低金利なカードローンランキング!おすすめ9社の比較と金利を下げる方法も解説

「カードローンを利用したいけど、金利が怖いので不安…」
「少しでも低い金利でカードローンを利用する方法はないの?」

お金に困ったらカードローンの利用が便利ですが、その際の金利が気になる人も多いのではないでしょうか。
金利によって借金が膨れ上がった結果自己破産に追い込まれるケースもあるので、この点を軽く考えるのは危険です。

この記事では、カードローンを低金利で利用するための仕組みや注意点を徹底的に解説していきます。

  • 金利の具体的な仕組み
  • おすすめの低金利カードローン
  • 低金利カードローンを選ぶポイント
  • カードローンの金利を下げる方法や注意点
  • フリーローンとの違い

おすすめの低金利カードローンも紹介するので、お得にカードローンを利用したい人はぜひ参考にしてください。

Contents

そもそも金利とは?

金利とは

金利とは「借り入れした額に対して追加で支払う利息の割合」のことで、金融業者からお金を借りたときに対価として発生します。

例えば金利20%で10万円を1年間借りた場合、利息は2万円となるため総額12万円を返済しなければいけません。
しかし金利が10%と低くなれば利息は1万円にとどまるので、返済総額は11万円で済みます。

同じ金額を借りたとしても、金利によって返済額が変わることに注意しましょう。

また金利には利息制限法という法律が適用されるので、正規の金融業者であれば以下の表に示した割合を超える金利を課すことはできなくなっています。

借り入れ金額上限金利(年率)
10万円未満20%
10万円以上100万円未満18%
100万円以上15%

一般的にカードローンの金利は年率で表現されますが、実際の利息額は日割り計算となります。

利息額=借入元金×実質年率×利用日数÷365日

(例)10万円借り入れで、実質年率10%、30日間利用の場合の利息
   10万円×10%×30日÷365日=821円

利用日数も利息に関わってくるので、カードローンを低金利で利用するには早く完済することも重要です。

カードローンを低金利で利用するための基礎知識

カードローンを低金利で利用するための基礎知識としては、以下の3つが挙げられます。

  • 多くの場合は上限金利が適用される
  • 無利息サービス期間内であれば金利は一切かからない
  • 消費者金融系より銀行系のほうが金利が低い

カードローン会社が設定している金利には幅がありますが、実際には上限金利が適用されることがほとんどです。

また会社によっては無利息サービス期間を設定しており、決められた期間内に完済すれば金利は一切かかりません。
多くの大手消費者金融がこのサービスを提供しているので、低金利で利用したい人は各業者を「はしご」するのも一つの手です。

基本的に消費者金融系カードローンよりも銀行系カードローンのほうが金利が低く設定されていることも覚えておきましょう。

おすすめの低金利カードローン徹底比較

数ある会社の中でも、比較的金利が低めに抑えられているおすすめカードローンを紹介していきます。
まずはそれぞれの金利を比較していきましょう。

カードローン金利
楽天銀行スーパーローン1.9~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン2.0~14.0%
プロミス4.5~17.8%
アイフル3.0~18.0%
SMBCモビット3.0~18.0%
レイクALSA4.5~18.0%
アコム3.0~18.0%

実際にカードローンを選ぶ際に重要となる金利以外の特徴やメリットについても、以下で具体的に紹介していきます。

【楽天銀行スーパーローン】最短翌日融資が可能

楽天銀行スーパーローンは、ネット銀行である楽天銀行が提供しているカードローン。
上限金利は14.5%で、銀行系カードローンの中では標準的です。

ネット銀行ならではの強みを生かし、銀行系カードローンとしては珍しい30日の無利息期間と最短翌日融資に対応しています。

急いでお金を借りたい人におすすめのカードローンです。

金利1.9~14.5%
利用限度額800万円
審査時間最短翌日
融資スピード最短翌日
無利息期間最大30日間
申し込み資格20~62歳で安定した収入があること

【三菱UFJ銀行カードローン バンクイック】手数料が一切不要

「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」の特徴は、利用手数料や入会金が無料であることです。
上限金利は14.6%で、銀行系カードローンとしては標準的。

審査結果は、最短翌営業日に知らされます。

また大手コンビニATMから手数料無料でいつでも引き出せるので、必要なぶんだけ細かく引き出すことも可能です。
計画的な利用をしたい人におすすめのカードローンでしょう。

金利1.8~14.6%
利用限度額500万円
審査時間最短翌
融資スピード最短1週間前後
無利息期間なし
申し込み資格20~64歳で安定した収入があること

【三井住友銀行カードローン】住宅ローン利用者は超低金利

三井住友銀行カードローンの特徴は、「ライフイベント応援パック」というサービスが適用できること。
三井住友銀行で住宅ローンを組んでいる人向けのもので、金利を1.5~8.0%まで引き下げられます。

