「ふるさと納税」の記事一覧»マネーの達人

【ふるさと納税】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「ふるさと納税」の記事一覧

「ふるさと納税」で、平成最後に食べる「おせち」を予約! 数量限定なので、早めの申し込みが吉!

「ふるさと納税」のおせち

今回は平成最後の年末年始になるからと、おせちも様々な種類のものが販売されています。 バブル期を思い出させるような豪華なものを始め、「メモリアル」をイメージしたおせち、キャラクターおせち、高齢者のためのやわらかおせちなど多・・・

「楽天ふるさと納税」なら実質負担0円も 11月からの「お買い物マラソン」でポイント倍増を狙おう

楽天ふるさと納税でポイント 大量ゲット

ふるさと納税は今や利用者数295.9万人、住民税控除額2,447.7億円(平成30年度)と多くの方が節税に利用するものになりました。 ≪画像元:総務省(pdf)≫ ふるさと納税はいつでもできるものですが、筆者の体験を振り・・・

「お得にふるさと納税したい」ならどこのサイトがいい? 大手有名3サイトの特徴やメリットを解説

ふるさと納税サイト比較

実質2,000円の負担で、返礼品としてさまざまな品物が受け取れるふるさと納税。 ふるさと納税の人気が高まると同時に、「ふるさと納税サイト」の数も増加傾向にあります。 せっかくふるさと納税を利用するのなら、できるだけお得に・・・

【ふるさと納税】総務省と自治体の白熱バトル! 総務省通知により「返礼率3割超え」は「10月末で受付終了」の自治体も

ふるさと納税の人気が高まる中、豪華すぎる返礼品をめぐって、総務省と自治体がバトルを繰り広げています。 返礼率が高くてお得な返礼品は、寄付を申し込む私たちにとってはとてもありがたいものですが、総務省からすると、「寄付」とい・・・

「ふるさと納税」でおせちが届く! 2019年のおせち料理は、早期予約でゲットしよう

今年も残すところ、あと3ヵ月を切りました! ふるさと納税も、おせち返礼品の早期予約がもう開始しています。 おせちは季節商品のため、12月に入ってからだと在庫がなくなってしまう場合があり、10月の今、早めに申し込むのがおす・・・

掲載終了続出の「ふるさと納税」 制度改正前の最後のチャンスにおすすめ、高還元の返礼品3選

年々白熱するふるさと納税 今年6月には、総務省が3割を超える返礼品を発送している自治体に対して、見直しをするよう通達しました。 しかし、見直しが見込まれない自治体も少なくなく、総務省は来年度以降の制度改正を示唆しています・・・

【ふるさと納税】6,000円以下で届く「デカ盛り肉」返礼品3選 「寄付限度額」内で何度も受け取れます

ふるさと納税でもっとも多い「お肉」の返礼品。 日本全国の美味しいお肉が食べられるのはもちろんですが、家計の節約になるという大きなメリットもありますよね。 お肉の中でも3kgを超す「デカ盛り」の返礼品は、とくに申し込みが多・・・

専業主婦や産休・育休中の人が「ふるさと納税」すると逆に損することも 制度利用時の注意点

「ふるさと納税」で損をする 「ふるさと納税でカニをもらった〜」 なんて会話が、ママさんの間でもよく聞かれるようになりました。 いざ、「わが家もふるさと納税しよう!」と思い立ちますが、ちょっと待って! よくよく調べないとふ・・・

「ふるさと納税」で特産品をもらいながら被災地も応援できる「被災地支援パートナーシップ」 参加自治体の返礼品「ランキング上位5選」をご紹介

2018年、今年は自然災害が頻発しています。 何か「お手伝いを」と思っても、自分の暮らしを考えるとなかなか踏み出せないこともあると思います。 そんなときおすすめなのが、ご存知「ふるさと納税」です。 ふるさと納税は、納税す・・・

「ふるさと納税」で節税したのに「6月からの住民税が増えた」のはなぜ? その理由を税理士の筆者が解説します。

多くの人が活用するようになったふるさと納税。 「返礼品が楽しみ」と言いつつも、やはり最大の目玉は「節税」です。 ただ、それでも 「その節税を期待して、ふるさと納税をしたはずなのに、今年の6月からなぜか住民税が上がってしま・・・

このページの先頭へ