「投資信託・商品」の記事一覧»マネーの達人

【「投資信託、金融商品」の詳細テーマ】 投資信託 ファンド NISA 国債 債権 長期投資

【投資信託・商品】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「投資信託・商品」の記事一覧

元銀行員が教える 「しつこい銀行窓口セールス」を断る2つ言葉と、窓口で出金したとき「お金の使い道」を聞く2つの理由

銀行窓口セールス

銀行が力を入れて売りたい「投資商品」 今や、銀行の定期預金金利は0.01%まで落ち込んでいます。 そんな低金利が続く中、最近銀行では利回りがよいかわりにリスクもある「投資商品」のセールスに力を入れています。 なかでも筆者・・・

企業型DCにおいて任意加入できる「選択型DC」と「マッチング拠出」 仕組みや違いを確認しよう

任意加入できる「選択型DC」と「マッチング拠出」

「企業型確定拠出年金制度(企業型DC)」は、老後の生活資金を準備するための制度として多くの企業で導入されています。 2001年10月に施行された確定拠出年金法により導入され、2002年度は400件にも満たなかった導入企業・・・

お金を守る「資産分散」 安全を確保しながら増やす「投資信託」について

一口に「財産」といっても、 ・ 銀行預金 ・ 有価証券 ・ 不動産 ・ 土地 ・ 現金 などその形はさまざまです。 いくつかの種類に分散して管理する人もいる一方で、貯蓄額が増えても銀行預金に入れたままというケースも多く見・・・

iDeCoの税控除を使った複利運用のメリット 「初期資金100万円・リターン年平均5%・配当2%」でどれだけ差がつくかシミュレーション

iDeCoのことは何となく知っているけど、それほど大きなメリットがあると思えず始めていない人は多いです。 そんなiDeCoを軽んじている方のために、今回は老後に大きな差がつくiDeCoを利用した複利運用のメリットを紹介し・・・

「iDeCo」「NISA」は今見直すべきか 年始の「ファイナンシャルプラン点検」は4つの手順でチェックする。 

予想によると、2019年は波乱要因も多く世界経済も低成長の見通しです。 2017年に「iDeCo」を、2018年に「つみたてNISA」を始めたものの、やっぱり私には向いていない投資は控え、地道に貯金しようかと思った方いら・・・

「お金の無料相談」こそが高くつく FPに相談する際の5つの注意点

金融マンに会うと高くつく! ある大手金融グループの役員さんから面白い話を聞いた。 先般金融庁から投資信託販売に関する数値指標(いわゆる「KPI」)を出すように指示を受けたことを切っ掛けにこのグループでは投信販売に関する社・・・

高金利で人気の外貨建て保険 「デメリット」を知らないとトラブルになりやすい。

外貨建て保険商品を発売する生命保険会社が増えています きっかけは2017年4月の保険会社の標準利率引き下げです。 標準利率とは、保険会社が将来の保険金支払いのために積み立てている「責任準備金」を計算するための利率です。 ・・・

【ソーシャルレンディング投資】手堅い投資先に「公共事業関係の案件」 その内容と注意点

ソーシャルレンディング投資 最近何かと問題の多いソーシャルレンディング投資。 それでもその利回りの高さと、手軽に収入が得られるメリットは大きいです。 そこでソーシャルレンディング投資をするときに、手堅い投資先として、公共・・・

銀行推し「オーストラリア」絡みの商品に待った! 銀行の安心・安全を信じてはいけない理由をわかりやすく解説

オーストラリア絡みの金融商品 銀行で資産運用の相談をすると、必ず取っていいほど出てくるのが、オーストラリア絡みの商品です。 オーストラリアは、日本人から見ると国のイメージが良く、先進国でもあり、何よりも金利の高い国です。・・・

「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」徹底比較 特徴、メリットデメリットを知り賢く利用。

これでもう、悩みません「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」 資産形成・運用を始めたい時に迷うのがiDeCo(イデコ)とつみたてNISA(ニーサ)という2種類の税制優遇制度です。 多くの人は、 「何が違・・・

このページの先頭へ