「経済」の記事一覧»マネーの達人

【「経済・市況・為替」の詳細テーマ】 経済 相場 為替

【経済】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「経済」の記事一覧

「預金」に金利以上の魅力が見つかる 定期預金の新しいカタチ、大和ネクスト銀行の「えらべる預金」を詳しくご紹介します。

大和ネクスト銀行のえらべる預金

「預金に金利以外の魅力を感じて頂きたい」 という思いからスタートしたのが大和ネクスト銀行の「えらべる預金」です。 ≪画像元:大和ネクスト銀行「えらべる預金」≫ 「預金は、もっと、楽しくなれる。」をコンセプトに、 1. 各・・・

ゆうちょ銀行の預入限度額が2600万円に! この引き上げを、利用すべきではない「3つの理由」

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の貯金には現在のところ、「通常貯金」と「定期性貯金」の合算で1,300万円という、預入限度額があります。 そのため利用者はこの預入限度額の範囲内で、通常貯金の上限額を設定する必要があるのです。 例えば定期性貯・・・

「手数料」商売を始めた銀行の獲物は、富裕層の眠ったお金 預金では儲からない時代を生き残る

眠った貯金で投資信託

富裕層のイメージ 「セレブ」 「成功者」 「ひと握りのエリート」 他にもいろいろあるでしょう。 富裕層という言葉は、本来金融機関のマーケット分類で使う用語が、世間一般にも広がったものです。 メディアなどでは「富裕層は全人・・・

忘れ去られた安全資産「金(ゴールド)」の将来性 1,400ドル/ozをブレイクすれば「長期上昇相場」になる可能性も。

近年の世界株高もあって、現在は安全資産の金(ゴールド)の話題はほとんど耳にしません。 しかし近い将来、金の話題が世界を旋風するかもしれません。 今回はそんな忘れ去られた安全資産の「金の将来性」について解説していきます。 ・・・

「積極的にATMを減らす銀行」に対して「ATM機能を高めるコンビニ」 銀行が近くになくても平気な時代到来 

最近、銀行のATMが減ったなあと感じることが増えましたが、案外困ることが少ないので、おどろいています。 ・ 買いものや飲食は… クレジットカードか電子マネー ・ お金の入出金… 自宅でオンラインバンキング などを使えば済・・・

住宅ローン利用者は「全期間固定金利」の積極活用を 世界経済減速懸念で、長期金利が急低下

米の景気拡大が踊り場に入ったとの思惑や、中国の景気減速、EUの景気停滞などから、世界の株式市場は乱高下を繰り返しています。 これを受けて、市場では景気後退論が台頭。 株式市場から安全な債券市場に資金が流れ、10年物国債の・・・

イギリスでの確定申告(タックスリターン)方法を紹介

年度末が近づき仕事も一年の締めくくりとなり、確定申告の季節にもなってきました。 日本でも確定申告は少しややこしく、書類の申請やお金の計算で頭をかかえてしまいますね。 確定申告は国は違えどイギリスでも同様です。 日本語でも・・・

アメリカの貿易赤字で、日本の「円高」と「自動車業界」に矛先が向かう懸念

米中貿易戦争の背景 昨年から米中貿易摩擦、ひいては米中の覇権争いの話題で持ち切りのようです。 この背景には、アメリカの対中貿易赤字が拡大を続けていることに一因があると思います。 なぜなら、アメリカの貿易赤字に占める対中貿・・・

日経平均株価は史上最高値(3万8957円)を更新できるか? 超えるために必要なこと

日経平均株価は1989年12月29日に史上最高値3万8,957.44円を記録しています。 この平成の始まりにつけた価格は、平成が終わろうとしている現在まで射程圏内に捉えることすらできていません。 いつの日かこのバブル期最・・・

Brexit(ブレグジット)に伴う日本円の価値とイギリスポンドの価値

2019年3月までに施行される予定のBrexit(ブレクジット)に向けて、イギリスでは政治やお金など様々な混乱を招いています。 今回は日本から見るBrexitの実際と、日本人が準備しておくBrexit対策を紹介したいと思・・・

このページの先頭へ