「相続・贈与・エンディングノート」の記事一覧»マネーの達人

【「相続、遺言、エンディングノート」の詳細テーマ】 相続 相続税 遺言 遺言書 エンディングノート

「相続・贈与・エンディングノート」の記事一覧

相続した不動産の売却 取得費加算の特例とは?

Q:不動産を相続したあと、その不動産を売却する際に、取得費加算の特例が使えるといわれましたが、これはどういった制度でしょうか? 解説 不動産等を相続した際に納付した相続税のうち、その相続した不動産等にかかる部分は、譲渡所・・・

【読者(妻30歳 子4歳)の質問に回答】ひとり息子である夫の親と絶縁関係 夫が親より先に死亡した場合、私は遺産をもらえない?

想定外の順で相続が発生すると 相続は、いつ発生するか分かりません。 順番が狂うことで想定外の相続人と遺産分割の話し合いをする事になるのもよくあることです。 親と子の相続の順番が入れ替わった場合、相続人が誰になるのか一度確・・・

節約・貯金の基本「大きなものから」は相続や葬儀に関しても言える 節約の努力を水の泡にしないために

節約や貯金を何のためにしていますか? 皆さんは、節約や貯金を何のためにしますか?  ・ 旅行に行きたい ・ 欲しいものがある ・ 子どもの教育のため ・ マイホームを持ちたいから ・ 老後が不安だから いろいろあると思い・・・

「誰も住まなくなった実家」を売るメリット・デメリット 人生にプラスとなる売り方は?

誰も住まなくなった実家を相続すると、多くの方がご検討されるのが「売る」という手段。 「利用しないのだから持っていてもしょうがない」 というのは、ごもっともなご意見で、それならば換金した方が良いだろう、と想うのは、実に自然・・・

あなたの「喪服」いつ買ったもの? 衣替えのついでにチェックする賢い準備術

定期的なチェックで「喪服」のムダ買いを防ぐ 喪服は、出番が少ないわりに高価なものです。 それにもかかわらず、30代以上になると喪服を何枚も持っている人がいます。 そういう人は、「喪服の定期的なチェック」をしていないため、・・・

配偶者は婚姻期間20年以上なら「住居」が遺産分割の対象外になる予定です(税制ではすでに配偶者優遇があります)

平成29年7月18日に、国の法制審議会が、「配偶者へ贈与された住居を遺産分割の対象外にする」という試案をまとめており、大手メディア各紙でも報道されました。 婚姻期間20年以上などの条件もあり、その詳細をお伝えするとともに・・・

残された人の相続が円満になる遺言書を書こう 遺言書があればよかったのに…という事例を紹介します 

最近、相続のご相談・実務をお受けする中で、遺言書を用意されている方が多くなってきていると感じます。 実際に相続が発生された場合でも、公正証書遺言を書かれていて、その後の相続がスムーズにいく場合もありますし、むしろ遺言書に・・・

エンディングノートの大切な機能の一つは「資産の記録」 自分たちで今後のライフプランを考えることができるようになります

エンディングノートを書く目的 これまでの私をまとめることがエンディングノートを書く目的ではありません。 エンディングノートを描く目的は、 自分の人生の終わりを考えて、それまでの期間、どのように時間とお金と情熱を使うかを決・・・

【孫破産の実例】「あと何年生活保護のお世話にならずに生きて行けるかしら」と寂しく笑う知人。

孫にお金をあげ過ぎてジジババ世代が破産? 実際に孫のために教育資金贈与をした知人は、後悔しています。 この制度は、1,500万円まで非課税で教育資金を贈与できる法律ですが、 老後資金にとがっちりため込んだ富裕層のジジババ・・・

【Q & A】相続した空き家を売却した場合、税金の優遇(譲渡所得の特例)はあるのでしょうか? 

【Q】 親が居住していた家屋を相続しましたが、相続してから今までずっと、空家になっています。この家を売却した場合、税金の優遇はあるのでしょうか? 解説 相続人が相続により取得した古い空き家を売却した場合、一定の要件に該当・・・

このページの先頭へ