超低金利で利用できるため、該当する人であればこのカードローンが最も良い選択肢となるでしょう。

また申し込み可能年齢の上限は69歳と高いので、他社を利用できなくなった高齢者でも申し込みできます。

金利1.5~14.5%
利用限度額800万円
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短1週間前後
無利息期間なし
申し込み資格20~69歳で安定した収入があること

【みずほ銀行カードローン】銀行系屈指の低い上限金利

みずほ銀行カードローンは、銀行系の中でも上限金利が14.0%と低いカードローンです。
住宅ローンを利用している場合は金利がさらに0.5%引き下げられ、最大でも13.5%となります。

またWebで申し込みが完結できるので、来店や郵送の必要がないことも嬉しいポイントです。

低金利で利用したい人や、申し込みに手間をかけたくない人におすすめのカードローンでしょう。

金利2.0~14.0%
利用限度額800万円
審査時間最短3営業日
融資スピード最短1週間前後
無利息期間なし
申し込み資格20~66歳で安定した収入があること

【関連:Web完結可能なカードローンおすすめ11社!メリットや申し込み時の注意点も解説

【プロミス】大手消費者金融で最も低い上限金利

プロミスは、大手消費者金融の中では上限金利が17.8%と最も低いカードローンです。

最大30日間設けられている無利息期間内に完済すれば利息は一切かからないので、低金利で利用したい人はうまく活用しましょう。

また融資スピードが最短即日と早いのも特徴です。
土日でも融資を受けられるので、急ぎでお金が必要になったときにぴったりのカードローンでしょう。

\他の大手より上限金利が低い/

プロミス公式サイト
https://cyber.promise.co.jp/

金利4.5~17.8%
利用限度額500万円
審査時間最短25分
融資スピード最短即日
無利息期間最大30日間
申し込み資格18~74歳で安定した収入があること
※18・19歳は収入証明書の提出が必須(高校生不可)
※収入が年金のみの方は申込不可

【関連:プロミスは在籍確認なしでも契約できる?職場への電話連絡を避ける方法と審査通過のコツを解説!

【アイフル】原則として職場連絡なし

(出典:アイフル公式HP

アイフルは、最短25分で審査が完了し融資を受けられる消費者金融系カードローンです。
上限金利は消費者金融として標準的な18.0%で、最大30日間の無利息期間も設けられています。

またアイフルは原則として職場への電話連絡を行わないため、職場の人に借金がバレたくない場合も利用しやすいでしょう。

とにかくスピーディーに借り入れを済ませたい人にとって、ベストなカードローンといえます。

最短25分で借入可能

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短25分
融資スピード最短即日
無利息期間最大30日間
申し込み資格20~69歳で安定した収入があること

【SMBCモビット】返済時にTポイントを利用可能

SMBCのLP
(出典:SMBCモビット公式HP)

SMBCモビットのメリットは、返済時にTポイントを1ポイントあたり1円相当で利用できることです。
金利は大手消費者金融の中では標準的で、上限が18.0%となります。

Web完結で申し込めば原則として職場への電話連絡を行わないので、職場に内緒で借り入れしたい人にもおすすめです。

ただし、大手消費者金融の中では唯一無利息期間がないことに注意しましょう。

\返済でTポイント貯まる/

SMBCモビット公式サイト
https://www.mobit.ne.jp/

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間10秒簡易審査
融資スピード最短即日
※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降になる場合もあり
無利息期間なし
申し込み資格20~74歳で安定した収入があること

【関連:SMBCモビットは在籍確認なし?WEB完結で勤務先への電話連絡なしにする方法を紹介

【レイクALSA】無利息期間が最大180日

レイクアルサLP

(出典:レイクアルサ公式HP)

レイクALSAは、5万円以内の借り入れなら無利息期間が最大180日と長いことが特徴のカードローンです。
また5万円を超える借り入れでも、初めてWebから申し込む人であれば60日間利息ゼロ円で利用できます。

通常時の上限金利は18.0%ですが、借り入れ残高が100万円を超えると金利が15%になる点も大きな特徴。

少額を借りたい人にも、高額を借りたい人にもメリットのあるカードローンです。

金利4.5~18.0%
利用限度額500万円
審査時間Webで最短15秒
融資スピード最短即日
無利息期間最大180日間
申し込み資格20~70歳で安定した収入があること

【アコム】短期返済の利息も日割りで計算してくれる

アコムのLP

(出典:アコムの公式HP

アコムの大きな利点は、期日より前に返済すると早まった日数分の利息額を安くしてもらえる点です。

金利自体は他の大手消費者金融と同等ですが、このシステムを利用することで短期返済した場合の支払い総額を安く抑えられます。

例えば返済期日が3/30で実際に返済したのが3/20である場合、10日分の利息は加算されません。

最大30日間の無利息期間もあるので、返済スケジュールを組めばお得に利用できるカードローンです。

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短30分
融資スピード最短即日
無利息期間最大30日間
申し込み資格20~69歳で安定した収入があること

