「税金」の記事一覧»マネーの達人

【税金】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「税金」の記事一覧

配当・譲渡所得は「所得制限」で確定申告する・しないを選択できる

配当所得・譲渡所得に関して、申告することになりますが、上場株や上場投資信託を巡る取引に関しては、後述するものに対しては申告対象を選択することができます。 損失があって所得税が還付になりそうな場合は申告するのが常套手段です・・・

【確定申告】贈与税申告の特例は「期限内」に行わないと無効になるものもあります

還付申告は5年間有効であり、平成29年分確定申告書等作成コーナーにおいても、平成25年~28年分の確定申告書も作成できるようになっています。 ただ期限内申告を行わないと、還付額が減額されるケースもあります。 また贈与税申・・・

【確定申告事前チェック】総合譲渡所得・一時所得の計算方法を知り、申告不要に該当するかを知っておいう。

確定申告前のひと手間 満期保険金を一時所得で申告することはかねてからよくありましたが、総務省はふるさと納税返礼品が一時所得に該当することを周知するようになってきました。 またメルカリの販売は総合課税の譲渡所得に該当する場・・・

【確定申告】分かりにくい特定口座の配当金 具体的な2つのケースで解説します

株式や投資信託、FXなど金融関係の所得の確定申告は、他の所得に比べて難しいものです。 特に最近は、頻繁に税制改正が行われるため、慣れている人でも「どうなっているの?」と考え込んでしまいます。 今回は「単純そうで分かりにく・・・

医療費控除10万円の壁を諦めない 年収約310万円までは「10万円以下」でも医療費控除は活用できる

医療費控除の活用 年収約310万円までは、10万円以下でも医療費控除は活用できます。 確定申告を行うにあたって、医療費控除の年間10万円超という目安はとても有名なものですが、所得によってはあまりとらわれないほうが良いライ・・・

【2018年版】会社員の夫+個人事業主の妻 個人事業主の妻が「扶養の範囲内」で働くには?

働き方が多様になった今、雇われて働く「パート主婦」ではなく、仕事を請け負って働く「個人事業主の主婦」も増えてきました。 「個人事業主の主婦」も、「扶養の範囲内で働きたい」と考える方が少なくありません。 しかし扶養に関する・・・

「仮想通貨を孫に贈与したい」税金はどうなる?

昨年一気に高騰したことで話題を呼んだ仮想通貨。 以前は20~30代が投資の中心でしたが、今や現役世代だけでなく、高齢世代も関心を寄せています。 中には「相続や贈与に使えるんじゃないか」と考える人もいるようです。 あらため・・・

「国税の納付」はコンビニもクレカもOKに! それぞれの特徴と注意点を解説

年が明け、いよいよ本格的な確定申告の時期が到来してきました。 慌ただしくなる2月・3月を前に、個人事業主の方や副業サラリーマンの方は着々と準備を進めていることと思います。 「申告するのはいいけど納税が面倒くさい」という方・・・

【確定申告】「医療費控除」と「セルフメディケーション税制」で節税効果を最大にする ポイントを4通りの申告で解説

前回は、セルフメディケーション税制について詳しく説明しました。 今回は、効率よく後悔しない確定申告するためのポイントを解説します。 厚生労働省では、2017年9月に「セルフメディケーション税制に関するQ&A」のなかで、こ・・・

【確定申告】健保組合等からの医療費お知らせで「医療費控除」を申告できるの?

平成29年から改正される医療費控除の大きなものとして、健保組合等から発行される医療費通知(「医療費のお知らせ」など)を添付すると、申告の手間が大きく軽減されるというものです。 マイナンバーによる社会保障と税の連携を前提と・・・

このページの先頭へ