「シニア」の記事一覧(2 / 110ページ)»マネーの達人

「シニア」の記事一覧(2 / 110ページ)

【プロが教える】よりよい葬儀を行うための5つのポイント 葬儀の満足度は、遺族とスタッフの信頼関係で決まります。

スタッフの信頼が満足度

人生において、その方の葬儀は1度きりです。 また、喪主を務める経験も、一生に1度あるかないかのことです。 ご縁があってこの記事を読んでくださっているみなさまの葬儀が少しでもよりよいものになりますように、5つのポイントを挙・・・

「老後資金3000万」って言われるけど、結局いくらあれば安心なのか 「足りないなら投資を」は本当に正しいのか?

老後資金には3千万必要

定年後って3,000万円必要? 定年延長をする会社が多くなっていますが、定年の無い会社は4.6%に過ぎず、一律に定年年齢を設けている95.4%のうち60歳定年の会社は80%あるのです。 現在の年金制度では、60歳から年金・・・

これって「認知症」の初期症状? 介護福祉士の筆者が、簡易検査や診断料金、薬の単価について解説します。

認知症の初期症状について

認知症は社会問題に… 認知症は以前に比べると身近な病気になったのではないでしょうか? 高齢者の車での事故などは、認知症の疑いがある人もたくさんいらっしゃいます。 これは、私が実際に経験したお話です。 自宅で介護されている・・・

少子高齢化や核家族化によって増える「墓じまい」 作法や費用について葬儀業界12年の私が答えます

墓じまいが増えています。 少子高齢化や核家族化によって、お墓の維持が困難な世帯が増えているためです。 しかし、お墓は自分たちのルーツであるご先祖様がおられた大切な場所。 自分たちの生活を捻じ曲げてまでして墓守をする必要は・・・

老後破綻(ハタン)は医療費負担から始まる 平成30年8月から、70歳以上の「高額療養費制度」が変更に

気がつけば、あなたも「老後ハタン(破綻)」 残念な、お知らせです。 あなたはきっと、「老後ハタンなど自分には関係ない話だ」と考えているに違いありません。 ところが、ひとつ間違えると、誰もが「老後ハタン」となる可能性が出て・・・

葬儀費用が予算オーバーになることも多い世の中 予算内訳もシンプルで戒名代もいらない「樹木葬」について

年齢のせいもあり、ここ数年で身内や知人の不幸がかさなっています。 喪主を務めた方に話を聞くと、葬儀費用が予算オーバーになるのはめずらしくないようです。 子どもに金銭的な迷惑をかけるのはしのびない… そう思って葬儀費用の相・・・

生前贈与後に、相続放棄した場合は「相続税」を申告すべき? 相続に加算される「生前贈与加算」について解説します。

Q:「私と姉は今年の3月に父から現金を200万円ずつの贈与を受けましたが、父は5か月後の8月に死亡しました。 父の遺産は母と姉が相続することになり、私は相続を放棄しました。 この場合、私は相続税、贈与税どちらの申告をすべ・・・

夫の定年退職が恐怖… 「夫源病」にならないために、妻の私が「今から計画していること」3つをお話します。

うちの夫もあと数年で定年を迎えます。 「夫源病」という言葉があるように、夫が定年になってずっと家にいるようになると、心身ともに病んでしまう妻もいるとのこと…。 実際に、内科の開業医のもとで看護師として働いている友人に聞く・・・

家族や親族だけで行う「家族葬」 メリットと盲点のデメリットから、葬儀業界歴12年の筆者が思う「葬儀」のあり方。

家族葬 お葬式を家族葬にするという人が大変増えています。 この記事では、そんな家族葬のメリットとデメリットについて考えてみます。 家族葬ってどんな葬儀? まずは家族葬が、どのようなお葬式の形なのかを確認しておきましょう。・・・

新しい施設サービス「介護医療院」とは 医療と介護に加えて住まいの役割も果たすその内容と料金

介護医療院の概要 特別養護老人ホームで勤務する私ですが、この新しい介護医療院の存在は普段の業務にも影響するほど大きなものです。 なので、介護医療院が新しくできるにあたり、私自身もかなり勉強し、介護医療院から当施設への受け・・・

このページの先頭へ