「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧

「106万の壁」を超えて働くのは損なの? 得なの? パート収入を月8万円→月9万円に増やした場合を試算してみました。

106万の壁を超えて働くべきか否か

この時期になると就業調整を検討する方から「壁を超えて働くべきか否か」とのご相談を受けることが多くなります。 近くの飲食店でパートとして勤務しているAさんもその一人。 現在は月収8万円程で夫の扶養に入っていますが、勤務先か・・・

【事例に学ぶ:年金の誤算】老齢基礎年金を繰り上げて受給したために、障害年金が受けられなかった人

障害年金の事後重症請求はできません

老齢基礎年金(国民年金)は、原則として65歳から支給が開始されます。 しかし、本人の希望により、5年を限度に受給開始を前倒し(繰上げ)したり、先延ばし(繰下げ)したりできます。 受給開始を繰り上げると1か月につき0.5%・・・

高額な医療費が戻ってくる「高額療養費制度」 利用の際に知っておきたい自己負担額の基準や上限、注意点などを説明します。

高額な医療費が戻ってくる「高額療養費制度」

「高額療養費」は、1か月の間にかかった医療費の自己負担額が高額になり、一定額を超えた場合は、その超えた金額を後から払い戻す制度です。 また、入院などにより医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認・・・

「9月末までの退職」は社会保険でお得になる? 退職のベストタイミングについて解説いたします。

厚生労働省が2018年8月31日に発表した、7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比で0.01ポイント上昇して、1.63倍だったそうです。 有効求人倍率は「有効求人数÷有効求職者」で算出するため、これが1倍を超えるとい・・・

「医療費」のこと、カン違いしていませんか? 支払いできない金額を請求されることはありません。

支払いできない医療費を請求されることはない テレビドラマによくあるストーリーです。 家族が難病にかかり、その治療費があまりに高額。 そのために借金を負い、一家が不幸になっていく。 現実には、ありえません。 日本の公的医療・・・

日本とイギリスの消費税はどう違うの? 商品別に税金を公開比較します

イギリスのスーパーで買い物をしていると、フルーツやパンなどの生鮮食品が非常に安いことに驚かされます。 大ぶりのスイカが1つ2£で売られていたり、大きなフランスパンも1£です。 今回はイギリスの税率についてお話したいと思い・・・

掛金を上乗せして支払うことができるiDeCo+(イデコプラス) 従業員の老後の安心を「中小事業主」が後押し!

昨今、老後準備の制度がますます充実してきています。 今回は、企業型確定拠出年金のマッチング拠出とは逆になるような制度であるiDeCo+(イデコプラス)についてお話したいと思います。    マッチング拠出とは、企業型確定拠・・・

【確定拠出年金】自分で商品を選ぶのは難しい… iDeCoで失敗しない選び方4ステップ。

確定拠出年金の大きな特徴 確定拠出年金は運用商品を「自分」で選択しなければいけないのが大きな特徴です。 掛金が課税対象外となり、運用益も非課税という優遇税制を活用して老後資金が準備できる点に興味はあっても、「自分」で商品・・・

平成30年7月豪雨で被災した場合、年金保険料の免除、納付猶予の制度があります。被災者専用フリーダイヤルで確認ください。

平成30年7月豪雨により被害を受けた方を対象に、現在、国民年金の保険料の免除であったり、厚生年金保険料等の納付期限の延長といった措置が取られています。 被害を受けられた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。 国民年金の・・・

「82万円の壁」出現か…103万円すら下回る壁は何を意味するのか?

「〇万円の壁」に関しては、税と社会保険の扶養範囲を意味する「103万円の壁」、「130万円の壁」が長らく有名でした(少し知名度が下がるものとしては、住民税所得割非課税に関する「100万円の壁」や配偶者特別控除に関する「1・・・

このページの先頭へ