「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

【「公的手当」の詳細テーマ】 社会保険 雇用保険 障害年金 遺族基礎年金 児童手当 手当

【社会保障】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「社会保障」の記事一覧

「妊婦加算」が炎上した理由 「妊婦税」なのか「妊婦診療の体制強化」なのか?

妊婦加算

皆さんは、平成30年4月1日以降、妊婦が病院を受診すると「妊婦加算」が請求されることをご存知ですか? 妊娠中の女性が、病院で受診した際に 「妊娠中ですか? でしたらお会計が変わります。」 と支払が増加したことをTwitt・・・

「妊娠したらいくら必要?」 費用や助成(補助)の制度について知ると、お金の不安が軽減します。

保険にはいるタイミングが大切

妊娠・出産時で気になる「お金に関すること」 「子どもを産むにはお金がかかる」と漠然とした不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。 安心して出産を迎えるためにも、お金に関することをしっかり知っておくことが大切です。 ・・・

今年から導入になった「妊婦加算」って何? どうして始まったの? 「診療明細書」の見方と加算項目について解説します。

妊婦加算とは?

病院など医療機関で診療や治療を受けた際に支払う診療費。 どんなふうに計算されているかご存知ですか? 「あら、今回はなんとなく安かったわ。」 「え? 今日はこんなに高いの?」 など、「診療報酬明細書」をもらっても点数が書い・・・

「世帯合併」より、今は「世帯分離」の方が「国民健康保険料」が下がる可能性も 自営業、農家の方に、メリットを解説します。

農家の方含め、自営業の方が多く加入する国民健康保険は、それぞれの世帯収入に応じて保険料が決まります。 なので、親と子の世帯が同居する場合は「世帯を一緒にして国民健康保険料を節約する」というのが今までの賢い方法とされていま・・・

こころの病気は「自立支援医療」と「福祉手帳」を活用して治療費が軽減できる 対象となる人、軽減が受けられる医療の範囲は

2015年12月「労働安全衛生法」が改正され、労働者が50人以上いる事業場では、年1回「ストレスチェック」を全ての働く人に対して実施することが義務づけられました。 ストレスからイメージする病気はいろいろありますが、最近患・・・

日本国内にもある料金の地域格差。水道料金約8倍、介護保険約3倍など…移住先はしっかり調べましょう。

日本国内にもある料金格差。 日本国内にもある料金の地域格差。 日本国内にも格差はある 皆さんは、海外と日本だと生活するにはかなり違うと認識していると思いますが、日本国内ならばどこに行ってもそれほどの差はなく、同じような暮・・・

「3号被保険者は、なくなりません」 その理由は、夫婦を1とした「所得代替率」の裏ワザにあり。

オトクな3号被保険者 3号被保険者のお話…想定する読者は「既婚の女性」です。 確かに、専業主夫も増えつつありますが、まだまだ少数派。 また、独身の女性も知っておけば、将来、きっと役に立つに違いないお話です。 3号被保険者・・・

高額な医療費が戻ってくる「高額療養費制度」 利用の際に知っておきたい自己負担額の基準や上限、注意点などを説明します。

「高額療養費」は、1か月の間にかかった医療費の自己負担額が高額になり、一定額を超えた場合は、その超えた金額を後から払い戻す制度です。 また、入院などにより医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認・・・

「9月末までの退職」は社会保険でお得になる? 退職のベストタイミングについて解説いたします。

厚生労働省が2018年8月31日に発表した、7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比で0.01ポイント上昇して、1.63倍だったそうです。 有効求人倍率は「有効求人数÷有効求職者」で算出するため、これが1倍を超えるとい・・・

「医療費」のこと、カン違いしていませんか? 支払いできない金額を請求されることはありません。

支払いできない医療費を請求されることはない テレビドラマによくあるストーリーです。 家族が難病にかかり、その治療費があまりに高額。 そのために借金を負い、一家が不幸になっていく。 現実には、ありえません。 日本の公的医療・・・

このページの先頭へ