「旬な話題」の記事一覧»マネーの達人

「旬な話題」の記事一覧

パート・アルバイトでも確定申告で税金が戻ってくる?

パート・アルバイト先で年末調整をしていない場合には確定申告をすることによって給与から天引きされていた源泉徴収税額がもどってきます。 年末調整をしているかどうかはどうやったらわかるの? 「給与所得者の扶養控除申告書」を会社・・・

年末調整できなかった税金の還付は、確定申告で申告可能です。

平成27年分の所得税の確定申告は平成28年2月16日~3月15日です。給与所得者のほとんどは会社で年末調整を行い納税額が確定するため、確定申告の必要はありません。 ほとんどの会社が行う年末調整では、生命保険や地震保険など・・・

サラリーマンが住宅ローン控除のために確定申告をする場合の留意点

住宅ローン控除で税金の還付を受ける場合、1年目は税務署に確定申告書を提出しなければなりません。 サラリーマンにとってはあまり縁のない確定申告、今回は住宅ローン控除を受けるために確定申告をする場合のいくつかの留意点について・・・

「お金持ち」が2016年の確定申告で知っておくべきこと 罰則規定も

最近は雑誌などでは富裕層向けの記事が多くみられます。 これは、今年から相続税の基礎控除額が減額されたことによる影響がもあると感じています。(相続税の基礎控除とは、ある一定額までなら相続税は掛かりませんよ! という基準の金・・・

節税が気になる年金受給者に「確定申告不要制度」は不要です

年金受給者のうち「公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下」で、かつ「公的年金等に係る雑所得以外の他の所得金額が20万円以下」の方については、確定申告をする必要はありません。 これは一般的に「確定申告不要制度」と呼ば・・・

確定申告で戻ってくる所得税、住民税

1. 確定申告して税金が戻る 所得税や住民税の税金はサラリーマンの場合、給与からの天引きなので金額そのものへの意識があまりないと思うが、課税所得金額に対して所得税は普通の収入で20~30%(範囲は5%~40%)、住民税は・・・

確定申告の際に添付義務がある書類に要注意

Q:確定申告の際に、通常の確定申告以外にも添付義務がある書類がいろいろありますが、海外関連の添付書類にはどのようなものがありますか? 解説  平成26年より始まった「国外財産調書制度」の他に「居住形態等に関する確認書」が・・・

「医療費控除」は受けなければ損! でも領収書をなくしてしまった場合はどうするの?

 今年も確定申告のシーズンが始まった。確定申告書提出期間は毎年2月中旬~3月中旬であるので、2月に入り所得税確定申告書の作成にそろそろ取り掛かろうか! という方々が私の周辺でも増えてきている。  ただし、「マネーの達人」・・・

不動産投資をしている人が確定申告で注意するべきこと

 不動産賃貸経営をしている個人事業主の方は、いよいよ「確定申告」期限が迫ってきています。以前サラリーマンの方から、「勤務先の副業規定で、賃貸経営をしていることを会社に知られたくない」とのコメントを受けました。 勤務先に知・・・

このページの先頭へ