「育児・教育」の記事一覧»マネーの達人

【「教育・育児」の詳細テーマ】 教育費 養育費 学費 養育費 奨学金 出産 育児 子供 学資保険 離婚

「育児・教育」の記事一覧

自主夜間中学などで学ぶ人は約7,400名もいる。給食や学校行事もある「夜間中学」の実態とは。

「夜間中学」を知っていますか ≪画像元:政府広報オンライン≫ 定時制の高校は良く知られていますが、「夜間中学」というものがあるのをご存じでしょうか。 さまざまな事情から義務教育を学びなおしたいという人や、日本語を学びたい・・・

高等教育の「授業料無償化」でも授業料以外の費用はかかる。「奨学金」「教育ローン」は家族でしっかりと話し合うことが大切です。

授業料無償化でも、高等教育はお金がかかる 高校においては授業料無償化で公立高校は授業料が全額無料となり、私立高校でも同額補助が出ています(ただし市町村民税所得割額が一定の収入額以上の世帯は対象外)。 大学の無償化の話も浮・・・

【就学援助制度】中学からは給食半額支援、弁当支援なし。支援なしでも弁当の方が安いが、心身の負担は大きいと感じた私からのアドバイス。

「就学援助制度」お弁当には適用されない シングルマザーや低収入世帯には有り難い「就学援助制度」ですが、実はお弁当を選択すると適用されません。 日本国内には、「給食とお弁当の選択制」を取り入れている中学校がたくさんあります・・・

みんなどのくらいかけてるの? 保育園と幼稚園を比較した場合の教育費・習い事にかける費用について

幼児期の頃から水泳や英会話などの習い事をさせる家庭が当たり前になりつつある現代。 そうは言っても保育園や幼稚園にかかる費用を考えると、習い事の費用の負担も決して小さくはありません。 保育園と幼稚園を比較した場合の教育費の・・・

大学受験生を持つ親御さん…「受験旅行」の予約は始まっています。交通手段と宿泊について再度確認しましょう。

今年も早いもので、あと数か月。受験生をお持ちの親御さんは、ハラハラドキドキしつつも、センター試験や一般入試には「まだ少し余裕があるわ」とお考えかもしれません。 いえいえ、自宅から遠く離れた場所で受験されるご家庭は、ノンビ・・・

「奨学金=借金」督促3回でブラックリスト 月1万3,000円支払い、37歳で完済した息子を持つ筆者の体験談

40歳近い息子は、大学院の時に自分の判断で、日本学生支援機構から奨学金を借りていました。 就職してから月々1万3,000円を返済し続け、37歳で完済しました。 いまだに彼が独身なのは、奨学金の返済があったからではないかな・・・

子どもへの「お小遣い」いくら渡してる? 管理の仕方、使い方のルールについて

子どもが小学生になると友達同士の付き合いが多くなり、その中でお金を使うようなシーンも少しずつ増えてきます。 そこで必要になってくるのがお小遣い。 でも「一体いつから、どれくらい渡せばいいのか」と悩んでしまう人も少なくあり・・・

我が家の息子が「公立中学」の入学してかかった費用を大公開 制服や部活用品など全部でいくら必要?

お子さんが中学校へ入学するときにかかる費用について 「学資保険だけでカバーできるの?」 「いくら用意しておけば良いの?」 そんな悩みや不安を抱えていらっしゃる親御さんも多いのではないでしょうか。 今回は、私の息子が今年(・・・

中学校の「部活費用」は公立でも意外とかかる件 小学校時代の習い事を辞めてその月謝分を塾代に…と思っているとあてがはずれます

この夏、中3の子どもがソフトテニス部を引退しました。 休みもほとんどなく、早朝から夜までの練習はハードだったと思います。 それでも、引退時に充実した表情で「部活楽しかった~」と言うのを見ると、親としてもうれしいですね。 ・・・

2人に1人が奨学金を借りているとされる現代の大学生 「学生生活調査」で明らかになるリアル生活状況とは。

大学生の生活状況 2人に1人が奨学金を借りているとされる現代の大学生。 授業料も上がる傾向にあり、大学生の生活状況はますます厳しくなると言われています。 実際にその状況はどうなっているのか…。 日本学生支援機構が行なった・・・

このページの先頭へ