「経済」の記事一覧(2 / 70ページ)»マネーの達人

【「経済・市況・為替」の詳細テーマ】 経済 相場 為替

【経済】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「経済」の記事一覧(2 / 70ページ)

中国・韓国の「電子決済」普及率は50%以上 日本が20%未満にとどまる3つの阻害要因

どこまで進む?日本の電子決済

日本の支払いの電子化(今後電子決済と表記する)はどこまで進むのか? 将来の世の中の流れを気にせざるを得ない。 電子化と言っても、単にクレジットカードでの決済だけにとどまらない。おサイフ携帯などもそれにあたる。 日本におけ・・・

激安の100円マックや1000円カット、無料のクックパッドやLINE、これで儲けってあるの?

儲かる仕組みについて

最近あちこちで見かけるようになった1,000円カット。 小学生が自分のお小遣いで買える100円マック。 普段私達が何気なく使っている無料アプリ。 安いのはうれしいけれど、 「これで儲けってあるの?」 と疑問に思う人も少な・・・

【株式投資家も注目】コインチェックが460億円も補償できた驚きの高収益決算内容

補償してもなお黒字のコインチェック社

仮想通貨交換業者コインチェック社のNEM流出事件で、約580億円の流出額を補償すると会社側が発表した際には、「本当に補償しきれるのか?」という疑念の声が多く上がりました。 実際には2018年3月12日から、約460億円に・・・

【過去最大の巨額M&A】武田薬品工業が製薬大手「シャイアー」の買収に踏み切った背景とは

過去最大となる武田薬品工業による、アイルランド製薬大手シャイアーを買収することを発表しました。 実現すれば、日本企業によるM&A(合併・買収)として過去最大案件となり、自分とほぼ同規模の相手を買収するという、武田薬品にと・・・

銀行の本音「もう窓口に来ないで」 普通の人は銀行に行くほど「損」する時代に

大手銀行の思惑 大手銀行が、大幅な人員削減と店舗縮小に着手し始めています。 三菱UFJ銀行は、現在の窓口のある店舗515店舗を3年後には430店ほどに、5年後には約半分の250店舗にする予定。 支店の人員も3,000人前・・・

「無期転換ルール」で無期契約社員は増加するか? 「5年ルール」の計算方法やクーリング制度について解説

労働契約法とは? 2007年に制定された労働契約法は個々の労働者と使用者の間の労働(雇用)契約を取り決める法律です。 特に最低基準を上回る労働条件の決定・変更と労働条件の成立・終了を取り決めますが、公務員や同居の親族のみ・・・

中国ECは「タオバオ(天猫)」だけじゃない 破格で購入できる共同購入アプリ「拼多多」の独特な仕組みを紹介

スマホの浸透により、モバイル決算が加速している中国。 2017年には総人口の55.5%がインターネット利用をしていると報告されています。 モバイル決算の増加により、大都市だけでなく中規模都市のネット利用者も増え、特に破格・・・

国際会計基準「IFRS」の影響 ~グローバル化はTSUNAMIのように~

上場企業が決算書を作成する場合のルールとして、会計基準がありますが、実はその会計基準は4つもあり、多くの企業が日本独自の基準で作成されています。 かつてはグローバル化≒アメリカ進出みたいなイメージがあり、国内の決算では日・・・

「2025年問題」は医療、介護、金利にまで影響する 「財政赤字」について個人でも危機管理をしよう。

波及する2025年問題 内閣府の試算では、国の予算の中で国債費(借金返済額)は18年度予算案で、23兆3020億円。歳出総額の23.8%となっている。 高齢化で医療や介護などの社会保障費の伸びに目が向かいがちだが、国債費・・・

戦後2番目に長い景気拡大期 心地の良い「ぬるま湯経済」に警鐘を鳴らし続ける2つの理由

戦後2番目に長い景気拡大期に「緊張感」 昨年2017年は、世界的に好景気にもかかわらず物価が上がらない 「適温経済」 「ゴルディロックス経済」 「ぬるま湯経済」 などと言われました。 日本経済もこの世界的な「適温経済」、・・・

このページの先頭へ