低金利カードローンを選ぶ4つのポイント

低金利のカードローンを選ぶ際に注目すべきポイントとしては、以下の4つを挙げることができます。

いずれもカードローンをお得に活用できる知識なので、比較検討の際に参考にしてみてください。

上限金利

低金利でカードローンを利用したいのであれば、上限金利をチェックする癖をつけておきましょう。

前述した通り、ほとんど初回利用時に適用される金利は上限金利です。
最低金利がいくら低くても、その恩恵を受けることはできないと考えてください。

カードローンにおいて低い金利が適用されるのは、大きな額を借り入れした時や何度も利用して優良顧客であると判断された場合です。

カードローンを選ぶときは最低金利に注目するのではなく、他社と比べた「上限金利」に注目しましょう。

審査・融資までの時間

カードローン会社によって、実際に借り入れできるまでのスピードは異なります。

一般的に消費者金融は審査や融資のスピードが速い傾向にありますが、上限金利は高いところが多いです。

対して銀行系カードローンは金利の低さが魅力ですが、審査の過程で警視庁データベースへの情報照会が義務付けられているため審査に時間がかかる特徴があります。

自分がいつまでにお金を調達する必要があるのか考え、金利とスピードの兼ね合いで選ぶようにしましょう。

返済方法

カードローン会社によって返済方法には以下の違いがあるので、この点を比較検討するのも重要です。

  • コンビニATMと提携しているかどうか
  • 提携ATMを利用する際に手数料を取られるかどうか
  • 自動引き落としなど多彩な方法が用意されているか

どれだけ金利が安かったとしても、手数料がかさむことで支払い総額が増えては意味がありません。
コンビニATMで手数料無料で返済できるタイプなら、借り入れした後に気軽に返済できます。

また返済スケジュールを立てるのが苦手な人は、自動引き落とし方法があるカードローンを選べば返済遅れのリスクを減らせるでしょう。

お得にカードローンを利用するには、完済するまでのすべてのプロセスをトータルで判断して会社を選びましょう。

キャンペーン

キャンペーン情報

カードローン会社によっては、以下のようなキャンペーンを実施していることがあります。

  • 無利息期間サービス
  • 金利引き下げキャンペーン
  • 自社ポイントのプレゼント

常に実施されているものもあれば、期間限定で実施されるものもあり多種多様です。
内容次第である時期に限り特定カードローンの支払い総額が最も安いといったこともあります。

借り入れを検討する際は、どのようなキャンペーンが開催されているのかしっかり確認しましょう。

カードローンの金利を下げる5つの方法

カードローンの金利を下げる方法としては、以下の5つを挙げることができます。

それぞれ異なるアプローチですが、いずれも有効な手段のため事前に把握しておきましょう。

無利息サービスを利用する

無利息期間サービス

消費者金融系のカードローンでは、無利息サービスの期間が設けられていることがあります。
期間内に借り入れ金額のすべてを返済できれば、金利ゼロで借り入れできるサービスです。

利息で儲けを出している金融業者から利息ゼロで借り入れできるので、非常にお得なサービスといえます。
カードローンの金利を低くしたい人は、この期間内に完済できるように計画を立てましょう。

ただし無利息サービスの多くは、初めて利用する人にしか適用されないことがほとんどです。
無条件に何度も利用できるわけではない点に注意しましょう。

銀行系カードローンの優遇金利を利用する

銀行系カードローンの場合、一定の条件を満たすことで優遇金利を適用してもらえる可能性があります。

代表的な例を以下に挙げてみましょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック三菱UFJ銀行の取引先企業に勤めている人は金利優遇
三井住友銀行カードローン三井住友銀行の住宅ローンを利用している人は金利優遇

例に当てはまるのであれば、該当するカードローンを利用するのが最もお得です。
すでに銀行のサービスを利用している「上客」として、審査に通りやすくなるメリットもあります。

利用限度額の増額申請をする

多くのカードローンでは、利用限度額が大きいほど金利が低くなる傾向にあります。
利息制限法の適用により、100万円を超えて借り入れする場合に15%を超えることは決してありません。

さらにカードローン会社独自の基準で、金利が下がるケースも多々あります。

初めての利用では限度額が低めに設定されるケースが多いものの、利用限度額はあとから増額も可能
限度額に応じて金利が変動するタイプを利用するなら、増額を検討してみるのもよいでしょう。

