Bybit (バイビット) でレバレッジ取引を始める方法 | 最大125倍のレバレッジ倍率

現物取引に慣れてきて、レバレッジ取引を始めてみたいと興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

レバレッジ取引では少ない資金で大きな金額の取引を行うことができるため、うまく使いこなすことで利益を伸ばすチャンスとなります。

本記事では、Bybitのレバレッジの特徴や種類、取引のやり方について解説していきます。BybitはPC・スマホのどちらからでも、かんたんにレバレッジ取引ができるので、ぜひ参考にしてください。

また、Bybitのアカウントをまだお持ちでない方は「Bybit (バイビット)の口座開設・登録方法!手順を画像付きで詳しく紹介」を参考に、登録してみて下さい。

Bybit (バイビット) の総合評価・口コミ評判について詳しく知りたい方は「Bybit (バイビット) とは?評判や口コミ評価・メリットデメリットを紐解く」を参考にしてください。

目次

Bybit (バイビット) の最大レバレッジは?

レバレッジは、一般的に「てこの効果」とも表現され、証拠金を担保として自身の資金よりも大きな取引を行うことができます。

レバレッジ(Leverage)とは「てこの原理」という意味ですが、金融業界でレバレッジといった場合には、借り入れを利用することで、自己資金のリターン(収益)を高める効果が期待できることを指します。たとえば、委託保証金率30%の信用取引では、売買代金の30%の委託保証金を差し入れることで取引が可能となります。つまり、その場合では、最大で約3.3倍のレバレッジを効かせることができるわけです。レバレッジを効かせるということは、大きなリターンが狙える半面、リスクも大きくなりますので、十分な資産管理が求められます。

SMBC日興証券より引用

Bybitでは、最大で100倍のレバレッジ取引が許可されています。

例えば、証拠金として1万円を用意した場合、100倍のレバレッジを使用すると100万円相当の取引が可能になります。

その結果、投資が成功すれば、少額の投資でも大きな収益を得ることが可能です。

ただし、大きな利益を狙える半面、損失もその分大きくなることに注意しましょう

しかし、投資が上手くいかない場合でも、Bybitは「ゼロカットシステム」を導入しているため、証拠金を超える金額を失うことはないため、比較的リスクを抑えてレバレッジ取引を行うことができます。

Bybit (バイビット) のレバレッジの特徴

Bybitのレバレッジには以下の3つの特徴があります。

  • 利益幅と同様に損益幅も通常より大きい
  • リスク管理がしやすい
  • 追加の証拠金が必要ない

利益幅と同様に損益幅も通常より大きい

日本の仮想通貨取引所では、許可される最大のレバレッジが2倍となっていますが、Bybitではこの数字は最大125倍にまで跳ね上がります。これは、通常の取引所と比較して投資の損益幅が大幅に増大することを意味します。

