「社会保障」の記事一覧(2 / 133ページ)»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧(2 / 133ページ)

【年末調整】平成30年に向け配偶者控除の活用者でもおさえたい「配偶者特別控除申告書」

「103万円の壁」ほど有名ではありませんが、「141万円の壁」という言葉を聞いたことがある方もいるはずです。 配偶者の給与年収が103万円を超えても141万円までは、配偶者特別控除を活用でき大黒柱の所得から3~38万円を・・・

【年末調整をおさらい】当てはまる控除を見れば、書類記載方法や添付資料などの情報がまるわかり。

今年もすでに11月が目の前に。12月には年末調整が行われます。年末調整と言えば大概の人は今まで差引かれていた所得税が戻ってくるもの、給料の手取りも増えてうれしいものですね。 この記事では年末調整を受ける前に年末調整で適用・・・

年金の保険料率がアップ! 給与天引きされている厚生年金保険料が9月から変更されています

サラリーマンの方や一定時間以上働いているパートの方などは「社会保険」に加入されていることと思います。 一般的に「社会保険」とは「健康保険」と「厚生年金保険」のことをいいます。今回は「厚生年金保険」の保険料率についてピック・・・

もっとスキルアップしたいあなたに 来年(平成30年1月)から支給率や上限額が拡充される「専門実践教育給付金」を活用しよう

もっと専門の仕事に就きたいけど、資格や専門教育が必要ということで費用面などで躊躇されていた方や今までの経験やスキルをバージョンアップさせてセカンドライフを生きがいのあるものにしたい方に朗報です。 平成30年1月1日以降に・・・

配偶者控除が拡大で「パートの壁」の年収の目安は103万円から150万円へ 「4分の3基準」に注意ってどういう意味?

2016年10月からは皆さんもご存じのように、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が拡大されました。 具体的には次のような要件をすべて満たすと、本人の意思の有無にかかわらず、社会保険に加入する必要があります。 (A)・・・

年末調整で「iDeCo等上乗せ年金の掛金・保険料」はどこに書けばいいの?

個人型確定拠出年金が対象者拡大とともにiDeCoと名付けられ、サラリーマンの方ではじめられた方もいらっしゃるでしょう。 またいわゆる「150万円の壁」が平成30年以降に出来ることに伴い、年収103万円を超えるパートタイマ・・・

【パートの壁】来年から年収が150万円を超えると段階的に控除が減るしくみへ 改正の注意点を確認

来年から103万円の壁が変わる 専業主婦やパートで働く主婦がいる世帯の税金を減らす「配偶者控除と配偶者特別控除」が来年から見直しされる。 この改正によって103万円の壁はどうなるのか? 配偶者控除は配偶者の年収が103万・・・

母子(父子)家庭の「児童扶養手当」は前年度の所得で決まる 退職してもすぐには反映されないので要注意

これから仕事を辞める予定のシングルマザー(ファーザー)の皆さん、収入が減れば母子(父子)家庭の手当は増えると思っていませんか?(以下母子家庭に省略) また、今まさに離婚を考えているワーキングマザー(ファーザー)の皆さんは・・・

【知らないと損をする】年金分割は離婚後2年以内に請求しないともらえない。損する事例を紹介します。

「加給年金」と「振替加算」 原則65歳から支給される老齢厚生年金の受給権者に、一定の配偶者がいる場合には、「加給年金」が上乗せして支給されます。 また加給年金の加算対象となる配偶者が65歳になると、加給年金は振替加算に切・・・

「配偶者控除改正」で「パートの壁」はこう変わる 世帯手取り額の変化を世帯パターン別に分類して紹介

「103万円の壁が150万円の壁になるんですか?」 「来年からパートの壁はどうなるんですか?」 そんなご質問を受けることが増えてきました。 平成30年から配偶者控除および配偶者特別控除が改正されますが、改正の影響は世帯に・・・

このページの先頭へ