「年金」の記事一覧»マネーの達人

【年金】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「年金」の記事一覧

「老齢年金の繰上げ受給」で気をつけたい、障害遺族年金と税・保険料の話

老齢年金に関しては、政府は繰下げ受給を推奨しており、さらに70歳まで可能な現行制度を75歳までに引き上げる方向です。 一方で、年金「211万円の壁」を生かすために繰上げ受給という策もあります。 【関連記事】:社会保障にも・・・

厚生年金の加入義務を「70歳以降」に延長する動き 受給額増のメリットと、支給停止のデメリットを説明

厚生年金の加入義務を70歳以降にも延長する方向へ…

70歳以上の人も厚生年金の被保険者となる可能性が出てきました。 4月15日から各紙が伝えています。 厚生労働省は、現在のところ70歳未満と定められている厚生年金への加入義務を70歳以降にも延長する方向で検討に入ったとのこ・・・

現役世代も受け取れる「障害年金」を、病気やケガで働けなくなる前に知っておく。

現役世代も受け取れる「障害年金」

年金事務所でお客様のご相談を受けていますが、昨今は障害年金の相談が増えている印象を受けます。 交通事故や脳血管障害などで手足に障害が出て生活に支障があるというようなケースもありますが、「うつ病」などの精神疾患での相談が圧・・・

【老後資金いくら必要】65~95歳まで「3000万円」or「6000万円」 FPが教える具体的な試算結果

一説によると、老後資金として、65歳時点で3,000万円程度のお金が必要といわれています。 そんな大金が本当に必要になるのでしょうか。 年金受給額はいくらなのか 現時点での公的年金の受給額は、夫婦2人で毎月平均22万円程・・・

「年金は減額されても、早く受給する方が得」は大間違い 繰り上げ・繰り下げ受給者の実態調査結果を元に解説

厚生労働省は、年金生活者の実態を把握するために、毎年、年金基礎調査と称するアンケート調査を実施しています。 その最新版は、平成29年度分です。 平成30年年末に公表され、厚労省のサイトに詳細がアップされています。 ≪画像・・・

亥年は毎年ダブル選挙になり、争点がいつも「年金」になる理由

新元号が「令和」と決まりました。 本年、2019年は御代(みよ)代わりで、元号が変わるとともに、参院選も行われます。 亥年の選挙は、12年に一度のサイクルで、統一地方選挙と参院選が同時に行われます。 亥年の選挙は、地方選・・・

【社会保険料】「春だけ」収入が高いと保険料の負担が年間4~8万円変わることも 保険料が決まる仕組みと下げるコツを解説

4月は新生活を始める方が多い時期ですね。 会社員の方なら人事異動や昇給や昇格もあるかもしれません。 会社員なら毎月天引きされている社会保険料ですが、その額はどうやって決まっているかご存じですか。 社会保険料が決まる仕組み・・・

【平成31年4月から】国民年金保険加入者は「産前産後期間(4か月)」の保険料が免除になります。申請をお忘れなく!

「国民年金」は、20歳以上60歳未満の方で、厚生年金に加入していない方が加入します。 厚生年金と違って企業の負担分がないので、支払っていると少々高いな…と感じてしまうこともあるかもしれませんね。 フリーランスでやっている・・・

老後は年金だけでは生活できない 希望は「繰り下げ受給」の活用にあり

最新データで確認する高齢者の家計収支 高齢者の家計収支を最新の数値で確認しておきます。 2017年の総務省家計調査報告によれば、高齢夫婦世帯(夫が65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の平均消費月額支出は23.5・・・

社会保障にも影響する「年金211万円の壁」住民税非課税が理解のカギです

パート主婦の扶養範囲を表す年収基準に関しては、「103万円の壁」、「130万円の壁」が長らく有名でしたが、税制や年金制度の改正で「150万円の壁」など乱立気味です。 さらに年金受給者向けに「211万円の壁」という、また別・・・

このページの先頭へ