Bybit (バイビット) ステーキングのやり方や解除方法・注意点を徹底解説

Bybitは、2018年3月の設立から短期間で急成長を遂げ、現在では1000万人を超えるユーザーを持つ主要な仮想通貨取引所として知られています。

この取引所は、単なる仮想通貨の取引だけでなく、資産の成長をサポートする多岐にわたるサービスを展開しています。その中でも、「ByFi センター」におけるステーキングサービスは、ユーザーからの注目を集めています。このサービスを利用することで、仮想通貨を保有するだけで収益を得ることが可能となります。

しかし、ステーキングには注意すべきポイントも存在します。

本記事では、Bybitのステーキングサービスの特徴やその利用方法、そして注意点について詳しく解説しています。Bybitでのステーキングを検討している方は、ぜひこの情報を参考にして資産運用を始めてみてください。

また、Bybitのアカウントをまだお持ちでない方は「Bybit (バイビット)の口座開設・登録方法!手順を画像付きで詳しく紹介」を参考に、登録してみて下さい。

Bybit (バイビット) の総合評価・口コミ評判について詳しく知りたい方は「Bybit (バイビット) とは?評判や口コミ評価・メリットデメリットを紐解く」を参考にしてください。

目次

Bybit (バイビット) ステーキングとは

BYBITステーキングは、特定の仮想通貨を専用の口座にデポジットすることで、定期的な収益を獲得する資産運用方法です。

このステーキングにより、ユーザーはブロックチェーンの維持活動に間接的に参加することができ、その対価として報酬を受け取ることができます。

実際に取引を行わなくても、保有する仮想通貨をステーキングするだけで「利子」のような収益を得ることができるので、取引に自信がない方や、手間をかけずに資産を増やしたい方におすすめの方法です。

ステーキングの仕組み

ステーキングは、特に「PoS(Proof of Stake)」というコンセンスアルゴリズムを採用した仮想通貨において行われる資産運用方法です。PoSは、通貨の保有量や保有期間を基に、ブロックチェーンのトランザクションの検証や新しいブロックの生成の権利を得るシステムを指します。

「SOL」や「SUSHI」など、多くの人気銘柄がPoSを採用しており、これらの通貨をステーキングすることで報酬を得ることができます。

ステーキングのメリットとして、特別な機材や高度な技術知識が不要で、仮想通貨を保有するだけで報酬を受け取れる点が挙げられます。これにより、多くのユーザーが手軽にブロックチェーンネットワークの維持に貢献しつつ、収益を得ることが可能となっています。

Bybitでは2種類のステーキングが可能

Bybitステーキングは、ユーザーのニーズや運用スタイルに合わせて2つの異なる制度を提供しています。

積立ステーキング

この制度は、柔軟性を重視したものです。多くの仮想通貨銘柄が対象となっており、いつでも資産を引き出すことができます。ただし、その反面、利回りはやや控えめとなっています。

定期ステーキング

こちらは、より高い利回りを目指すユーザー向けの制度です。対象となる銘柄は限られ、ステーキング期間も固定されていますが、その代わりに利回りが高まります。

運用スタイルや目的に応じて、これらの制度を選択することができます。

また、BYBITは2022年9月にユーザー数が1000万人を突破したことを記念して、特別キャンペーンを実施し、このキャンペーン期間中は、通常よりも「積立ステーキング」の利率が向上していました。今後もこういったキャンペーンが開催されるかもしれません。

Bybit (バイビット) ステーキングの特徴

積立ステーキング

銘柄が豊富

積立ステーキングは、主要な仮想通貨を中心に幅広い選択肢を提供しています。ビットコイン、イーサリアム、USDT、USDCなど、市場での認知度が高い通貨がラインナップされています。

この制度では、二つのカテゴリーに分けて銘柄が提供されています。一つは「常時開催銘柄」として、継続的にステーキングが可能な35の銘柄。もう一つは「期間限定銘柄」として、特定の期間中のみ特別な条件でステーキングができる2つの銘柄です。

期間限定銘柄は、特定のキャンペーンやプロモーションに合わせて提供されることが多く、通常よりも魅力的な条件でのステーキングが期待できます。これにより、ユーザーは自身の投資戦略や目的に応じて、最適な銘柄を選択してステーキングを行うことができます。

好きな時に解除できる

積立ステーキングの魅力は、その柔軟性にあります。仮想通貨市場は非常にボラティリティが高く、価格が短期間で大きく変動することが日常茶飯事です。

このような市場環境下で、資産を固定せずに迅速に取引を行いたいと考えるユーザーにとって、いつでもステーキングを解除し、資産を引き出せる機能は非常に価値が高いです。

積立ステーキングを利用することで、ユーザーは市場の動きに合わせて、即座に投資戦略を変更することができます。これにより、機会損失を最小限に抑えるとともに、市場の変動に柔軟に対応することが可能となります。

毎日利息を獲得できる

積立ステーキングを利用すると、毎日の利息が付与されるため、資産を効率的に増やすことができます。ただし、元本をそのままにして利息だけを引き出す、あるいは別の仮想通貨への交換など、運用方法はユーザーの自由です。

Bybitの口座に仮想通貨を保管するだけでなく、積立ステーキングを活用することで、資産を積極的に成長させることが可能となります。

積立ステーキングの年利は、市場の状況や取引所の方針により、時折変動します。したがって、初めに提示された年利が永続的に適用されるわけではありません。この点を理解し、定期的に年利を確認し、必要に応じて運用戦略を見直すことが重要です。積立ステーキングの柔軟性を活かし、最適なタイミングでの預け入れや解約を検討することが推奨されます。

