「シニア」の記事一覧(2 / 88ページ)»マネーの達人

「シニア」の記事一覧(2 / 88ページ)

内閣府が8年後に65歳以上の5人に1人(約700万人)が認知症と見込む。早期発見や認知症保険など早目の対策が必要です。

少し先のお話ですが… 8年後の2025年、あなたとあなたの親は何歳になっていますか? 内閣府の「高齢社会白書」によると、今から8年後の2025年、65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症になると言われています。 これ・・・

社会保障制度の改革は、日本をはじめ高齢化が進む主要国にとっては共通の課題 「ベーシック・インカム」の議論をしよう!

筆者は、ベーシック・インカムに関する記事コラムを2016年7月に寄稿した。 社会保障制度の改革は、日本をはじめ高齢化が進む主要国にとっては共通の課題である。 もちろん、国によって基礎的状況(出生率・平均寿命・人口構成・社・・・

定年退職後の生活は20年~30年。生活資金は普通預金(金利0.001~0.020%)に預けたままで足りますか?

超高齢化社会の日本 先月、総務省が発表した人口推計によると、国内の90歳以上人口が初めて200万人を突破しました! また、2016年に仕事に就いていた65歳以上の高齢者は、同省の労働力調査で過去最多の770万人に達し、1・・・

高齢者の自己破産が急増 カードローンを利用する前に公的な貸付制度(年金担保融資や生活福祉資金貸付)の利用を検討しよう

マネーポストWEBに掲載されていた、「70歳以上の自己破産が急増 2005年は3.05%で2014年は8.63%」という記事によると、高齢者の自己破産が増えているようです。 この記事の中で紹介されている、日弁連が実施した・・・

【確定申告】不動産譲渡の特例 社会保障への影響に注意

個人の不動産売却に関しては、原則所得税15.315%・住民税5%かかりますが、所得にそのまま税率をかけると高額な納税となることが多いため、所得に対する特別控除などの特例が複数あります。 ただこの特別控除に関しては、所得を・・・

お金をかけずに資格やスキルが学べる「求職者支援制度」と「職業訓練受講給付金」

2017年7月(1.01倍)・8月(1.01倍)と正社員求人倍率が1倍を超えました。 求職中の方にとってはとても期待できる環境が整いつつあります。 そんな中、ワンランク上を目指したいけどなかなか就職が決まらない、パートや・・・

「医療保険の給付金、死亡保険金は課税? 非課税?」あなたのお悩みに答えます。

保険を請求するとき、気になるのは税金の扱いについてです。どのようなときに納税が必要なのでしょうか。 今回は、保険の給付に関わる税金について解説します。 非課税対象 ・ 給付金 ・ 高度障害保険金 ・ リビングニーズ保険金・・・

日本は「若者が高齢者を支える社会」から「高齢者が若者を支える社会」へ

自民党の若手議員たちが提唱している「こども保険」 小泉進次郎氏(自民党筆頭副幹事長)をはじめ、自民党の若手議員たちが「こども保険」の導入を提唱している。 人口減少傾向が顕著な日本を持続可能な社会としていくために、また社会・・・

医療保険の「勘違い」ベスト5 あなたの保険、ミスマッチで損しているかもしれません

保険の見直しにおいて、厄介だと感じるのは医療保険です。 各社から多種多様な保障内容の保険が出されていることもありますが、保障内容を誤解しておられたり、必要な保障と保障内容がマッチしていないケースもあります。 今回は、医療・・・

「少しだけ働きたい」主婦やシニアが増えてます。 最近急増している「プチ勤務」のススメ

「家事や育児に影響が出ない範囲で、少しだけ働けたらいいのにな」 そう考える主婦は少なくありません。 パートやアルバイトを探してみても、1日4時間以上、週4日以上、土日どちらかの勤務が必要など、「子どもが幼稚園や小学校に行・・・

このページの先頭へ