「投資信託・商品」の記事一覧»マネーの達人

【「投資信託、金融商品」の詳細テーマ】 投資信託 ファンド NISA 国債 債権 長期投資

【投資信託・商品】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「投資信託・商品」の記事一覧

【元証券レディが本音で選ぶ】「つみたてNISA」を始めるならどこ? 商品選びのポイントと「SBI証券」にすべき3つの理由

つむたてNISA初めて見たいけど商品選びに困る

つみたてNISAとは、長期に渡る積み立てでリスクを分散しながら資産形成を促すことを目的とし、2018年1月からスタートした制度です。 制度の詳細については、「マネーの達人」内でもいくつかの記事で紹介されていますので、本記・・・

日銀も注目するETF(上場投資信託) 特徴と魅力、おすすめ運用術を解説します。【国内編】

ETFの特徴と魅力

皆さんは資産運用の中に、ETF(上場投資信託)を採り入れておられるだろうか? 投資信託の中でも、銀行でも購入できる一般的な投資信託(非上場)との違いや種類を理解するだけで、低コストで多彩なポートフォリオを組むことが個人投・・・

マイナスにならず楽しめる「投資」 20万、50万、100万円の金額別で考える「投資方法」

投資は気になるがリスクが怖い

投資を楽しみたい 投資の目的は「お金を増やす」ことですが、一般的な投資にはリスクが必ずあります。 短期間でお金を増やせる投資ほどハイリスクハイリターンのものが多く、投資経験の浅い人や絶対に元手を減らしたくない人には手が出・・・

世界的に残高増加中、海外ETF(上場投資信託)の特徴と魅力、お勧め運用術

今年7月の日銀政策決定会合でも再度注目された、ETF(上場投資信託)をご存じだろうか? 世界的にAIが進歩する中、アクティブ運用が優位になる時代が終わり、情報格差に頼らないパッシブ運用、特にETFを採り入れた運用残高が増・・・

「ソーシャルレンディング投資」のメリット サラリーマン投資家に向いていると言われる理由

最近注目されてきている投資手法の一つに、ソーシャルレンディングがあります。 しかし具体的にソーシャルレンディングがどんな投資手法なのか、その特徴まで知っている人はそれほど多くないかもしれません。 そこでソーシャルレンディ・・・

銀行が勧めてくる「ファンドラップ」に任せて大丈夫? 元銀行員が解説する「その問題」と解決策

金融業界に変化が起きている 株や債券、投資信託を販売して手数料を稼ぐ証券会社や銀行の営業で最近異変が起きています。 従来の支店や営業マンの評価は、顧客に金融商品を販売して購入時の手数料が評価の対象でした。 しかし、ここ2・・・

投資上級者に学ぶ「投資信託」を買うならこんな時 主なメリット・デメリットを整理

投資信託は投資初心者向けというイメージもありますが、個人投資家の上級者でも買っているのです。 ここでは上級者に習い、その使いこなし方を学びましょう。 投資信託の主なメリット・デメリットを整理してみましょう 投資信託の主な・・・

【投資信託】手数料は「信託報酬」だけと思ってませんか? 「個人投資家が気づきにくい手数料」を解説します。

投資信託は、少額から投資でき、簡単に分散投資も実現することができるので、個人投資家にとって魅力的な金融商品です。 しかし、投資信託を保有している間は、ずっと手数料を負担する必要があります。 この手数料の中には、個人投資家・・・

日銀も買い入れている「不動産投信」を狙え! 年利7.79%のJ-REIT銘柄はこれだ。

不動産投信 J-REIT アベノミクスで日経平均や株式の方に注目が集まりがちですが、実は日銀は国債だけでなく、不動産投信の方も買い入れています。 J-REITと呼ばれる不動産投信には、日経先物や株式にない魅力があります。・・・

「投資信託」をやっている人の半数が損をしている「4つの原因」

一瞬、目を疑いました。 そして記事をよく読んで納得しました。 個人の半数が、投資信託で損をしているのは事実のようです。 そしてその理由がどうも気に入りません。 ≪画像元:金融庁(pdf)≫ 投資信託は理想的な資産形成商品・・・

このページの先頭へ