「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧

介護保険料は減免できる。3つの条件と申請方法について説明します。

介護保険料が払えない

介護保険料 介護保険料は、40歳以上の国民が納付する義務のある保険料です。 長期入院や失業などでどうしても支払えない時には、一定の条件に当てはまれば減免してもらえることがあります。 そこで、今回は介護保険料の減免制度につ・・・

日本で働く外国人が増えているけど、国民年金に加入してるの? 払い損にならないための制度「脱退一時金」について

国民年金に加入してるの?

経済のグローバール化が進むなか、日本で生活している外国人も増えています。 仕事で来日してくる人もいますし、留学生として来日して学費などのためにアルバイトで働いている人もいます。 では、このように日本にいる外国人の方も、日・・・

未払いの残業代を受け取った後に、給与の手取り額が減ってしまう場合がある その理由とは

未払いの残業代を受け取った後に、給与の手取り額が減ってしまう可能性がある

全国各地にある労働基準監督署は割増賃金、いわゆる残業代を支払っていない企業に対して、未払いの残業代を支払って下さいと指導する、是正指導を実施しているのです。 2017年度(2017年4月~2018年3月)内に実施された是・・・

自動車関係の税金は何種類ある? 消費税増税の影響と共に考えてみましょう。

自動車関係の税金は大きく4つ 1. 取得時にかかる税金 … 合計支払い価格の約3% 2. 保有にかかる税金 … 保有時毎年約5万円 3. 取得時の消費税 … 取得時の消費税8% 4. 走行時にかかる税金(ガソリンなど) ・・・

【生産緑地の相続税5%評価減】知人からの相談で明らかになった、ミスの多い生産緑地の相続税評価

生産緑地は売れない? 生産緑地に指定された農地をたくさん持っている知人から、 「生産緑地に指定されると固定資産税は安くなるけれど30年間の営農義務があり、その土地を、駐車場として貸すとか、建てるとか、売却もできないらしい・・・

【年末調整】扶養家族の申告で新しくできた「150万円の壁」 誤解しないで欲しい点3つ

2018年(平成30年)から「150万円の壁」適用により、段階的な計算が必要な「配偶者控除等申告書」を年末調整で記載することになりました。 この影響で、従来通りの書類である「扶養控除等申告書」の記載でこんな誤解をしてない・・・

医療費の実費負担を軽くする「高額療養費の限度額適用認定証」 申請は意外と簡単! 筆者は5分で書類完成しました。

予想できない「医療費」 医療費は教育費や老後資金と異なり、いつどれだけの負担をどのくらいの期間、強いられるか予測ができません。 「医療費の支払いが月に何十万、何百万もきたら…」 と想像しただけでも恐ろしくて、元気な体が遠・・・

消費税が10%に上がる前に介護対策を! 増税の影響のある介護サービスと自分でできる準備や対策

増税迫る! 10%はもうすぐ! すでにTVや新聞でご存知だと思いますが、消費税10%への増税が2019年10月から開始される予定です。 私達一般国民にとって、この10%は非常に大きな数字ですよね?増税する前のマイホームや・・・

「社会保障」の海外流失? 日本の「医療費」と「年金」が狙われている

高齢者の人口は増え続けます すでに、日本の人口が減り始めていることはご存知のことと思います。 が、高齢者(65歳以上)の絶対数は今後もしばらく、2040年頃まで増加を続けます。 我が国の社会保障予算には限りがあります。 ・・・

これからの「高齢者社会」を生き抜く3つのコツ 知っておきたい「世代間格差」と「社会保障の限界」

高齢者社会を生き抜くコツについて考えてみます。 1. 老後観そのものを変える まず、 あなたが漠然と持っている「老後」についてのイメージは捨てて下さい。 それなりの年月を生きていると、いろんなことに対する先入観ができてし・・・

このページの先頭へ