Bitget (ビットゲット) の手数料ガイド | 他の取引所との比較や安く抑える方法をご紹介

Bitgetでは先物取引の手数料は業界平均を維持しつつ、現物取引の手数料は業界でも特に低い部類に位置しています。

その結果、Bitgetは現物取引を主軸として取引を開始したい方々にとって非常に適したプラットフォームと言えるでしょう。

本記事では、実際の計算例を交えて、Bitgetの手数料がどの程度発生するのか、詳細に解説していきます。

Bitgetでの取引を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

また、Bitgetのアカウントをまだお持ちでない方は「Bitget (ビットゲット) の口座開設・登録方法 | 本人確認・二段階認証などのセキュリティ設定手順を解説」を参考に、登録してみて下さい。

Bitget (ビットゲット) の総合評価・口コミ評判について詳しく知りたい方は「Bitget (ビットゲット) とは?評判や口コミ評価・メリットデメリットを紐解く」を参考にしてください。

目次

Bitget (ビットゲット) で発生する手数料一覧

手数料の種類MakerTaker
取引手数料先物:0.017%
現物:0.1%
先物:0.017%
現物:0.1%
コピートレード先物手数料+利益分配2~8%
出金手数料通貨により異なる
入金手数料無料
資金調達率時間により変動
Bitgetの手数料一覧

Bitgetの手数料をかんたんにいうと、先物取引・出金手数料はトークン割引を考慮すれば業界最安値級ですが、主な先物・コピートレード手数料は業界平均レベルです。

Bitget (ビットゲット) の取引手数料

現物取引手数料

Bitgetの現物取引手数料は、MakerとTakerで全通貨一律0.1%となっています。

先物取引手数料

Bitgetの先物取引手数料は全通貨一律で以下の通りです。

  • Maker : 0.017%
  • Taker : 0.051%

同じく海外のデリバティブ取引所として比較されるBybitの手数料はMaker : -0.025%、Taker : 0.075%となっているため、比較するとTaker手数料はBitgetの方が安くなっているのが分かります。

Maker手数料も海外取引所の平均よりはかなり安い水準です。

先物取引の手数料計算シミュレーション

先物取引手数料の計算式

始値/終値 × 金額 × (テイカーまたはメイカー手数料)

例えば、以下のような条件で先物取引を行った場合を考えます。

  • 初期価格 : 23,000USDT
  • 金額 = 0.005 BTC
  • テイカー取引 : 0.051%

このとき、23,000USDT × 0.005BTC × (0.06/100) = 0.069USDT

となり約10円の取引手数料となります。

Bitget (ビットゲット) の資金調達手数料

Bitgetの先物取引では資金調達料が発生します。

資金調達料とは、無期限先物取引において、現物価格と先物価格の乖離を解消するために、偏ったポジションに金利を課して市場を修正するための手数料のこと。

Bitgetで資金調達料の受け取り・支払いが発生するのは1日に3回で、日本時間の0時・8時・16時です。

どのくらいの資金調達料が発生するのかはBitgetのマーケット画面から資金調達率を見ることで確認できます。

Bitgetの資金調達手数料の確認場所

Bitget (ビットゲット) の入金手数料

Bitgetに仮想通貨で入金する場合、手数料はかかりません。

ただし、他の取引所やウォレットからBitgetに送金する際に、送金元での出金手数料がかかる場合が多いです。

また、クレジットカードを利用して入金する際にはクレジットカード決済代行会社によって手数料がかかります。

決済業者によって異なりますが、約4%〜5%ほどです。

Bitget (ビットゲット) の出金手数料

Bitgetの出金手数料は仮想通貨の種類によって異なります。以下は主要な通貨の出金手数料です。

通貨ネットワーク出金手数料最低出金額
BTCBTC0.00060.001
BGBERC2041.1450
BNBBEP200.00340.01
ETHETH0.0060.001
LTCLTC0.0010.1
BCHBCH0.00010.01
ETCETC
BEP20
0.01
0.03
0.5
0.5
LINKERC200.862
TRXTRX140
XRPXRP0.120
EOSEOS0.11
UNIERC201.061.3
SUSHIERC205.260.14
COMPERC200.130.006
AAVEERC200.080.02
YFIERC200.010.0002
DOGEDOGE2040
Bitgetの主要通貨の出金手数料

全ての通貨の手数料を確認したい方はBitget公式ページの料金表から確認できます。

Bitget (ビットゲット) のコピートレードの手数料

Bitgetでコピートレードを行う際に発生する手数料は、先物取引手数料にトレーダーへの分配金を追加したものになります。利益分配率はコピーするトレーダーによって、4%〜8%で変動します。

例えば、収益分配比率が4%のトレーダーをフォローしてコピートレードを行った結果10万円の利益が出た場合

  • 先物手数料:100,000 × 0.017% = 17
  • 収益分配割合:100,000 × 4% = 4,000円
  • コピートレードの手数料合計 = 170 + 4000 = 4017円

