「社会保障」の記事一覧(2 / 173ページ)»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧(2 / 173ページ)

【短時間労働者に社会保険適用拡大】入社前に加入の有無を調べる方法 転職先を選ぶときにも、参考にしてください。

セット加入が原則の「社会保険」

2016年10月から、パートやアルバイトなどの短時間労働者に対する、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が、以前よりも拡大されました。 そのため ・1週間の所定労働時間が20時間以上 ・月収が8万8,000円(年収だ・・・

「居住用の3000万円控除」と「住宅ローン控除」は併用できるのか?

Q:「2018年に自宅を売却し売却益がでました。その売却したお金と銀行借り入れで新居を購入する予定ですが、売却益には居住用の3000万円控除を使い、新居の購入には住宅ローン控除の適用を受けるつもりですが、可能でしょうか?・・・

確定申告でよくあるご質問~医療費控除「内容・金額の計算」編

確定申告の申告期限である3月15日まであと少し。この時期、もっとも多い質問が「医療費控除」です。 今回は、医療費控除の内容や金額の計算についてよくあるご質問とその答えについてまとめました。 Q1.セルフメディケーション税・・・

確定申告でよくあるご質問~医療費控除「明細書の書き方」編

所得税の確定申告の期限まであと2週間を切りました。 今の時期、確定申告の電話相談や税理士会の対面相談が頻繁に実施されます。 その中でもっとも多いのが「医療費控除」のご相談です。 今回は、医療費控除の明細書の書き方について・・・

【障害年金請求のツボ】診断書が障害の実態に合わず年金がもらえない その原因は患者側の伝え方かもしれません。

診断書が実態に合わない 障害年金の請求に関してお話を聞くと、 「診断書が実際の状態よりも軽く書かれていて、年金が不支給になってしまった」 というケースが意外に多いです。 とくに、目には見えない「精神の障害」で、そのような・・・

2019年「公的年金」の支給額が0.1%増 年金額の見直しと改定の仕組みについて。

今年の4月から、つまり2019年度に公的年金の支給額は0.1%アップします。 年金支給額は、基本的に5年毎に実施される財政検証(もとは財政再計算)と呼ばれる作業で見直しになります。 その間の期間の改定について、過去を振り・・・

【続・年金受給者の確定申告】65歳未満・以上の方の申告注意点、還付申告した方が得するケース

年金受給者は確定申告しなきゃいけないの? 平成最後の2月も中旬すぎましたね。平成最後の確定申告の季節です。 確定申告とは 前年1月から12月までの給与や自営業の事業収入、年金など収入から社会保険料、給与所得控除、青色申告・・・

「死ぬ前のおカネ」と「死んだ後のおカネ」について考えてみる 「埋葬費・埋葬料」は忘れずに請求しよう

死者に使うおカネ 日本人は、亡くなった人におカネを使わなくなりました。 ここ10年から20年くらいの変化です。 以前は最低でも数十万円から数百万円単位のおカネを使ってお葬式をやったものです。 今は親族による密葬が「当たり・・・

外国株配当で活用できる税額控除 二重課税を調整するため、課税方式も意識しよう

投資においては、国内だけでなく海外に対しても幅広く行ったほうがリスク分散になると言われていますし、例えば株式投資では米国株・中国株など外国株を扱う金融機関もあります。 海外の株式投資を行う際には、海外でかかる税金も意識し・・・

「青色申告」にしたいけれど、記帳に自信がない方へ 安心して「白色申告」を卒業できる情報をお届けします。

フリーランスの方や起業した方から 「青色申告にしたいけれど、必要な帳簿をつける自信がない…」 「利益が出るようになり、青色申告にした方がメリットがありそうだけれども、簿記の知識がないため必要な帳簿が作成できるか不安。だか・・・

このページの先頭へ