「離婚」の記事一覧»マネーの達人

【離婚】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「離婚」の記事一覧

離婚後、夫が途中で亡くなっても子の養育費を全額回収する方法

養育費を確保したい

離婚という人生のイベントは夫目線、妻目線で180度景色が異なります。 本来、離婚は夫婦の責任なので夫、妻は「ただの男、女」になってしまうのは当然です。 一方、親子は両親の離婚に対して子供に責任はないのだから、離婚しても親・・・

バツ(子持ち)の彼氏の子を妊娠 「結婚を拒否された場合」の養育費請求額を実例で解説

バツのある人との間にできた子への養育費はどうなる

・ 結婚中の夫婦が離婚 ・ 同棲中のパートナーが解消 ・ 交際中の恋人同士が別れる 男女間に未成年の子がいる場合、女性が子を引き取って育てるなら、男性が女性に対して養育費を支払わなければなりませんが、家庭が1つなら計算方・・・

【母子家庭を応援】 暮らしのサポート、塾代補助、移住などがある自治体を紹介 応援してくれるところは多方面にある

母子家庭を応援する暮らしのサポート

「母子家庭の貧困」さらには子どもへの「貧困の連鎖」などという報道を目にすることがあります。 確かに1人で子どもを育てるのは、大変です。 でもシングルマザーの皆さん、あきらめないでください。 これからはあなた次第で人生は変・・・

母子家庭でも大学院に進学させた理由と努力したこと シングルマザーが考えた価値あるお金の使い方

人は一生懸命働き、お金を得ます それぞれの目的のために、お金を使います。 その使い方が果たして正解か間違いか、判断することはとても難しいことです。 納得できる使い方ならば「自分で稼いだのだから、自分が納得していればそれで・・・

結婚、離婚を繰り返す男性(年収1000万以上)の養育費の支払いはどうなっている? 離婚特化の行政書士が出会った9人の事例

時間差一夫多妻制 何度も結婚、離婚、再婚を繰り返し、そのたびに子供が増えていく…。 例えば、プロ野球のダルビッシュ有選手、俳優の石田純一さん、いしだ壱成さん親子、さらに歌手の松崎しげるさん。 などが代表例ですが、同じ男性・・・

離婚時の保険新規加入や見直しの際の注意点 「養育費=保障額」に見直せば保険料を節約できる場合も

離婚したら顔も見たくなくなりますが、亡くなられては困ります ほとんどの夫婦は「子どものために」離婚を思いとどまりがちです。 残念ながら「子はかずがい」ではない夫婦もいるようで…息子、娘のことなんてそっちのけ。 一目散に離・・・

離婚せず「夫の逝去」を待つ妻が増えている 「死後離婚」が10年で5割も増えた裏の理由

離婚と死別の違いは何でしょうか? 盲点になりがちなのは「前夫の両親との関係」です。 血のつながっていない親戚関係のことを法律上、「姻族」と呼びますが、離婚の場合、離婚届を提出すれば、夫と妻の関係だけでなく、妻と夫の両親の・・・

離婚する上で「子供の養育費」は大きな関門になる 離婚話が長引く3つの理由

せっかく御縁があって知り合い、付き合い、一緒になった男女。しかし、世の中に「永遠」は存在しません。 残念ながら、一度は結婚した夫婦ですが、遅かれ早かれ確実に別れるのです。 別離の理由は死別、離婚のどちらかですが、今回は離・・・

長年連れ添った夫と「離婚」か「死別」どちらが有利? 59歳で離婚を切り出された妻が冷静に計算する。

厚生労働省(人口動態統計)によると、離婚した夫婦のうち、同居期間35年以上のケースは昭和50年にはわずか300組でしたが、平成27年には6,266組に達しています。 これは氷山の一角に過ぎないでしょう。 男性の平均余命は・・・

【経験者達から学ぶ】離婚しようと思ったら…後悔しないために「離婚前やっておくべきこと」3つ

夫婦間でどうしても折り合いがつかないとき、皆さんはどうやって乗り越えるでしょうか。 筆者には離婚歴があります。そう、折り合いがつかず、乗り越えることを諦めたのです。 そんな離婚を実際に経験して思うのが、離婚前に「あれをや・・・

このページの先頭へ