「投資信託・商品」の記事一覧(2 / 34ページ)»マネーの達人

【「投資信託、金融商品」の詳細テーマ】 投資信託 ファンド NISA 国債 債権 長期投資

【投資信託・商品】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「投資信託・商品」の記事一覧(2 / 34ページ)

つみたてNISAの「地雷投信」を大暴露! 素知らぬ顔で金融庁のチェックを通過してしまった信託が紛れ込んでいる

地雷投信の積み立てNISA

国のお墨付き、でも地雷はあった! 匿名プロが大暴露 つみたてNISAで選べる投資信託は、金融庁の厳しい条件をクリアした長期資産運用に適したもの。 しかし、その「厳しい条件」をクリアしているからといって、すべてをおススメで・・・

「インデックス・ファンド」3つの長所と2つの弱点。

インデックスファンドに関心が高まる

支持と関心が高まる「インデックス・ファンド」 ・ iDeCo(個人型確定拠出年金) ・ NISA ・ つみたてNISA などの税制が優遇された資産形成制度が普及するのと平行して、インデックス・ファンドへの支持と関心が高ま・・・

2018年度から「死亡保険」の保険料が値下げ 残ったお金を長生きリスクに備えるならiDeCo

長生きリスクに備える

2018年度が始まってから、食品などの値上げが相次いでおりますが、値下げされているものもあり、それは例えば生命保険の保険料です。 なお生命保険とは一般的に、「人の生命・健康などのリスクに備えるさまざまな保険の総称」になり・・・

「前払い退職金」を企業型DCの掛金で受け取ると、損をする3つのケースを解説

新年度が始まる4月頃になると、退職金を給与に上乗せして前払いで受け取る場合と、退職する時に一時金で受け取る場合の手取り額を比較しながら、いずれがお得なのかを解説する記事をよく見かけます。 また最近は前払いの退職金を、企業・・・

「ソーシャルレンディング」は個人からの資金調達を可能にした仕組み メリット・デメリットを紹介

最近になって、「ソーシャルレンディング」というワードをメディアやネット上で、見たり聞いたりしませんか? 富士キメラ総研によると、2022年における国内ソーシャルレンディング市場は2016年に対して13.8倍の9,000億・・・

【積立投資を考えるなら】1つの商品を購入した段階で分散投資になる「ETF」がおすすめ

資産形成を考えた時、株式投資の他に積立投資という方法をとることができます。 株式投資では、積み立て投資ができませんが、他の金融商品であれば積立投資ができます。 これから積立投資で資産形成したい方には、ETFという方法がお・・・

「リスク回避型」の投資信託 長期投資のメリット・デメリット

トランプ大統領の発言等を原因とした相場の乱高下も、やや落ち着きを取り戻してきました。 現状でも、まだ値動きの荒い状況は続いていますが、本年2月~3月頃に比べればおとなしいものと言えます。 このように相場が落ち着いてきてい・・・

「積立NISA」の仕組みやメリットを詳しくチェック

将来に備え少しでも貯蓄を残したいと考える中で、投資や株などは興味深い手段。 しかしリスクを考えると、なかなか簡単には手が出せないものです。 そんな中、マネーリスクを抑えた投資スタイルの「積立NISA」が2018年1月から・・・

【iDeCo、NISA、つみたてNISA】私はナニを選べばお得? 違いとメリット・デメリットを説明します。

違いを知って賢く運用 お得な資産運用として、 ・ iDeCo ・ NISA ・ つみたてNISA などの非課税の仕組みが整備されてきていますが、違いは理解できているでしょうか。 資産運用の王道は「長期・積立・分散」です。・・・

【つみたてNISA】「ええなぁ~俺が新社会人のときにあったら…」と夫がボヤくほど、「新社会人」におすすめする4つの理由

新社会人の皆さんへ おめでとうございます。 新しいステージでのご健闘とご活躍を、心よりお祈りいたします。 これから先、皆さんの目の前には長い道のりが続いていきます。 そしてここには、かつて皆さんと同じように長い道の前に立・・・

このページの先頭へ