「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧

NISAで外国株取引を行うのは損か? 外国所得税が徴収された配当に対する税額控除を解説

NISAによる外国製額控除対象外

日本の投資家でも増えてきた米国株・中国株などの外国株取引ですが、10連休中に売却取引できる証券会社もあります。 税制を考えた場合には国をまたいだ取引となるため、国内で完結して所得を得るのと異なる扱いになります。 株式投資・・・

【出産費用】もらえるお金と、想定外の出費 あまり聞けないリアルなお金事情

妊娠出産でいくらかかる

子どもが欲しい…そう思ったときに費用も気になります。 母子ともに健康で順調に出産できればいいのですが、なにかとデリケートな問題にぶち当たり、想定外の出費がかさんでしまうケースも珍しくありません。 今回は、出産ではどのくら・・・

【パートで働くあなたへ】まだ残っている…130万円の壁の解説と「扶養の壁」の誤解5つ

パートの方の扶養の壁

配偶者控除等の改正により、103万円の壁(税制上の扶養の壁)はなくなりましたが、パート収入が130万円を超えると健康保険の扶養から外れてしまうという「130万円の壁」は残っています。 この時期、パートで働き始める方などか・・・

自営業や専業主婦は「自治体の健康診断」を 自己負担が軽く、早期発見や治療につながる

勤務先で健康診断が受けられる会社員と違い、自営業や専業主婦などは健康診断を受けていない場合も多いでしょう。 そこでおすすめしたいのが、自治体の健康診断です。 安い自己負担金で健康診断を受けられ、生活習慣病の予防や病気の早・・・

外国人不正利用で鎖国化が進む「健康保険」と、社会保障協定で国際化が進む「厚生年金保険」

昨年あたりから週刊誌などを読んでいると、日本の公的医療保険(健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療など)を悪用する外国人に関する記事が、よく掲載されています。 その手口は、 ・ 妊娠してから、日本に3か月超に渡って滞在で・・・

「老齢年金の繰上げ受給」で気をつけたい、障害遺族年金と税・保険料の話

老齢年金に関しては、政府は繰下げ受給を推奨しており、さらに70歳まで可能な現行制度を75歳までに引き上げる方向です。 一方で、年金「211万円の壁」を生かすために繰上げ受給という策もあります。 【関連記事】:社会保障にも・・・

厚生年金の加入義務を「70歳以降」に延長する動き 受給額増のメリットと、支給停止のデメリットを説明

70歳以上の人も厚生年金の被保険者となる可能性が出てきました。 4月15日から各紙が伝えています。 厚生労働省は、現在のところ70歳未満と定められている厚生年金への加入義務を70歳以降にも延長する方向で検討に入ったとのこ・・・

医療保険のムダを省く 「高額医療費」の負担は、健康保険の2つの制度で安く抑えられる。

「医療保険」は、突然の入院だけではなく長引く治療が必要になった時のために備えます。 近年は格安の掛け捨て医療保険が人気ですが、入院保障を手厚くすれば保障内容に比例して保険料は高くなります。 保険料はできるだけ安く抑えたい・・・

平成31年4月以降提出の確定申告より源泉徴収票・配当・特定口座などの書類が添付不要に

マイナンバー制度については番号管理の危険性が以前より指摘されていましたが、一方で行政手続きが簡略化されるという、国民にとってのメリットも言われています。 簡略化は徐々にですが進んでおり、確定申告書の提出においても、ついに・・・

節税保険の取扱いに係る法人税基本通達の改正案が公表されました

Q:「国税庁は長期平準定期保険など節税色が濃い保険の取扱いを見直すため、パブリックコメントで意見を聴取するとのことですが、これはどういうことでしょうか? また、今、公表されている改正案はどのようなものでしょうか」 解説 ・・・

このページの先頭へ