「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧

【確定申告】メルカリやヤフオクなどの利益 所得が年間20万円を超えたら要注意!

メルカリ等の販売で確定申告が必要な場合とは

今年も確定申告の時期が来ました。 最近はネットでメルカリやヤフオク!などで気軽に個人間で商品売買が行われるようになり、利用している方も多いと思います。 そこでよく耳にするのが これって税金はどうなるの? ということです。・・・

今年(2019年)の確定申告から各種税金の「申告漏れ」に注意! 保険の「契約者変更」は税務署に全て把握されます。

今年(2019年)の確定申告から注意が必要

以前の記事で「生命保険契約等の契約者変更に係る調書の創設」、及び「生命保険金等の支払調書」の改正が2018年1月1日から施行されたことにより、税務署等にそれらの情報を把握されることをお伝えさせて頂きました。 【関連記事】・・・

【リタイア世代】払い過ぎた税金が戻る? 「シミュレーション」で申告が必要か確認だけでも、やってみよう!

リタイアメント世代の確定申告

確定申告のシーズンがやって来ましたが、所得税の確定申告は一定の条件を満たしていれば、その必要はありません。 その条件とは、一般的に ・給与年収が2,000万円以下の給与所得者 ・公的年金等の年金収入額が400万円以下の年・・・

【確定申告】マイナンバーカードでe-taxを行っていた人が、「カード無しe-tax」に切り替える方法

従来、確定申告をe-tax(電子申告)で行う場合は、電子証明書つきマイナンバーカード(以前は住基カード)とカードリーダーが必要でした。 平成30年分より、マイナンバーカード不要のID・パスワード方式e-taxも登場しまし・・・

【確定申告】「医療費控除」の対象になる介護サービス費用を詳しく解説 対象外のサービスにも注意

もうすぐ確定申告。 医療費控除が気になりますね。 年末調整で対応できる配偶者控除や生命保険料控除と比べ、医療費控除は年末調整ではできず、確定申告や還付申告を別にしなければ税金は戻りません。 医療費控除については、過去記事・・・

「免除」された国民年金、追納すれば将来の受給額が上がる。目安は「3月」「3年」「10年」

国民年金の保険料は原則として、翌月の末日が納付期限になるため、例えば2018年4月分の保険料は、2018年5月31日までに納付する必要があります。 ただ国民年金の保険料の徴収権に関する時効は、この納付期限の翌日から起算し・・・

副業・ふるさと納税など…「確定申告」で選択して除外できる内容・できない内容

確定申告の手続きでは、1年間の所得状況や保険料・医療費・ふるさと納税その他の支払い状況、住宅ローン残高などをトータルに申告します。 年末調整を受けたサラリーマンにおいて、副業の所得が20万円以下であれば確定申告が不要とい・・・

「年金繰り上げ・繰り上げ」の落とし穴 知らぬ間に受給額が目減りしていた…

老後の資金計画の根幹をなす公的年金 国民年金(1階部分)だけの人は満額で年間年77万9,300円が受け取れ、厚生年金(2階部分)もある人はさらに報酬に応じて年間100万円前後が、企業年金など(3階部分)もある人はさらに受・・・

配当を総合課税で「確定申告」した場合は、「住民税」の申告もしないと2つのデメリットが生じます

上場株式の配当所得に関しては、総合課税・申告分離課税・申告不要の3つの申告方式が選択できますが、所得税と住民税で異なる方式にすることも可能です。 どの方式が最も税額が安くなるかは、申告者の状況に応じて変わりますが、住民税・・・

平成31年税制改正 資産税に関する改正のポイントは?

Q:「昨年 12 月に平成 31 年税制改正大綱が発表されました。この中で、資産税に関する改正のポイントはなんでしょうか?」 解説 配偶者の生活の安定を守るため配偶者居住権が創設されました。 また、教育資金や結婚子育て資・・・

このページの先頭へ