レバレッジ倍率が高ければ高いほど、リスクとリターンも高まるため、慎重な取り組みが求められます。

始めは比較的低い倍率からスタートし、徐々に経験を積んでからレバレッジ倍率を増加させるのがおすすめです。

リスク管理がしやすい

Bybitでは「ゼロカットシステム」が導入されており、これにより証拠金を超える損失が発生することはありません。

このゼロカットシステムというのは、もしも証拠金を越える損失が発生した場合でも、その損失部分はBybitが負担するというシステムです。

このため、「追証」、つまり損失分の追加入金を求められることがなく、元本以上の損失リスクが存在しません。

この「ゼロカットシステム」の採用により追証が存在しない点から、Bybitはリスク管理しやすい仮想通貨取引所だと言えます。

追加の証拠金が必要ない

Bybitでは、証拠金を超える損失が発生した場合でも、追加で証拠金を支払うことは要求されません。これはBybitが「ゼロカットシステム」を採用しているからです。

レバレッジ取引を行う人の中には、追加の証拠金の入金が間に合わずに負債を抱えるケースもあります。

しかし、Bybitの場合は、最悪のシナリオでも手元の証拠金を失うリスクはあるものの、追加の証拠金を要求されるリスクは存在しません。

Bybit (バイビット) のレバレッジ種類

Bybitでは以下の3種類のレバレッジ取引があります。

レバレッジ取引の種類取引可能通貨ペア数
USDT無期限150種類以上
USDC無期限8種類
インバース無期限9種類

USDT無期限

USDT無期限契約とは、アメリカドルに連携するステーブルコイン「テザー (USDT) 」を証拠金として用いるレバレッジ取引のことを指します

期限の設定がないため、投資家は自分の取引ポジションを無制限に保持することが可能です。

また、150種類以上のアルトコインに対応しており、幅広い選択肢から投資を選ぶことができます。

USDC無期限

USDC無期限契約は、アメリカドルと連動するステーブルコイン「USDコイン (USDC)」を証拠金として用いるレバレッジ取引のことを指します

この契約もまたUSDT無期限契約と同じく、期限がないため投資家は自身のポジションを無制限に保つことが可能です。

ただし、USDT無期限契約に比べて取り扱うことができる銘柄は8種類となり、少なめとなっています。

インバース無期限

インバース無期限契約は、ビットコイン (BTC) やその他の仮想通貨を証拠金として利用するレバレッジ取引の一種です。

ステーブルコインとは異なり、証拠金として使う仮想通貨自体の価値が大きく変動するため、USDT無期限契約やUSDC無期限契約よりも取引の難易度は高くなります。

ただし、証拠金として使う仮想通貨が明らかに上昇傾向にあるときは、インバース無期限契約がおすすめの取引方法となるでしょう。

Bybit (バイビット) のレバレッジ取引の対応銘柄

Bybitのレバレッジ取引の対応銘柄は取引方法によって異なります。

USDT無期限

USDT無期限の場合、150種類以上の銘柄に対応しています。

主な銘柄は以下の通りです。

通貨ペア最大レバレッジ
BTC/USDT100倍
ETH/USDT100倍
XRP/USDT50倍
ADA/USDT50倍
DOGE/USDT50倍
BNB/USDT50倍
MATIC/USDT50倍
AVAX/USDT25倍
CHZ/USDT25倍
BAT/USDT25倍

上記一例のように、時価総額が高い銘柄ほど最大レバレッジの倍率が高い傾向にあります。

USDC無期限

USDT無期限では、以下の8種類の銘柄に対応しています。

通貨ペア最大レバレッジ
BTC/USDC125倍
ETH/USDC66.67倍
XRP/USDC50倍
SOL/USDC50倍
ETC/USDC50倍
BNB/USDC50倍
MATIC/USDC50倍
OP/USDC50倍

BTC/USDCの通貨ペアであれば最大125倍のレバレッジをかけられる点が大きな特徴です。

インバース無期限

インバース無期限では、以下の9種類の銘柄に対応しています。

通貨ペア最大レバレッジ
BTC/USD100倍
ETH/USD100倍
XRP/USD50倍
ADA/USD50倍
EOS/USD50倍
DOT/USD50倍
BIT/USD50倍
MANA/USD50倍
LTC/USD50倍

ビットコイン (BTC) 、イーサリアム (ETH) は最大100倍、それ以外は最大50倍のレバレッジがかけられます。

Bybit (バイビット) のレバレッジ取引手数料

Bybitでは、レバレッジ取引をする際、取引手数料が発生します。

また、VIPプログラムという大口顧客を対象とした手数料の優遇制度があり、ランクによって手数料が異なります。

階級ごとの手数料は以下の通りです。

VIPレベルテイカー手数料メイカー手数料
一般0.06%0.01%
VIP10.05%0.006%
VIP20.045%0.005%
VIP30.0425%0.004%
VIP40.04%0.002%
VIP50.0375%0.001%
VVIP0.03%0%
テイカーとは

すでに取引板に並んでいる価格で約定する取引のことです。主に成行注文のことを指します。

メイカーとは

取引板にない価格で注文を出して約定する取引のことです。主に指値注文のことを指します。

上記表を見ても分かるように、Bybitの場合、メイカー手数料 (指値注文) の方が安く設定されています。

Bybitでレバレッジ取引をする際は、なるべく指値注文で取引するのがおすすめです。

Bybit (バイビット) のレバレッジ取引のやり方

Bybitのレバレッジ取引手順についてPC画面での操作方法とスマホアプリからの操作方法を順番に解説します。

PCでのレバレッジ取引のやり方

PCからBybitでレバレッジ取引をする手順は、以下の3ステップです。

  • レバレッジ取引の種類・通貨ペアを選択する
  • レバレッジを設定する
  • 注文方法・注文数量を入力して発注する
Bybitでレバレッジ取引をする手順
STEP