定期ステーキング

資産に一定期間のロックがかかる

定期ステーキングは、その名の通り、一定の期間資産をロックすることが前提となるステーキング方法です。Bybitでは、この期間は主に30日や60日となっており、特定のキャンペーン銘柄では14日という短期間のものも存在します。

この期間中、仮想通貨の価格が急変しても、預けた資産を引き出すことはできません。これは、定期ステーキングの最大の特徴であり、リスクとも言える点です。

一部の他の取引所では、獲得した報酬を犠牲にしてでもロックを早期に解除することが許されている場合もありますが、Bybitの定期ステーキングにはそのようなオプションは提供されていません。

したがって、定期ステーキングを利用する際は、その特性とリスクを十分に理解し、慎重な判断が求められます。

銘柄数が少なめ

定期ステーキングでは、提供される銘柄の選択肢が積立ステーキングと比較して狭まることが特徴です。これは、定期ステーキングが特定の条件や期間を設けることから、取引所が提供する銘柄の数を制限することが一因となっています。

現段階で、定期ステーキングの常時開催銘柄は9銘柄となっており、期間限定の銘柄は提供されていない状況です。投資家やトレーダーは、これらの銘柄の中から最も適したものを選択し、資産運用を行う必要があります。

年利が割高

定期ステーキングは資産を一定期間ロックするため、通常、積立ステーキングよりも高い年利を享受できる場合が多いです。これは、長期間の資産のロックを通じて取引所に安定した資金を提供することのリワードとして考えられます。

特に、短期間の価格変動に左右されず、長期保有を目的とする「ガチホ」戦略を採用しているトレーダーや投資家にとっては、定期ステーキングは魅力的な選択肢となるでしょう。

しかしながら、すべての銘柄で定期ステーキングが高い年利を提供しているわけではありません。そのため、実際にステーキングを行う前に、各銘柄の年利を確認し、最も効率的な選択をすることが重要です。

さらに、ステーブルコインと呼ばれる、法定通貨と連動した価格安定性を持つ仮想通貨においても、魅力的な年利が提供されることがあります。これにより、仮想通貨市場のボラティリティから一歩引いた安定した資産運用を目指すことが可能となります。

Bybit (バイビット) ステーキングのやり方

Bybitのステーキング手順をご紹介します。

以下では積立ステーキングを行う手順を解説していますが、定期ステーキングも同じ要領でかんたんに開始できますので安心してください。

Bybitステーキングのやり方
STEP
Bybitステーキングページへ進む

Bybitにログイン後、「ファイナンス」から「資産運用」へ進み、「Bybitステーキング」をクリックします。

STEP
ステーキングする通貨を選ぶ

ステーキングをしたい仮想通貨のエリアにある「ステーキングする」をクリックします。

STEP
ステーキングを開始する

ステーキングしたい金額を入力し、Bybitサービス規約に同意したうえで「ステーキングする」をクリックするとステーキングが開始となります。

その後は毎日報酬がウォレットに振り込まれるので確認しましょう。

Bybit (バイビット) ステーキングの解除方法

Bybitのステーキングを解除する手順をご紹介します。

Bybitステーキングの解除方法
STEP
資産タブから資産運用メニューをクリックする

Bybitにログイン後、右上の「資産」タブから資産運用を選択します。

STEP
ステーキングを解除する

ステーキングを終了したい仮想通貨のエリアにある「払い戻す」をクリックしてください。

STEP
払い戻しを実行する

払い戻しを行いたい金額を入力し「払い戻す」をクリックして完了です。

Bybit (バイビット) ステーキングの注意点

ステーキングの枠がいっぱいな場合がある

Bybitのステーキングサービスでは、各銘柄に対して利用可能な枠が設けられています。

特に人気のある銘柄については、利用枠がすぐに埋まってしまうことがあるので、興味を持っている銘柄がある場合は早めの対応が求められます。

「終了」と表示されている銘柄は、現在ステーキングの受付が終了していることを示しています。ステーキングを検討している方は、この表示を確認し、利用可能な銘柄を選ぶようにしましょう。

ステーキング中に仮想通貨の価格が下落する可能性がある

仮想通貨の特性として、価格の変動が大きいボラティリティが挙げられます。

このため、ステーキングを行っている間にも、資産の価格が劇的に下落する可能性が常に潜んでいます。

ステーキングによる収益があったとしても、その収益が資産の価格下落による損失を上回るとは限りません。特に、定期ステーキングでは一定期間資産が引き出せないため、市場の急変に対して即座に対応することが難しいです。

このようなリスクを避けたい場合、資産をいつでも引き出せる積立ステーキングが適しているかもしれません。

ステーキングを開始する前には、選択する銘柄の動向や仮想通貨市場の状況をしっかりと分析し、リスクを総合的に判断することが重要です。

複利運用には未対応

BYBITのステーキングサービスでは、獲得した利益が自動的に再投資されることはありません。

したがって、ステーキングの数量を増やしたい場合は、手動で再運用する手続きが必要です。

Bybit (バイビット) ステーキングのまとめ

BYBITステーキングサービスは、ユーザーのニーズに合わせて2つの異なる制度を提供しており、仮想通貨を保有しているだけで利益を得ることができる手軽な方法として注目されています。

自身の投資スタイルや目的に応じて、適切なステーキング制度を選択するようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨取引所の記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの正しい情報を元に選択できるよう、経験豊富なライターや専門家に意見を聞き、正確で理解しやすいコンテンツを提供しています。
本記事はCrypto Mag編集部が企画・執筆を行いました。本記事の目的及び執筆体制については記事制作基準・編集ポリシーをご確認ください。

海外取引所おすすめ比較ランキング

海外仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング

目次