「年金」の記事一覧(2 / 50ページ)»マネーの達人

【年金】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「年金」の記事一覧(2 / 50ページ)

「履歴書のウソ」はこうしてバレる! 「年金記録照会回答票」と比べれば一目瞭然

履歴書のウソはバレる

履歴書をゴマかす人は少なくありません。 私は以前、勤務先で中途採用者の募集・面接を担当していたことがあります。 その経験から言っても、 「都合の悪い過去」を勝手に書き変えてしまう人が実に多い という印象があります。 当時・・・

生涯収支がマイナスになる「年金保険料」を支払うのはムダ?

年金破綻真説

公的年金制度が破綻(ハタン)することはありえません。 理由は、破綻しないように法整備されているからです。 このように説明しても、長年マスコミ報道などに汚染され続けてきた人はカンタンには納得してくれません。 納得できない理・・・

今年5月からスタートした「iDeCo+」(イデコプラス)ってなに?

「iDeCo」とは個人型確定拠出年金の通称です。任意で申し込むことにより公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金のひとつです。 それとは別に、今年5月からスタートした中小事業主掛金納付制度「iDeCo+」(イデコプラ・・・

日本で働く外国人が増えているけど、国民年金に加入してるの? 払い損にならないための制度「脱退一時金」について

経済のグローバール化が進むなか、日本で生活している外国人も増えています。 仕事で来日してくる人もいますし、留学生として来日して学費などのためにアルバイトで働いている人もいます。 では、このように日本にいる外国人の方も、日・・・

【遺族年金の受給】ご主人が40代で「起業」する場合、家庭で確認しておきたいこと

独立と聞くと20代や30代の早いタイミングでやっているイメージがあります。 会社から独立して起業する年代を見てみるとやはり一番多いのは30代で34.2%ですが、次いで多いのが実は40代の34.1%となっています。 その差・・・

「在職老齢年金」制度廃止へ 60歳台後半への年金支給停止で新たな財源確保が課題に

在職老齢年金とは 公的年金には、在職老齢年金という制度があります。 公的年金の支給を受けながら働く場合、年金の一部または全部が支給停止となってしまうというルールです。 在職老齢年金制度によって年金が支給停止となってしまう・・・

「年金が高くて払えない…」 そんな時のために、年金保険料の免除申請、納付猶予、後納・追納制度を知っておこう

高い!国民年金保険料は、月1万6,340円。 国民年金保険料は、20歳以上60歳未満の自営業者や学生、失業者、退職者など(第1号被保険者)が支払わなくてはならない保険料で、平成30年度価額が月額1万6,340円です。 会・・・

「長期間、厚生年金に加入し続けると、いいことがある」 高卒・中卒で就職後、ずっと会社員で働いたら65歳になる前の「特別支給の老齢厚生年金」で得した人の事例

年金の誤解や誤算 これまでは「誤解」や「誤算」で悲しい目に遭った事例ばかり紹介してきましたが、今回は思いがけず年金が増額した人の事例です。 関連記事:【事例に学ぶ:年金の誤算】シリーズ 【事例に学ぶ:年金の誤算】老齢基礎・・・

「幼児教育無償化」でも「消費税増税」と「150万円の壁」 子育て中の主婦は働きづらくないか?

2019年10月「幼児教育無償化」もいよいよ1年後 幼児教育無償化は、3~5歳の全世帯が対象になるので、幼稚園・保育園に通園している子どもがいる家庭にとっては、経済的な負担が減るありがたい取り組みです。 「幼児教育費がタ・・・

「国民年金」は払い損? 納付率、制度への不満、年金保険の利用などから考えてみます。

2017年度の国民年金の納付率は66.3%。 年々改善が続いているものの、依然として高いとは言えない水準です。 しかも、保険料の全額免除者や納付猶予者を含めた実質納付率は40%強なんですって。 いやもちろん、これはあくま・・・

このページの先頭へ