「ライフプラン」の記事一覧(2 / 44ページ)»マネーの達人

【ライフプラン】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「ライフプラン」の記事一覧(2 / 44ページ)

新入社員1200人「働く」についてアンケートしたら…「老後はリタイヤをして悠々自適な生活」なんて考えていなかった

新入社員1200人に聞いた

新入社員1,200人に聞きました 先日、東証一部上場企業の新入社員向けに、老後の資産形成のための確定拠出年金に関するセミナーを実施しました。 そのセミナー後に老後の資産形成について、新入社員の意識調査の一環としてアンケー・・・

ワーキングマザー必見! 家計とのバランスを考えながら「家事代行サービス」を上手に使いこなすコツ

家事代行サービスを上手に使いこなす

共働きのワーキングママこそ、うまく使いこなしたい家事代行サービス。 でも、「家事を人に任せるなんて」「家事代行は高いのでは?」と思い、なかなか利用に踏み出せない人も多いのではないでしょうか。 でも、筆者は家事だからこそ、・・・

結婚相手は「親」を見て選べ (2) 共働きで家事分担に積極的か…は「母親」の生き方で判断できる。

子どもの結婚観は母親を見ればわかる

パートナーの結婚観に影響を及ぼす「母親」 今は共働きが当たり前の時代です。 にもかかわらず、男性の家事育児への参加状況は全くお粗末な状況です。 その原因となっているのが、いまだ日本に蔓延している性的役割分担の考えです。 ・・・

「未婚のひとり親」への支援が拡大 政令改正で「寡婦(夫)控除のみなし適用」の動きへ

ひとり親世帯の母の平均年収は243万円、父の平均年収は420万円だと言われており、ひとり親世帯の貧困が社会問題となってきています。 そして、ひとり親の経済的・身体的負担を考慮した制度はさまざまありますが、多くは「一度は結・・・

40代で子どもを授かったときのマネープラン。教育、住宅、老後資金を同時進行で作るためにやること。

がんばるアラフォー 最近、40代くらいのお母さんが赤ちゃんや小さな子どもさんを連れている光景をよく見かけます。 実際、40歳前後で初めての子どもを授かる家庭が増えていて、厚生労働省が行っている調査でも 婚姻数の減少と「晩・・・

【FPつれづれ小説】わが家の家計とワールドカップ

登場人物の紹介 場所:サムライのFP事務所「夢ジャパン」にて メッシ: 夢滅子(通称:メッシ36歳)四国のインテリ自称お局様FP  夢:「夫:夢ゴロウ38歳」・・・夢を追い続けるサッカーFP 香子:妻・31歳 軽卒:婿・・・・

離婚時の「養育費」はこう決まる 相手の収入が不明、もしくは収入額に疑問がある場合の取り決め方を解説

離婚の話が出てきたとき、未成年の子どもがいると 養育費の金額をどのように決めるか が大きく問題になります。 特に子どもが小さいと、高校へ進学した後の教育費が、きちんとまかなえるか不安になるところです。 実際のところ、教育・・・

副業が身近なオーストラリア 息子(小6)の副業はサッカーの審判「副業 = 趣味を生かした仕事」がオージースタイル。

オーストラリアの副業事情 オーストラリアは日本より働き方に自由がきくという話をしましたが、副業をしている人も少なくありません。 週に決まった曜日だけ勤めをして、残りの日には違う仕事をしているのです。 起業をするということ・・・

【働き方改革】残業を減らしても、しわ寄せがくる。成功企業のワークライフバランス推進策を参考に考える。

「働き方改革」を考える この度、働き方改革関連法案が参院本会議で可決されました。 今回の働き方改革法案では、高収入の専門職の一部を労働時間規制から外す「脱時間給制度」の創設が柱となっており、 ・ 年間720時間の残業上限・・・

「正社員で定年まで働く」という枠にとらわれない いろいろある女性のお金の稼ぎ方3つ

先行きが見えにくく、漠然とした将来への不安を抱えている人の多い今の日本。 特に独身の女性には「このままずっと、自分1人の力で生きていかなければならないかもしれない」というプレッシャーが重くのしかかっているのではないでしょ・・・

このページの先頭へ