「社会保障」の記事一覧(2 / 32ページ)»マネーの達人

【「公的手当」の詳細テーマ】 社会保険 雇用保険 障害年金 遺族基礎年金 児童手当 手当

「社会保障」の記事一覧(2 / 32ページ)

児童扶養手当を5年以上もらっている人が退職する時は「適用除外申請」も視野に入れて予定を組もう

児童扶養手当の一部支給停止と適用除外申請 児童扶養手当をもらい始めてから5年以上経っている人はご存知だと思いますが、児童扶養手当をもらい始めてから5年、または支給要件に該当した月から7年経つと「一部支給停止」の対象です。・・・

「この場合傷病手当金の受給はできますか?」1. 復職した後、再度休職 2.同じ傷病or別の傷病で再休職

傷病手当金 健康保険には、病気やケガをした時の生活保障のために傷病手当金という制度があります。 メンタル等の不調により会社を休職し「傷病手当金」を受給している方が多数いらっしゃいます。 今回は、休職中に傷病手当金を受給し・・・

大学授業料の出世払い「教育国債構想」ってなに? 奨学金との違いを教えて。

教育無償化 教育無償化をめぐってはこども保険で国民負担する案が出ていますが、一方で教育国債を発行する案も依然としてあります。 こども保険 幼児教育(保育料)無償化 教育国債 高等教育(大学授業料)無償化 どのステージを無・・・

【国民健康保険】平成30年度に「財政運営」が市町村から都道府県へ移管 実際にはどんな影響があるの?

来年度に予定されている健康保険制度の大きな変更として、国民健康保険の財政運営がこれまでの市区町村単位から都道府県単位となります。 この都道府県移管により、どのような影響が出てくるのでしょうか? お住まいの地域によっては大・・・

【社労士が読者の質問に回答】「妻が会社を退職、1月~退職月までの収入が130万円を超えていますが、健康保険の被扶養者に入れますか?」

「妻が会社を退職して、今までの収入(1月~退職月まで)が130万円を超えていますが、健康保険の被扶養者に入れますか?」 といった質問を受けます。 このようなケースな方々はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は・・・

年金制度よりも「医療制度」の方が深刻 医師の半数が「国民皆保険」を維持できないとの考えを持っている現状とは

現状の皆保険制度に基づく医療は今後も持続可能なのか すべての国民が等しく医療を受けることができる国民皆保険制度について、医師の半数が維持できないと考えているそうです。 医師向け情報サイトであるメドピアと日本経済新聞が全国・・・

【健康診断】被扶養者の低受診率問題 未受診が健康保険料上昇を招く可能性も

健康保険の扶養に入れば、健康診断を受診できます(詳細は加入先による差異はありますが)。 しかし被扶養者の未受診が多く、来年度からは健康保険料に跳ね返りそうな動きも出ています。 健康保険被扶養者の受けられる保障 健康保険が・・・

【高額療養費制度の給付金】入院日が違うだけで4万3,500円の差がでることも! 入院するなら月初がおススメ。

1. 高額療養費制度 誰もが健康でありたいとは思っていますが、長い人生の中では入院が必要になることもあり得ます。 急性の疾患ですぐに入院が必要な場合は別ですが病状によっては数週間から1か月程度の範囲で入院日を選べる場合も・・・

育児休業から4月に復職している場合、社会保険料が軽減される可能性があります

新年度が始まる4月に「やっと保育園の入所が決まった」なんて方も多いかと思います。 4月に職場に復帰された方については、短時間勤務などで給与も減額されているため、「社会保険料の負担が重い」というような方も多いのではないでし・・・

わかりやすい年金額の減額は、選挙で負ける。選挙に勝つための言葉にダマされない。

内閣府の有識者会議である「高齢社会対策の基本的在り方等に関する検討会」は、 年金の支給開始を繰下げ(遅くする)すると、年金額が増額する「繰下げ制度」の上限を、現在の70歳から75歳程度まで、延長する案 を発表しました。 ・・・

このページの先頭へ