「葬儀」の記事一覧»マネーの達人

【葬儀】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「葬儀」の記事一覧

「生命保険で葬式代を用意する」 名義人死亡すぐでも支払われる…などのメリットや、注意点を解説します。

生命保険と葬式代の関係 「生命保険でお葬式代を準備しておきませんか?」 保険の販売員とお付き合いのある方は1度はそうやって生命保険を案内された事があるかもしれません。 「なぜ保険でお葬式代を準備するのかはよくわからない」・・・

火葬だけをする「直葬」 安い・ラク・合理的な方法だが、満足度は極端に低いので慎重に考えてください。

満足度が極端に低い直葬

火葬するだけの「直葬」 直葬とは、通夜や葬儀などのセレモニーを行わずに、火葬をするだけの葬儀スタイルです。 ・ 費用を安く抑えたい人 ・ 故人が高齢で参列する人がいない人 ・ 宗教的にセレモニーを不要と考える人 などが直・・・

葬儀費用は「参列者の数」で決まる 「葬儀に来てほしい人」のまとめ方、連絡の仕方を解説します。

最近では家族葬が主流ですが、どこまでの人に来てもらうかの線引きはなかなか難しいものがあります。 一般葬のように広く訃報を流すのであれば、そうした悩みもありませんが、こちらで参列者をコントロールするとなると、声をかけてもら・・・

葬儀費用の内訳ってどうなってるの? 3つに分類して解説します

2017年に日本消費者協会が行った「第11回葬儀に関するアンケート調査」では、葬儀費用の全国平均は195万円だと言われています。 しかし、これはあくまで全国平均。 葬儀費用の内訳をきちんと把握し、自分たちの希望の葬儀スタ・・・

最近「◯◯葬」が多くてよくわからない… 亡くなった人を送り出す時、どの葬儀スタイルを選べばいいのか

ライフスタイルが多様化すると、当然お葬式の形も多様化します。 ひと昔前と異なり、最近では 「家族葬」 「一日葬」 「直葬」など いろいろな「◯◯葬」が登場しています。 亡くなった人をきちんと送り出すのに、どのスタイルを選・・・

「葬儀代だけじゃないの?」99歳の祖母が亡くなり、知った葬儀費用について。葬儀関連費用合計221万5,997円の内訳公開

いつかは皆に訪れる死 今年、99歳で亡くなった祖母。 芯が強く、華やかな人でした。 入院をした時に「覚悟」はしていたものの、逝ってしまってからの諸々の手続きや出費には、正直、戸惑うこともたくさんありました。 葬儀に主体的・・・

葬儀業界12年の筆者が教える、後悔しない「葬儀社」選び5つのポイント 葬儀の満足度は「人」で決まる

人生で一度しかないかもしれない喪主の務め。 大事な故人様の葬儀を後悔なく進めたいけれど、どの葬儀社にお願いしていいか分からないですよね。 2040年の死亡者数のピークに向けて、葬儀社の新規参入はあとを絶ちません。 インタ・・・

【プロが教える】よりよい葬儀を行うための5つのポイント 葬儀の満足度は、遺族とスタッフの信頼関係で決まります。

人生において、その方の葬儀は1度きりです。 また、喪主を務める経験も、一生に1度あるかないかのことです。 ご縁があってこの記事を読んでくださっているみなさまの葬儀が少しでもよりよいものになりますように、5つのポイントを挙・・・

少子高齢化や核家族化によって増える「墓じまい」 作法や費用について葬儀業界12年の私が答えます

墓じまいが増えています。 少子高齢化や核家族化によって、お墓の維持が困難な世帯が増えているためです。 しかし、お墓は自分たちのルーツであるご先祖様がおられた大切な場所。 自分たちの生活を捻じ曲げてまでして墓守をする必要は・・・

葬儀費用が予算オーバーになることも多い世の中 予算内訳もシンプルで戒名代もいらない「樹木葬」について

年齢のせいもあり、ここ数年で身内や知人の不幸がかさなっています。 喪主を務めた方に話を聞くと、葬儀費用が予算オーバーになるのはめずらしくないようです。 子どもに金銭的な迷惑をかけるのはしのびない… そう思って葬儀費用の相・・・

このページの先頭へ