ただし増額申請の際には、改めて審査を受けなければいけない点に注意してください。

おまとめローンを利用する

おまとめローン

複数の借り入れを一本化する「おまとめローン」を利用すれば、抱えている借金の金利を下げられる可能性があります。

例えば3つの金融業者から40万円ずつ借り入れしている場合、一つにまとめれば120万円になります。
利息制限法によれば、10万円以上100万円未満の借り入れに対する上限金利は18%。
これを一つにまとめて120万円にすれば、上限金利を15%まで下げることができるのです。

またおまとめローンと似た性質のローンとして「借り換えローン」もあり、高い金利から低い金利のローンへ乗り換えるものになります。

すでに複数の会社から借り入れをしている人は、おまとめローンや借り換えによって低い金利で返済を進めていきましょう。

繰り返し利用して優良顧客となる

何度も繰り返し借り入れして真面目に返済を続けていると、金融業者から優良顧客と認識され金利の見直しをしてもらえることがあります。

金融業者からすると、そのような優良顧客にはずっと自社を使い続けてもらいたいためです。

ただそ延滞などの問題がある場合、金利の見直しを受けることはできません。
このようなサービスを狙うのであれば、決められた返済期日を守るようにしましょう。

低金利カードローンを利用する際の3つの注意点

低金利のカードローンを利用する際は、以下3つの点に注意する必要があります。

いずれも陥りがちなため、以下の解説を読んで内容を把握しておきましょう。

目的別のローンよりは金利が高い

低金利カードローンは一般的なカードローン比べれば低い金利ですが、目的別のローンの方がお得に借り入れできるケースもあります。

目的別のローンとは、車や住宅の購入などある目的に特化したローンのことです。

高額な買い物には専用ローンがあることも多いので、そういったものを購入する際は専用ローンの検討をおすすめします。

対して低金利カードローンの優れている点は、幅広い目的に対して借り入れができるところ。
単純な生活費の補填や嗜好品の購入などには、低金利カードローンが有効に利用できるでしょう。

借りすぎてしまいやすい

低金利のカードローンは利用しやすく、限度額までなら何度でも借り入れできるので必要以上に借りてしまう危険性があります。

当然ながら、どれだけ借りたとしても全額返済しなければいけません。

低金利カードローンは目的がなくても借りられる点がメリットですが、それゆえに安易な借り入れを繰り返してしまう可能性が高いです。

必要以上に借りて浪費してしまった場合、返済は非常に厳しくなるので注意しましょう。

返済が長期化しやすい

低金利のカードローンには完済までの返済期限がないので、返済が長期化しやすい傾向にあります。
返済期間が長くなるほど、支払い総額が多くなるので注意しましょう。

低金利カードローンを利用する際には、事前にしっかりと返済計画を立てることが大切です。
計画通りに毎月の返済を続け、可能な限り短期間で完済できるようにしてください。

またお金に余裕のあるときは、追加返済を行うことで返済期間や返済総額を減らすこともできます。

カードローンとフリーローンどちらが低金利?

フリーローンとは1回の契約につき1度だけ借り入れ可能なローンのことで、その金利は一般的なカードローンよりも低めです。

以下にフリーローンの金利の例を挙げてみましょう。

フリーローン金利
三井住友銀行フリーローン5.975%(変動金利)
りそな銀行 多目的ローン6.975%(変動金利)
住信SBIネット銀行 多目的ローン2.975~4.975%(変動金利)
イオン銀行フリーローン3.8~13.5%(固定金利)

カードローンと同じように特別な目的がなくても借り入れができ、担保や保証人を必要としません。

低金利というメリットがありますが、利便性や審査時間の面でカードローンよりも不利なことも多いです。

フリーローンのデメリットとしては、新たにお金が必要になった時すぐ借りられないことが挙げられます。
カードローンは何度でも借り入れできますが、フリーローンは1回限りの契約である点に注意してください。

また審査も厳しく長い傾向にあるので、どちらを選ぶかは総合的な観点から判断しましょう。

フリーローンならろうきんがおすすめ

フリーローンを利用するのであれば、ろうきん(労働金庫)がおすすめです。

ろうきんとは労働組合と生活協同組合が運営している金融機関のことで、互助の精神のもと資金を出し合って成り立っています。

口座を作ってお金を貯めたりローンを組める点では銀行ローンとほぼ同じですが、営利目的ではない点に違いがあります。

そのため金利が4~8%程度と低くなっており、少ない負担で借り入れ可能です。

ろうきんは全国に600店舗以上あるので、興味のある人はぜひお近くの店舗を訪ねてみましょう。

低金利のカードローンを上手に利用していこう

カードローン会社にも消費者金融系と銀行系で内容に違いがあり、低金利で利用できるところとできないところがあります。

少しでも低い金利で利用したいのであれば、情報をしっかり集めて比較検討することが重要です。
また金利の仕組みや注意点についてもしっかり理解しておきましょう。

この記事を参考にして、ぜひ自分の条件に最も適した低金利のカードローン会社を選んでみてください。

Contents
閉じる