「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

【「公的手当」の詳細テーマ】 社会保険 雇用保険 障害年金 遺族基礎年金 児童手当 手当

【社会保障】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「社会保障」の記事一覧

【確定申告】「医療費控除」の対象になる介護サービス費用を詳しく解説 対象外のサービスにも注意

介護サービスは医療費控除になる?

もうすぐ確定申告。 医療費控除が気になりますね。 年末調整で対応できる配偶者控除や生命保険料控除と比べ、医療費控除は年末調整ではできず、確定申告や還付申告を別にしなければ税金は戻りません。 医療費控除については、過去記事・・・

バイト学生も「壁」に要注意! 気をつけるべき4つの壁は「103万円」「130万円」「194万円」「10年の壁」

バイト学生の壁

2016年10月からパートなどの短時間労働者に対する、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が、従来よりも拡大されました。 そのため ・月収が8万8,000円以上 ・1週間の所定労働時間が20時間以上 ・雇用期間の見込・・・

【生活保護】申請が却下される、受給が止まる理由、受給のデメリットを考えて申請しないケース

生活保護申請却下

「老後破綻」、「下流老人」と、老後の資産破綻問題 過去に、老後破綻についての紹介をさせていただきましたが、「生活保護を受ければいいのでは?」という意見をいただきました。 生活保護世帯数の調査では、「若年層の申請が減ってい・・・

【年収82万円の壁】月給6万8,000円から社会保険加入で出現 減少が予測される「第3号被保険者」は今後どうなる?

パートの社会保険対象者が2021年度より拡大する? 朝日新聞(平成30年12月19日付け)で、厚生労働省では2020年の通常国会に 短時間労働者(パート)へ社会保険の適用拡大について、年金制度を見直す法案の提出を検討して・・・

「失業保険、もらいきるまで絶対働かない!」は損。「働いた方が得する」4つの理由をお話しします。

「ブラック企業」なんて言葉が流行語になったかと思えば、目にしない日がないくらい当たり前の言葉になってしまった昨今。 きっと彼も嫌な思いをしたのでしょうね。 聞いてしまいました。 「オレは今働かなくてもお金がもらえるから。・・・

年金保険料の「掛け捨て」や「払い損」問題に、3つの予防策 何歳が損得分岐点か?

生命保険保険料の「払い損」 例えば、自分が死亡すると配偶者に死亡保険金が支払われる、保険料が掛け捨て型の生命保険に、子供が社会人になるまでの、期間限定で加入したとします。 この場合、子供が社会人になるまで無事だった場合、・・・

退職時などに「保険証」を返却しないと、国民健康保険に加入できません 保険料を二重払いしないための制度を解説

すべての国民が加入する「国民皆保険」 現在の日本はすべての国民が、何らかの公的な医療保険(健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度など)に加入するという、「国民皆保険」をとっております。 ですから会社を退職して、その会・・・

申請しないともらえないお金 女性の結婚や妊娠・出産、育児によるライフステージの変化で知っておきたい給付金

女性は結婚や妊娠・出産、育児など仕事以外の生活の変化が大きく、ライフステージが変われば当然マネー事情も変わります。 できる限りお金の心配をせずに暮らしたいものですが、結婚や出産で会社を辞めた場合や産休・育休を取って仕事を・・・

「社会保障」目当ての外国人労働者を受け入れる「入国管理法改正案」 日本には不利益しかない現状。

入国管理法改正案が成立 大量移民受入推進法案、正確には入国管理法改正案が成立しました。 2019月4月から施行されます。 国家の命運を左右するような重要法案をしっかりとした審議や議論をしないまま、可決・成立してしまいまし・・・

「年収105万円から180万円」で「手取り」はどのくらい違ってくるの? 税金や社会保険料の負担について解説します。

12月に入り、1年分の収入が確定しつつあるはずです。 パートなどで働いている方は、扶養の範囲内に収めるために、収入調整されているかもしれません。 そんな収入調整されている方にとって、気になるのは、税金や社会保険料のことで・・・

このページの先頭へ