「老後・退職金」の記事一覧(2 / 46ページ)»マネーの達人

【「老後、退職金  等」の詳細テーマ】 贈与 退職金 シニア 老後

【老後・退職金】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「老後・退職金」の記事一覧(2 / 46ページ)

「退職代行サービス」を依頼してすぐに出社をやめると「社会保険」や「退職金」で不利になる可能性 3つの注意点と対処法

辞める前にタイムカードのコピーなどを用意

退職代行サービス 先日ニュースサイトを見ていたら、退職に関する勤務先の会社とのやり取りを、すべて任せられる「退職代行サービス」が、注目を集めているという記事が掲載されておりました。 このサービスを提供するのは「センシエス・・・

パートナーが亡くなった後にもらえるお金 「葬祭費給付制度」と男女差がある遺族年金について

パートナーが亡くなった時にもらえるのが遺族年金

パートナーが亡くなると、お葬式の費用やその後の生活費が心配です。 ところが、葬式費用の補助が受けられることや、遺族年金には男女差があることはあまり知られていません。 この記事では、おひとりさまになった時に困らないよう、お・・・

「私たちどうして貯金しているんだっけ?」 子育て終了、いつの間にか食い違っていた筆者夫婦の「将来像」

いつの間にか食い違っていた夫婦の将来像

子どもが巣立ち、残った夫婦 数年前、子どもが就職して家を出ていきました。 子どもの巣立ちはとても喜ばしいことなのですが、残された夫と私は、安堵しつつもなぜだか少し緊張していました。 とうとう自分たちの老後と正面から向き合・・・

「老後を蓄えで」は非現実的 日本人の「働く期間」と「老後の期間」はほぼ同じ

老後対策が不要だった時代 終身雇用というコトバがあります。 意味するところは、「終身、つまり死ぬまで雇われの身で働く」ということです。 終身雇用というコトバが生まれた頃、働く期間と一生という時間は、ほぼ同じでした。 ある・・・

副業を始める方や定年退職を迎える方は、「FP」や「簿記」の資格を勉強しよう

会社にお勤めしている間は、税金や社会保険の手続きの多くを、勤務先の会社がやってくれるため、これらの知識がなくても困らないと思います。 しかし定年退職などで会社を辞めると、税金や社会保険の手続きを自分でやる必要があるため、・・・

50歳からの保険選びの注意点 「共済」を選ぶなら加入年齢がポイント。

50歳からの保険選び「共済」という選択肢 50歳前後で子供も大きくなり、保障もそんなに必要なくなったので、そろそろ保障を見直そうかなと考えておられる方もいらっしゃると思います。 共済は広告などで見かけることも多く、掛け金・・・

低所得でも施設に入所できるよう、自己負担額を減らせる「特定入所者介護サービス費」を知っておこう

老人ホームへの入居は、お金がないと難しいと思いがちです。 しかし、介護保険施設であれば「特定入所者介護サービス費」という制度を使えば、所得が低くても施設に入所して、安心した生活を送ることができます。 そこで、今回は「特定・・・

いま50代が考えるべき「定年後の働き方」3つのパターン 考え方ひとつで人生後半の生きがいや充実度UP

定年後も働き続ける場合、どのような選択肢があるのでしょうか。 さまざまな選択肢がありますが、大きく分けると3つのパターンがあります。 それぞれの特徴を把握しておきましょう。 働き方の3つのパターンとは 60歳で定年を迎え・・・

【アラフォー独身女子】「一生賃貸暮らし」に必要なお金はいくら? 必要資金の計算方法と効率的な資産運用を解説(都内編)

別の記事で「一生賃貸暮らしとマンション購入した場合」の比較をしましたが、筆者が個人的に、アラフォーの独身女子におすすめするのは賃貸暮らしです。 確かにトータルコストでは、マンションを購入するより賃貸の方が損に感じるかもし・・・

老後が不安で貯金する日本人、しないイギリス人 日本とイギリスの「人生の価値観」はこんなに違う

日本人は老後を心配して貯金をする人が多い傾向があります。 しかし老後に一体何を不安に思うのでしょうか? 実はこの質問は漠然としていて、特定の答えはなく、何となく不安と感じている日本人が多いのです。 今回は、イギリスと日本・・・

このページの先頭へ