カードローンとキャッシングの違いは?金利や返済方法の違いについて解説します

「カードローンとキャッシングって何が違うの?どっちの方が使いやすい?」

カードローンとキャッシングは似たようなサービスですが、それぞれ異なる特徴があります。

それぞれの特徴を理解して、自身の状況に合ったサービスを選択しましょう。

Contents

そもそもカードローン・キャッシングとは?

カードローンとキャッシングは手軽にお金を借りることができる共通のサービスです。

しかし具体的にどういったサービスなのか知らない方も多いことでしょう。

カードローン・キャッシングの利用を検討する前に、まずは双方の違いについて確認してください。

カードローンとは?

カードローンとは、銀行や消費者金融が提供する個人向けの無担保融資のことです。
あらかじめ決められた範囲内なら、何度でも借入れ・返済できます。

また使用目的も自由とされているため、自身に合った使い方ができるのもポイントです。

なおカードローンには審査があり、主に信用力と返済能力をチェックされます。
※信用力は、過去のクレジットやローンの利用履歴が載っている信用情報より確認します

カードローンは無担保で利用できるため、信用できるか確認する必要があるのです。

信用情報に事故情報がある方は、カードローン融資を受けられない可能性があるため注意してください。

キャッシングとは?

対してキャッシングは、短期の小口融資をしてもらえるサービスです。
利用者は設定された上限金額までいつでも好きな金額を引き出すことができます。

キャッシングの融資を受ける方法は、大きく分けて下記の2つです。

  • インターネットや自動契約機
  • クレジットカードに付帯しているキャッシング機能

ATMやキャッシュディスペンサーを利用して現金を引き出すことができます。

カードローンとキャッシングの違いをポイント別に比較

下記ではカードローンとキャッシングをポイント別に比較しています。

  • 金利
  • 利用限度額
  • 融資までにかかる時間

自身がお金を借りるにおいて重視する項目から、どちらを利用するか参考にしましょう。

金利はカードローンが低い

カードローンの金利はキャッシングに比べ、最低金利が低く設定されています。
金利は低い方が利息も少なく済むため、返済金額の負担を軽減できるでしょう。

そもそも金利は一般的に利用枠が大きくなるほど低く、利用枠が小さければ高くなる傾向があります。

利息の計算方法は下記をご覧ください。

利息=借入残高×適用されている金利×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)

同じ期間で同じ金額を借りても、金利が高いと利息が膨らむため多く返済が必要となります。
長期的に高額のお金を借りる場合は、より金利の低いカードローンを利用するのがおすすめです。

またカードローンの場合は、期間限定で無利息キャンペーンを開催しているケースも多いです。

低金利でお金を借りたい方は、金利の安いカードローンの利用を検討しましょう。

利用限度額はカードローンが高額

利用限度額はキャッシングよりもカードローンの方が高額に設定されています。
前提としてカードローンでは、借りられる限度額が年収の3分の1までと賃金法で定められています。

しかし学費や旅行費用・結婚式などによる突然の高額の出費には、カードローンの利用がおすすめです。

対してちょっとしたお金が必要になった時は、キャッシングを利用しましょう。
カード付帯サービスを使う場合は、あらかじめクレジットカードに利用枠を設定してください。

またクレジットカードによるキャッシングは、ショッピング枠との総利用であることに要注意です。
ショッピング枠が50万・キャッシング枠が20万の場合、クレジットカードの総利用額は50万円になります。

キャッシング枠が大きくなるほど、ショッピング枠も圧迫されるため気を付けてください。

融資までにかかる時間はキャッシングが早い

カードローンと比較すると、キャッシングの方がすぐに利用できます。

そもそもカードローンを利用するには下記の手順が必要です。

  1. 申し込み
  2. カードローン審査
  3. 契約
  4. 借り入れ

多くのカードローン会社では、審査結果を受け取るまでに最短でも30分はかかるでしょう。
また融資までとなると、基本的に1~2日の時間が必要となります。

一方キャッシングの場合、クレジットカード契約の際に審査が済んでいるため早く借り入れできます。
クレジットカードを持っている人は、キャッシング枠を作っておくのがおすすめです。

カードローンとキャッシングを人気のサービスで比較

下記では、カードローン会社とクレジット会社のサービスでどれほど差があるのか比較しました。

サービス名 金利 限度額 融資にかかる時間
カード
ローン
プロミス 年4.5%~17.8% ~500万円 最短1時間
アイフル 年3.0%~18.0% 1万円~800万円 WEB申込みなら
最短25分
三菱UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~14.6% 10万円~500万円 最短翌日
楽天銀行
スーパーローン
年1.9%~14.5% 10万円~800万円 最短翌日
キャッシング JCBクレジット
カード
15.0%~18.0% 1~100万円 なし
三井住友カード 18.0% 0~50万円 なし
楽天カード 18.0% 1~90万円(※) なし

(※)審査により、利用額が決まります。

カードローンとキャッシングの返済方法は?

前提として、カードローンとキャッシングは返済方法が大きく異なります。

利用を検討している方は、事前に少しでも知識を身に着けておきましょう。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法には下記の3つが挙げられます。

残高スライド元利定額返済方式元利定率リボルビング方式(※1)元金定率リボルビング方式
特徴借入時に金額が決まり、
毎月の返済金額は一定
借入残高に一定の割合をかけた
金額が毎月の返済額になる
(※1)に利息を加えた合計金額
メリット負担が少なく、計画が立てやすい返済負担を分散できる毎月の返済金額が減っていく
デメリット期間が長引くと利息が増える金利だけを払う時期が多くなる初期の負担が重い

どれも似通う方法ですが、毎月の支払額は大きく変わるため返済方法を選ぶときはよく考えて決定しましょう。

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法は下記の2種です。

  • キャッシング一括返済
  • キャッシングリボ払い

一括返済はその名の通り、利用金額を1回で支払うことです。
利息負担を軽減できるため、引き落とし日までにお金が準備できる人におすすめでしょう。

対してリボ払いとは、毎月少額ずつ返済していく支払い方法を指します。
月々の返済額は少額で済みますが、高額な利息が発生する可能性が高いので注意してください。

カードローンを使うのがおすすめな人

下記のような方はカードローンの利用がおすすめです。

  • まとまった金額を借りたい
  • 契約している間は何度もお金を借りたい
  • 利息にお金をかけたくない

カードローンは、想定外の大きな出費にも対応できることが大きな魅力でしょう。
もちろん少額の借入も可能な上、出し入れ自由で繰り返し使えるため便利です。

キャッシングに比べると低金利で何度でも借りることができるため、月々の返済金額が固定されていれば資産計画も立てやすいでしょう。

キャッシングを使うのがおすすめな人

対して、キャッシングは以下のような場合に向いています。

  • 普段借りる機会はほとんどない
  • 少額の利用がしたい
  • 今すぐ利用したい

キャッシュレス化が進んでいることもあり、キャッシングは急に少額の現金が必要になった時に使えます。

またすでに持っているクレジットカードで対応でき、新たに作成する必要がないのも嬉しいポイントです。

カードローンとキャッシングの違いを理解してうまく使いこなそう

前述通りカードローンとキャッシングは、お金を借りられる点で似たサービスですが内容はかなり違います。

どちらが使いやすいのかは、その時の状況や生活によって変わるものです。

それぞれの特徴を理解し、ニーズに合った選択をして計画的に利用しましょう。

Contents
閉じる