
<保有資格>:日本FP協会認定CFP® / 1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / ビジネス法務エキスパート / 公害防止管理(水質1、大気1)
【寄稿者にメッセージを送る】

住まいのリスクを補償する「火災保険」と「火災共済」 違いとそれぞれの特徴を解説

「火災保険」と「火災共済」はどこが違うのか

「火災保険・火災共済」の加入率は持家の場合、82%と高い加入率です。 「火災保険・火災共済」は、建物と家財などの被害の補償をしますが、補償の範囲は火災だけではなく、風災や水災、盗難など幅広い「住まいのリスク」を補償します・・・

相続税の改正で課税対象者が急増。 税務調査では「申告漏れ」が増加中…追徴前に対策をしよう。

相続税申告

相続税の法律改正で平成27年からは、相続税課税の対象者が約2倍の10万人に急増しています。 毎年約130万人の方がお亡くなりになっていますので、12人に1人が相続税の支払い対象です。 そのうち8人に1人が相続税の税務調査・・・

土地の境界線トラブル 境界確定で立ち会う際に注意すべきこと

土地の境界線トラブルを防ぐ

境界確定していない土地を持っている場合、土地家屋調査士から 「隣地の依頼を受けたので境界確定で立ち会ってください」 と連絡があれば、あなたはどう対応しますか? 通常は、関係者が立ち会いの場で話し合いをして決めるのが普通だ・・・

自動車関係の税金は何種類ある? 消費税増税の影響と共に考えてみましょう。

自動車関係の税金は大きく4つ 1. 取得時にかかる税金 … 合計支払い価格の約3% 2. 保有にかかる税金 … 保有時毎年約5万円 3. 取得時の消費税 … 取得時の消費税8% 4. 走行時にかかる税金(ガソリンなど) ・・・

【読者の質問に回答】「保険料を長年払ったのに、年金を全額もらえない! どうすればいいの?」

「保険料を長年払ったのに、年金をもらえない! なんとかならないの?」 年金の仕組みは理解するのが複雑ですが、年金制度について解説します。 娘さんから質問の要約 ご本人、80歳代後半、女性(配偶者は51歳で逝去、共済組合)・・・

「持ち家」と「賃貸」どっちがお得? 今の住宅事情とそれぞれの特徴、必要軽費を比較してみました。

住宅について、どうお考えでしょうか? 戸建? マンション? それとも賃貸でしょうか? お金の面から住宅を考えてみます。 地域(関東、中京、近畿)によって、物価水準や住宅事情はかなり違いますので、自分の条件にあった住まいを・・・

始める前に知っておく投資の基本の「き」 投資アレルギーも、自分のルールを作って守れば大丈夫。

食わず嫌いの多い「投資」 株式投資と聞くだけで、 「ギャンブルに近い」 「何か怖いもの」 「なにやら近づきがたい」 と感じている方がおられるかもしれませんが、株式市場は日本経済を支える大切な役目があります。 株式投資につ・・・

【iDeCo、NISA、つみたてNISA】私はナニを選べばお得? 違いとメリット・デメリットを説明します。

違いを知って賢く運用 お得な資産運用として、 ・ iDeCo ・ NISA ・ つみたてNISA などの非課税の仕組みが整備されてきていますが、違いは理解できているでしょうか。 資産運用の王道は「長期・積立・分散」です。・・・

知っておきたい「介護保険制度」の財政状況 保険料は40歳以上の「13人」で「1人」を支えている計算に

介護保険制度は、2000年に国の社会保障制度として開始しています。 40歳からの強制加入の制度で、要介護・要支援認定(以後 認定と略)を受けた「高齢者」や「40歳以上」の人を対象に、社会全体で支える仕組みです。 1. 介・・・

年金の年齢別納付額と受け取り額を予想 年齢が低いほど納付額が高く、受取額が低い

納付額と受け取り額 公的年金制度が始まった1975年は老人世代1人を労働世代7.5人が支え、1990年は1人を5.1人で、2010年は2.6人で、2050年は1.2人で支えると推測されています。 納付額と受け取り額の計算・・・

このページの先頭へ