「税金」の記事一覧»マネーの達人

【税金】カテゴリーのアクセスランキング(月間)

「税金」の記事一覧

「消費増税」延期観測に反対論 税制の複雑化が大きな原因

土壇場の消費増税延期観測に反対論

消費税率10%への引き上げは2度延期されていますが、令和元年10月からの増税は、教育無償化も使途することで信を問う選挙を行っており、既定路線として固まっていました。 しかし平成の終わりから令和の初めにかけて、政府与党関係・・・

追徴課税に要注意! 「使途不明金」と「使途秘匿金」の違いと課税関係について解説します。

「使途不明金」と「使途秘匿金」の違いと課税関係について解説

Q:「弊社では出金している事実はあるものの、支出の内容が不明瞭なものや支出や支出先を明らかにしたくない支出先などがありますが、税法ではどのように取り扱うのでしょうか?」 解説 内容が明らかでない支出がある場合、税法はこれ・・・

家族(配偶者・子・親・兄弟・親族)を扶養に入れる 税金、年金、健康保険ごとに異なる条件を徹底解説

扶養に入れる条件

家族を扶養に入れるなら 「子どもを扶養に入れるなら夫の方? 自分の方?」 「年収の境界線、加入している協会でも違ってくるの?」 「子どもの年齢やいつまで入れるのか、人数も関係してくるのでしょうか?」 「例えば我が家の場合・・・

【iDeCo】4つのデメリットから考える、入らない方がいいのはこんな人。

先日金融庁の発表した「夫婦2人で年金以外に老後資金2,000万円の準備が必要」などとする試算が話題になりました。 このタイミングで「自助努力」つまり個人個人の資産形成について検討した人も多いのではないでしょうか。 老後資・・・

見えない増税に気付いていますか? 給与所得控除減額や上限額引下げを、毎年確認しましょう。

給与所得控除額とは 給与所得控除は、「給与所得」の収入がある方に関係してくる所得税・住民税に関する制度です。 給与所得とは、勤務先から受ける給料、賞与などの所得のことをいいます。 そして、給与所得の計算式は次の通りです。・・・

家族名義の保険料 夫の所得控除の対象になる「3つの条件」

所得税を納める人が支払った生命保険料は、所得控除の対象です。 しかし、条件を満たせば、妻の保険料も所得控除の対象にできます。 特別な手続きは必要ありません。 所得を正しく申告するだけで、所得税が還付されます。 夫以外の保・・・

寡婦(夫)控除は離婚・死別時に利用可能 控除額は27~35万円

寡婦控除は万一の時、あなたを経済的にサポート 所得税には、配偶者と離婚・死別した時に利用できる控除があります。 「寡婦(かふ)控除」といい、最大35万円の所得控除を受けることが可能です。 万が一の時に所得税を節税できる方・・・

増税前に買うもの、買わないもの 買いだめは、本当に必要なモノを見極めて。

今回の消費税増税の内容 今年の10月に、消費税は現在の8%から10%に引き上げられる予定です。 「増税前に必要なものは買っておいたほうが良いのでは」と考える方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、増税前に買っておく・・・

土地の貸付に係る売り上げは、消費税法上「非課税売上」でよいのか?

Q:「弊社では駐車場として土地の貸し付けを行っていますが、この貸付収入は土地の貸し付けとして消費税法上、非課税売上でよろしいのでしょうか?」 解説 土地の譲渡及び貸付は、消費税法上、基本的に非課税となりますが、貸し付けの・・・

【生命保険】解約を2020年以降にした方がよい理由は所得税・住民税にあり。FPが詳しく解説

先日に新聞を読んでいたら、外貨建て保険の販売数が伸びるとともに、これに関する銀行と顧客とのトラブル、特に高齢者とのトラブルが急増しているという記事が掲載されていました。 この原因について調べてみると、 「元本割れリスクに・・・

このページの先頭へ