「シニア」の記事一覧(2 / 133ページ)»マネーの達人

「シニア」の記事一覧(2 / 133ページ)

在宅介護で頑張るご家族へ 各自治体が用意している「家族介護慰労金制度」とは

在宅介護で頑張るご家族へ

介護が必要になっても住み慣れた自宅で生活していきたいと希望する方は増えています。 そして、家で介護を頑張っていきたいと考える家族がいるからこそ、かなうこともあるでしょう。 しかし、少子高齢化や核家族化が進む日本では、近く・・・

2019年7月1日~相続法改正でトラブル続出も 相続人を確定する大変さと注意点

相続法の改正

相続人の確認 先日、ある金融機関の方とお話をしていて、「7月1日から金融機関での相続預金の取り扱い」についての話題が出ました。 私が、「相続人を確定するのは、意外に大変ですよ」とお話ししたところ、 「法務局に行けば、法定・・・

老後2000万円資産形成の必要性~「100年安心」年金プランが崩れた?

「100年安心」年金プラン~収支相等? 「100年安心…」 2004年小泉内閣のときに、坂口力厚生労働大臣(公明党)のもとで行われた年金改革の名称というかキャッチフレーズのようなものです。 当時、長期的な時間軸を視野に入・・・

【人生100年時代】定年後の生活設計を考えるときのポイントと注意点

人生100年時代 ライフプランは 「いきがい」 「健康」 「経済(資金)」 の3つの観点で中長期スパンで考えましょう。 「いきがい」… 社会、友人、家族との繋がり、仕事や個人活動、ボランティア、趣味など。 「健康」… 毎・・・

麻生さん…「老後2,000万円」はやっぱ赤字でしょ? 老後のライフスタイルを確認する重要性

今般、国が作成した資料について大きく報じられ、テレビをはじめさまざまなメディアで話題となっています。 ≪画像元:朝日新聞社≫ 報道内容と世間の反応 報じられたのは、金融審議会市場ワーキング・グループ(座長:神田秀樹 学習・・・

【申請しないともらえない介護費】ショートステイなどの食費と居住費が減額される制度を紹介

在宅介護を続けるうえで、なくてはならないのがショートステイ(短期入所生活介護)の介護サービスです。 ショートステイは泊まりで利用することできるので、ご家族の負担軽減にはとても有効なのですが、介護費用のほかに実費にて食事代・・・

【老後資金】金融庁が衝撃発表! 年金のみでは2000万不足  「資産を倍にする」必要年数や投資の基礎をFPが解説

2019年に入り、毎月のように値上げのニュースがあります。 6月もカップ麺やトイレットペーバーなどの商品が値上げされました。 相次ぐ生活必需品の値上げに加え、10月からは消費税が10%に上がることも予定されています。 6・・・

「免許返納」で心もお財布もゆとりの老後生活を 効果的な周囲のサポート方法をご紹介

高齢者ドライバーによる痛ましい事故のニュースが相次いでいます。 昨今の事故の報道を受けて免許を返納する高齢者が増えたとのことですが、まだまだ焼け石に水のような状況です。 そこであらためてスポットを当てたいのが「免許返納の・・・

2020年4月(中小企業は2021年4月)から実施予定の「同一労働同一賃金」 すぐに「使える退職金」と「使えない退職金」について解説

ここ最近は新聞を読んでいると、非正規雇用(契約社員、パート、アルバイトなど)の、賞与や退職金に関するニュースを、よく見かけるという印象があります。 内容的には非正規雇用で働いていた方が、正規雇用の正社員と同じように、自分・・・

「お墓の値段」はこうして決まる 内訳と墓地・墓石選びのポイントを解説

新しくお墓を建てる費用は、200万円とも300万円とも言われています。 お墓はご先祖様の家そのもので、一度建ててしまうと何世代に渡ってお祀りできるため、コスパは悪くありません。 しかし、最近は親子が離ればなれに暮らすのが・・・

このページの先頭へ