となります。

高く感じる方もいるかもしれませんが、コピートレードでは自分は一切取引を行わず利益を上げることができるため、妥当な金額です。

Bitget (ビットゲット) の手数料を国内取引所と比較

取引手数料を比較

取引所名取引手数料ポジション持ち越し手数料
Bitget販売所:-
取引所:
現物:無料
先物Maker:0.017% / Taker:0.051%
あり (8時間毎)
bitFlyer販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
0.04% / 日
GMOコイン販売所:無料
取引所:Maker-0.03%~-0.01% / Taker0.05%~0.09%
0.04% / 日
DMM Bitcoin販売所:無料
取引所:-
0.04% / 日
Coincheck無料
FTX Japan販売所:-
取引所:無料
あり (1時間毎)
LINE BITMAX販売所:無料
取引所:-
SBI VC Trade販売所:無料
取引所:Maker -0.01% / Taker 0.05%
日により変動
BITPOINT無料
bitbank販売所:無料
取引所:Maker -0.02% / Taker 0.12%
Huobi Japan販売所:無料
取引所:Maker 0.012~0.15% / Taker 0.036~0.15%
0.03% / 日

国内取引所と比較すると、Bitgetの手数料は現物取引が無料である分非常に割安であることが分かります。

国内取引所で「無料」となっているところは、手数料がない代わりに非常に高額なスプレッドが徴収されるため実質無料ではありません。

出金手数料を比較

取引所名出金手数料 (BTC)
Bitget0.0006 BTC
bitFlyer0.0004 BTC
GMOコイン無料
DMM Bitcoin無料
Coincheck0.0005 BTC
FTX Japan無料
LINE BITMAX0.001 BTC
SBI VC Trade無料
BITPOINT無料
bitbank0.0006 BTC
Huobi Japan0.0005 BTC

国内取引所との出金手数料の比較表です。Bitgetは日本円出金ができないため仮想通貨の送金手数料での比較となります。ややBitgetが高くなっていますが、Bitgetのサービス内容の充実さを考慮するとそこまで気にするレベルではありません。

Bitget (ビットゲット) の手数料を海外取引所と比較

取引手数料を比較

仮想通貨取引所取引手数料ポジションを持ち越すための手数料
BitgetMaker:0.017% / Taker:0.051%あり (8時間毎)
BybitMaker:-0.025%/ Taker:0.075%あり (8時間毎)
BitfinexMaker:-0.02% / Taker:0.075あり (24時間毎)
KuCoinMaker:0.06% / Taker:0.02%あり (8時間毎)
BINANCEMaker:0.01% / Taker:0.05%あり (8時間毎)
MEXCMaker:0.200% / Taker:0.200%あり (8時間毎)
BitMEXMaker:-0.01% / Taker:0.05%あり (8時間毎)
OKExMaker:0.02% / Taker:0.05%あり (8時間毎)

Bitgetの手数料は他の海外取引所と比較しても非常に割安となっています。海外取引所の平均がおおよそ0.1%~0.2%なので、かなり有利に取引することが可能です。

出金手数料を比較

仮想通貨取引所出金手数料 (BTC)
Bitget0.0006 BTC
Bybit0.0005 BTC
Bitfinex0.0004 BTC
KuCoin0.0005 BTC
BINANCE0.0005 BTC
MEXC0.0003 BTC
BitMEX0.0002 BTC
OKEx0.0002 BTC

Bitgetの出金手数料は、他の海外取引所と比較してやや割高となっています。現物取引手数料が無料であったり、先物取引手数料が非常に安いことを考慮すると誤差の範囲といえるでしょう。

Bitget (ビットゲット) で手数料を抑えるポイント

Maker注文をなるべく利用する

Maket手数料はTaket手数料の約3分の1です。できるだけ指値注文で取引するように工夫することで手数料を節約できます。

値幅をとるように取引する

取引手数料は取引する度に支払う必要があるため、取引回数が多いほど支払う手数料は大きくなっていきます。

短期売買を繰り返すスタイルの方もいるかもしれませんが、中期〜長期の目線で大きな値幅を狙って取引することで手数料の支払いを抑えることが可能です。

資金調達料が発生する際に不利なポジションは決済する

無期限先物取引でポジションを持っている際には、資金調達料の発生時間を意識しましょう。

資金調達率を確認し、自分が不利なレートだった場合は決済することを検討してください。もし自分が受け取り側のポジションを持っていた場合、そのまま手数料を受け取りましょう。

資金調達率マイナスプラス
ロングポジション保有者受け取る支払う
ショートポジション保有者支払う受け取る

手数料の支払いにBGBトークンを使用する

BGBはBitgetの独自トークンです。BGBを手数料の支払いに利用することで、現物取引の手数料を20%削減、BGBを証拠金にした先物取引で手数料が15%割引となります。

Bitgetを使っている方は保有しておくとお得です。

Bitget (ビットゲット) の手数料まとめ

本記事では、Bitget(ビットゲット)の取引手数料について解説しました。

手数料が高い取引所を使用すると、いわゆる「手数料負け」となってしまう可能性があります。つまり、取引の結果得られる利益が、支払わなければならない手数料によって相殺されてしまうというのです。

そのため、Bitgetを利用する際は本記事を参考に取引コストを削減し、より効率的な取引を行ってください。

まだ、Bitgetのアカウントをお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨取引所の記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの正しい情報を元に選択できるよう、経験豊富なライターや専門家に意見を聞き、正確で理解しやすいコンテンツを提供しています。
本記事はCrypto Mag編集部が企画・執筆を行いました。本記事の目的及び執筆体制については記事制作基準・編集ポリシーをご確認ください。

海外取引所おすすめ比較ランキング

海外仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング

目次