「税金」の記事一覧»マネーの達人

【税金】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「税金」の記事一覧

NISAで外国株取引を行うのは損か? 外国所得税が徴収された配当に対する税額控除を解説

NISAによる外国製額控除対象外

日本の投資家でも増えてきた米国株・中国株などの外国株取引ですが、10連休中に売却取引できる証券会社もあります。 税制を考えた場合には国をまたいだ取引となるため、国内で完結して所得を得るのと異なる扱いになります。 株式投資・・・

【パートで働くあなたへ】まだ残っている…130万円の壁の解説と「扶養の壁」の誤解5つ

パートの方の扶養の壁

配偶者控除等の改正により、103万円の壁(税制上の扶養の壁)はなくなりましたが、パート収入が130万円を超えると健康保険の扶養から外れてしまうという「130万円の壁」は残っています。 この時期、パートで働き始める方などか・・・

「老齢年金の繰上げ受給」で気をつけたい、障害遺族年金と税・保険料の話

老齢年金に関しては、政府は繰下げ受給を推奨しており、さらに70歳まで可能な現行制度を75歳までに引き上げる方向です。 一方で、年金「211万円の壁」を生かすために繰上げ受給という策もあります。 【関連記事】:社会保障にも・・・

平成31年4月以降提出の確定申告より源泉徴収票・配当・特定口座などの書類が添付不要に

マイナンバー制度については番号管理の危険性が以前より指摘されていましたが、一方で行政手続きが簡略化されるという、国民にとってのメリットも言われています。 簡略化は徐々にですが進んでおり、確定申告書の提出においても、ついに・・・

節税保険の取扱いに係る法人税基本通達の改正案が公表されました

Q:「国税庁は長期平準定期保険など節税色が濃い保険の取扱いを見直すため、パブリックコメントで意見を聴取するとのことですが、これはどういうことでしょうか? また、今、公表されている改正案はどのようなものでしょうか」 解説 ・・・

住宅ローン控除「減税しすぎ」問題 「所得税」だけでなく「住民税」でも発覚

2018年12月には、国税庁が住宅ローン控除の確定申告において、過大な控除額の申告に対する誤りを4年分で1万件以上放置していたことを公表いたしました。  参考記事:国税庁(特定増改築等)住宅借入金等特別控除等の適用誤りに・・・

中小企業の節税対策 経費として計上「できるもの」「できないもの」「見落としやすいもの」

法人設立から2期目(2年目)の決算が終わり、今年も無事に法人税を納めました。 1期目の後半から売上が伸びる予測ができていたので、2期目はこれまで計上していなかった費用を節税のために経費計上することにしました。 会社にかか・・・

「ふるさと納税+配当・株譲渡」の還付申告を4月頃までに済ませないと損するしくみは?

確定申告期間が終了しても、還付申告は5年間可能とは言われています。 株式の配当・譲渡所得(源泉徴収有特定口座)とふるさと納税を組み合わせた申告も、還付申告となるケースが多いです。 ただこの申告は住民税の控除拡大を目的とし・・・

2019年消費税増税で販売 「プレミアム付き商品券」の対象者世帯や内容を紹介

2019年10月の消費税増税に伴い、低所得世帯や子育て世帯に「プレミアム付き商品券」が販売されます。 プレミアム付き商品券とは、額面以上の割り増し金(=プレミアム)が付いた商品券のことで、「商品券の購入価格以上の買い物が・・・

確定申告したら所得額や税額が予想以上に多かった… これからやっておきたい最低限の節税策2つ

3月15日を過ぎ、ようやく慌ただしい確定申告シーズンが終了し、ホッと一息ついている方も多いのではないでしょうか。 ただ、確定申告の結果、所得額や税額が予想以上に多かった方は今後の節税が気になっているかもしれません。 確定・・・

このページの先頭へ