レバレッジ取引の種類・通貨ペアを選択

Bybitにログインして、トップページ上部にある「デリバティブ」の上にカーソルを合わせると取引の種類が表示されます。

「USDT無期限」「USDC契約」「インバース契約」の中から選び、カーソルを合わせます。

右側に通貨ペアが表示されるので、取引したい通貨を選んでクリックしましょう。

今回は、USDT無期限、BTC/USDTを例に解説します。

STEP

レバレッジを設定する

通貨ペアをクリックすると画面右端に取引画面が表示されます。

画面右端の注文画面から「クロス」をクリックすると画面中央に「マージンモード」というポップアップが開きます。

まずは、クロスか分離マージンかを選択しましょう。

クロス証拠金をすべて使うレバレッジ取引
分離マージン証拠金を一部使うレバレッジ取引

続いて、レバレッジの倍率を設定し、内容に問題がなければ、最後に「確定」をクリックします。

STEP

注文方法・注文数量を入力して発注する

マージンモードが確定すると、ポップアップが閉じます。

注文画面に戻って残りの項目を入力しましょう。

取引方法には「指値」「成行」「条件付」の3種類ありますが、取引手数料が安い「指値」がおすすめです。

注文価格には、最終取引価格が自動入力されています。指値にこだわりがなければ、修正不要です。

自分で設定したい場合は修正しましょう。

続いて注文数量を入力し、最後に「買い/ロング」「売り/ショート」のどちらかを選択して注文を確定させれば手続きの完了です。

スマホアプリでのレバレッジ取引のやり方

スマホからBybitでレバレッジ取引をする手順は、以下の3ステップです。

  • レバレッジ取引の種類・通貨ペアを選択する
  • レバレッジを設定する
  • 注文方法・注文数量を入力して発注する
スマホからBybitでレバレッジ取引をする手順
STEP

レバレッジ取引の種類・通貨ペアを選択

まずはBybitアプリにログインして、画面下のメニューから契約をタップします。

契約をタップすると画面左上に通貨ペア (上記の場合BITUSDT) が表示されるのでタップします。

画面の上部に取引の種類が表示されているので、希望の取引をタップします。

今回は例として「USDT無制限」をタップしました。

続いて取引ペアを選択します。

今回は例として「BTC/USDT」を選択しています。

STEP

レバレッジを設定する

通貨ペアをクリックすると取引画面に戻ります。

面上部のメニューから「取引」をタップして、通貨ペアの下に表示されている「分離マージン(またはクロス)」をタップします。

「レバレッジの調整」というポップアップが開くので、まずは、クロスか分離マージンかを選択しましょう。

クロス証拠金をすべて使うレバレッジ取引
分離マージン証拠金を一部使うレバレッジ取引

続いて、レバレッジの倍率を設定します。

内容を確認して「保存」をタップします。

STEP

注文方法・注文数量を入力して発注する

再び、取引画面に戻るので残りの項目を入力しましょう。

取引方法には「指値注文」「成行注文」「条件付き」の3種類ありますが、取引手数料が安い「指値注文」がおすすめです。

注文価格は、右側に表示されている取引板の数値をタップすると自動入力されます。

注文数量を入力後、最後に「買い/ロング」「売り/ショート」のどちらかを選択して注文を確定させれば手続きの完了です。

Bybit (バイビット) のレバレッジの評判・口コミ

こちらでは、Bybitのレバレッジに関する評判・口コミをご紹介します。

Bybit (バイビット) のレバレッジの良い評判・口コミ

Bybitでレバレッジをかけて利益が上がっているという報告があります。

レバレッジをうまく使いこなしている方もいるようです。

レバレッジ取引をするなら高いレバレッジがかけられるBybitがおすすめという意見があります。

Bybit (バイビット) のレバレッジの悪い評判・口コミ

Bybitは最大レバレッジが高いので初心者には向いていないとの意見です。

Bybit (バイビット) のレバレッジ取引の注意点やリスク

Bybitのレバレッジ取引の注意点やリスクは以下の通りです。

  • 余剰資金で取引する
  • レバレッジをかけすぎない
  • 損切り設定をする

余剰資金で取引する

Bybitでのレバレッジ取引を行う際は、あくまで余裕資金を範囲内で行うことが重要です。

生活費を含む必要経費を投資に回してしまうと、取引がうまくいかなかった場合に生活が困窮するリスクが生じます。つまり、取引に使う資金は、もし損失が出ても生活に影響が出ない程度の金額に抑えることが求められます。

