「学資保険」の記事一覧»マネーの達人

<PR>

【学資保険】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「学資保険」の記事一覧

「ドル建終身保険」は学資保険にも使える。デメリットがメリットに変わるポイントは「時間」にある。

現在の「学資保険」事情 かんぽ生命を始め「元本割れ」の状態が続いています。 円建て保険では予定利率が低く、保険料総額が満期時に戻ってきません。 お子様を育てる20~30代の皆様には、安い保険料で保障と貯蓄を準備し、余った・・・

「学資保険」は生まれてから入るのでは遅い 「出産後」ではなく「出産前」に加入した方がいいたった一つの理由

学資保険

先日、出産を控えた友人から「学資保険って必要かな?」と相談を受けました。 子供が産まれる事は喜ばしい事ですが、お金の事は気になりますよね。 出産に関わる費用はもちろん、生活費、養育費…。 今回の記事では学資保険加入のメリ・・・

子供が生まれたら「学資保険に入ろう」はもう古い? 学資保険の3つの特徴とデメリット

学資保険に入るのは古い?

子供が生まれたら学資保険に入るもの。 一世代、二世代前にはそんなイメージがありました。 しかし現在は教育費をためる手段として注目されるのは、積立NISAをはじめとする投資信託商品。 同じ金額をためるのであれば、より多くの・・・

【大学の入学費や授業料】納期は3月だと思ったら大ピンチ! 夏のボーナス、残してください。

「ランドセルが一番売れるのは7月」、最近そんな意外な記事を目にしました。 1位:7月 2位:8月 3位:3月 4位:9月 5位:10月 という、順になるそうです。 運動会の開催時期も「体育の日」のある10月に開催する学校・・・

あれば使ってしまう筆者が「やっておいてよかった」と実感した、2つのオススメ先取り貯蓄。

教育費はどーしてもかかる 幼稚園から大学まですべて私立だと約2,000万円、オール公立でもその半分ぐらいはかかると言われている教育費。 我が家の長女は現在公立高校の3年生ですが、卒業後は私立の四大(文系)に進むと言い出し・・・

「学資保険」どう選ぶ? 大切なポイントを3つご紹介

子どもの教育資金の相場は、全て私立なら約2,500万円にもなると言われています。 それほどの大金を一度に用意するのは大変ですよね。 そんなときに役立つのが学資保険です。 学資保険という言葉はよく耳にしますが、具体的にはど・・・

「トクする学資保険、ソンする学資保険」 返戻率105%前後の3社とかんぽ生命を分析しました。

かんぽ生命の学資保険 「かんぽ生命の学資保険ってトクなの?」 先日友人から質問されました。 郵便局に小さな子どもを連れて行くと、学資保険の案内をされることもありますよね。 そこで今回はかんぽ生命+それ以外の3社で、「トク・・・

「学資保険」返戻率の高い保険BEST3をご紹介 知っておきたい学資保険のメリットとデメリット

子どもが大学に行く年齢18歳(17歳)までには600万円くらいためておきたい学費資金。 普通に貯金するより学資保険のほうがやっぱりいいのでしょうか? 今回は筆者が小さい子どもを持つ親目線で「2017年(2018年初旬)に・・・

その「学資保険」保険失格かも 返戻率で比較してみると「国民年金」より払い損なケースがあります 

2017年6月30日に厚生労働省から、2016年度の国民年金の納付率が発表されました。 それによると納付率は前年度比で1.7ポイント上昇し、65.0%になったそうです。 過去最低の納付率だった2011年度の58.6%と比・・・

ガラパゴス化する「学資保険」にダマされるな! 自分で返戻率を上げるチョイ技3つも伝授

学資保険。それは大切な子どもの教育資金を準備するための保険商品です。 その学資保険が、低金利などのあおりを受けて、ガラパゴス諸島もびっくりなほどに進化(?)していることはご存知でしょうか? 一筋縄には比較できない、学資保・・・

このページの先頭へ