レバレッジ取引は高いリターンを追求する反面、リスクも高いため、無理な金額を投じるのではなく、適切なリスク管理を行うことが大切です。

レバレッジをかけすぎない

Bybitでは、最大125倍のレバレッジを掛けることが可能ですが、初心者や経験の浅い方が高いレバレッジをかけるのはおすすめできません。

レバレッジを掛けるほど、確かに大きな利益を得る可能性が上がりますが、その一方で失う可能性のある資産も大きくなります

特に経験が少ない場合や、取引に慣れていない段階では、レバレッジを低めに設定して、まずは仮想通貨取引の流れを理解することから始めるのが良いでしょう。

無理なリスクを背負うのではなく、自身の経験や知識に見合ったレベルのレバレッジを選び、慎重に取引を行うことが重要です。

損切り設定をする

Bybitでは「ゼロカットシステム」が導入されていますので、証拠金以上の金額を失うということはありません。

しかしながら、証拠金全額を失うリスクは存在します。そのため、取引に際しては損切りポイントを明確に設定し、リスク管理を徹底することが大切です。

レバレッジ取引においては、万能の戦略や絶対の勝利法が存在するわけではありません。損失を最小限に抑え、利益を最大化する「損小利大」の原則を念頭に、じっくりと戦略を練りながら投資を進めましょう。

Bybit (バイビット) のレバレッジ取引に関するQ&A

Bybitの最大レバレッジは何倍ですか?

Bybitの最大レバレッジは取引方法や銘柄によって異なります。

もっとも倍率を高く設定できるのはUSDC無期限のビットコイン (BTC) 取引で、最大レバレッジは125倍です。

USDT無制限の場合、ビットコイン (BTC) とイーサリアム (ETH) は最大レバレッジ100倍で取引可能です。

その他、リップル (XRP) 、ビットコインキャッシュ (BCH) など中堅銘柄の場合は最大50倍のものが多くなります。

マイナーなコインになると最大25倍の銘柄が多いのが特徴です。

Bybitのレバレッジは途中で変更できますか?

レバレッジは途中で変更可能です。

レバレッジを高く設定しすぎたと感じた場合は、損失のリスクを軽減するためレバレッジの設定を調整しましょう。

上げ相場の場合は、レバレッジを上げることで利益を拡大させることも可能です。

Bybitでは追証で借金を背負うリスクはありますか?

Bybitではゼロカットシステムを導入しているため、追証により借金を背負うリスクはありません。

ゼロカットシステムとは、証拠金以上の損失が出た場合、Bybit側が残りの金額を肩代わりしてくれる仕組みのことです。

借金をするリスクはありませんが、証拠金がすべてなくなるリスクはあるので注意しましょう。

Bybitでレバレッジをかけるのに手数料は必要ですか?

Bybitにおいては、レバレッジを掛ける際に特別な手数料が発生することはありません。しかし、取引を行う際にはMakerまたはTakerとして手数料が発生します。これは取引所の運用コストをカバーするためのもので、他の多くの取引所でも同様の手数料が存在します。

Bybitの手数料について具体的な詳細を知りたい場合は、「Bybit (バイビット) の手数料ガイド | 他の取引所との比較や安く抑える方法を紹介」を参照してください。

Bybitはレバレッジ1倍という設定も可能ですか?

はい、レバレッジ1倍でロングポジション、ショートポジションを構築することも可能です。

Bybitではレバレッジを途中で変更できますか?

はい、Bybitでは既に保有しているポジションのレバレッジを変更する機能が提供されています。これは取引インターフェースから直接行うことができ、マーケットの動向に対応しながらリスク調整を行うことが可能です。

Bybit (バイビット) のレバレッジ取引まとめ

Bybitのレバレッジ取引は、厳格なリスク管理の下で提供されており、これにより初心者でも安心して取引を行うことができます。

特に、海外取引所を初めて利用する方にとって、Bybitはそのユーザーフレンドリーなインターフェースや多様な機能が魅力的です。レバレッジ取引のみならず、その他の多くの点で初心者にとって使いやすい設計となっています。

初めて取引を始める際には、USDTの無期限契約を選び、分離マージンモードを利用して低レバレッジでの取引を行うことを推奨します。リスクを最小限に抑えつつ、取引の流れや仕組みを理解して挑戦してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨取引所の記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの正しい情報を元に選択できるよう、経験豊富なライターや専門家に意見を聞き、正確で理解しやすいコンテンツを提供しています。
本記事はCrypto Mag編集部が企画・執筆を行いました。本記事の目的及び執筆体制については記事制作基準・編集ポリシーをご確認ください。

海外取引所おすすめ比較ランキング

海外仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング

目次