個人事業主におすすめのカードローンは?審査のポイントやさまざまな融資制度を解説

「個人事業主はカードローンの借り入れが難しいと聞くけど、実際どうなんだろう?」
「自営業者が審査に通過するには、どんなことに気をつければいいのか知りたい」

会社という後ろ盾のない個人事業主やフリーランスの方は、上記の疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。

個人事業主がカードローンを利用する場合は、利用しやすい金融業者や制度を選ぶことが重要です。
そこでこの記事では個人事業主におすすめのカードローンや、審査に通るポイントを解説していきます。

個人事業主としてお金の借り方に悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

最短25分と審査スピードが速い!
【アイフル

(出典:アイフル公式HP

アイフルは、最短25分融資が可能な人気の大手消費者金融です。

借入金の利用目的は決まっておらず、自由にお金を使うことができます。
「事業サポートプラン」を用意しているため、個人事業主も積極的に利用できるでしょう。

またアイフルが行う在籍確認は原則職場への電話連絡がないので、周囲にバレずに借り入れできるのも嬉しいポイントです。

おすすめの消費者金融を探している方は、ぜひアイフルの利用を検討してみてください。

申し込んだ日に融資可能

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

Contents

個人事業主はカードローンを用途に合わせて選ぼう

お金を借りる際の有効な手段「カードローン」には、消費者金融系や銀行系などの種類があります。

個人事業主に向いているものとそうでないものがあるので、それぞれの特徴を把握して自分にあったものを選びましょう。

以下では、カードローンによって利用できる融資の分類をまとめました。

生活費事業性資金
消費者金融
銀行カードローン×
クレジットカード会社の専用カードローン×

個人事業主向けの融資制度は使途を事業性資金に限定しているものが多く、場合によっては融資が受けられないこともあるので注意しましょう。

個人事業主が利用するなら、審査に通りやすく生活にも事業資金にも利用できる消費者金融が最もおすすめです。

個人事業主におすすめ!審査に通りやすい消費者金融5選

以下では、個人事業主やフリーランスでも借り入れ可能な大手消費者金融をまとめました。

個人事業主向けのプランを用意しているところも多いので、事前にチェックしておきましょう。

金利や審査時間などの特徴を把握して、自分に合ったカードローンを選んでみてください。

【アイフル】最短25分の融資&職場連絡も原則なし

(出典:アイフル公式HP

アイフルは大手消費者金融の中で本審査のスピードが最も早く、Web申し込みなら最短25分融資も可能です。

満20歳から69歳で安定した収入と返済能力があれば申込可能な他、事業性資金としても利用できます。

また原則として、在籍確認時に職場への電話連絡をしないことも特徴の一つ。
自宅で仕事をする個人事業主にとって、借金が同居中の家族にバレない点は大きなメリットです。

またアイフルは、「事業サポートプラン」というローン商品も用意しています。
融資までの時間が短い・総量規制の対象にならない等、個人事業主が使いやすい仕組みです。

アイフルはカードローンの利用を考えている個人事業主の方にピッタリの消費者金融でしょう。

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短25分
融資スピード最短即日
無利息期間最大30日間
申し込み資格20~69歳で安定した収入があること
口コミ評価

会社都合で、辞めなくてはならないことになり、突然無職に。就職先がなかなか見つからない上に借金もあり途方に暮れていました。無職の状態ではお金を借りるのが大変難しく、社会保険がないために何社も審査に落ちました。しかしアイフルさんだけは国民保険でもOK。本当に助かりました。

引用元:みん評

金融会社からお金を借りると言う事自体が初めてだったのですが、インターネットで申し込みをしたら即回答が返ってきたことにまず驚きを感じました。
そして印鑑と免許書をもって自宅付近の無人コーナーで必要な書類を書いて免許書などをスキャナーの機械に通したら即カードが出てきました。
こんなにスムーズに融資を受ける事が出来るのかと思うとビックリしました、また誰とも会うことなくお金が借りられるという点にも驚きを隠す事が出来ませんでした。

引用元:みん評

\事業資金専用のローンあり/

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

【関連:アイフルの在籍確認は職場への電話連絡なし!申し込みの流れやタイミングも併せて徹底解説

【プロミス】大手で最も上限金利が低い

プロミスは大手消費者金融の中で、唯一上限金利が17.8%と低いカードローンです。
消費者金融を利用する場合は上限金利が適用されるため、プロミスは実質的に最も低金利で借りられます。

さらに審査時間が約30分と短く、最大30日間の無利息期間が用意されていることも特徴です。

プロミスの無利息期間は実際に借り入れが始まった日からカウントされるので、与えられた日数が無駄にならない強みがあります。

またプロミスでは、個人事業主向けに「自営者カードローン」というローン商品も用意。
当日利用が可能なスピード審査を行っている上、プライベートな資金として利用することも可能です。

なるべくお得に借り入れしたい方は、ぜひプロミスの利用を検討してみましょう。

金利4.5~17.8%
利用限度額500万円
審査時間最短25分
融資スピード最短即日
無利息期間最大30日間
申し込み資格18~74歳で安定した収入があること
※18・19歳は収入証明書が必須(高校生不可)
※収入が年金のみの方は申込不可
口コミ評価

プロミスを4年ほど使っていて借りた金額は70万ほどです。最初は10万円必要だったのですが、毎月3万円程度を生活費として借りていたので気がついたら限度額まで借りてました。

毎月1万5千円返済していますが、これでいっぱいいっぱい。利息だけでも月1万円掛かっている事に後から気がついて

残高がホントに減らないのでプロミスに電話して返済回数はどれくらいになるのかを聞いてみると、完済できるのはなんと8年後。

こんなきつい暮らしをあと8年も続けるのか!そんなんできない!と言うように語気を荒げて相談したと思いますが、新規貸付を停止する代わりに、金利を10%にするなら返済はできそうかと聞かれたので
即答で出来る!と答えました。

条件としては毎月1万5千円は必ず滞納なく返済を続ける事で、新規貸付がまた必要であれば金利は元通りになるけど、残債が減るまでこの金利を適応すると言ってくれました。

そこから3年目ですけど、あと2年くらいで完済できそうです。
あの時丁寧に接してこちらに良い条件を提示してくれたオペレーターの方にはホント感謝しています。

引用元:みん評

ダメ元でプロミスに申し込みました。
祝日にもかかわらず申し込んでから半日くらいで審査に受かり、すぐにカードが発行され、その日の内にお金を借りることが出来ました!
担当者も丁寧で親切な対応で、好印象でした。
プロミス最高です!
ありがとうございました。

引用元:みん評

\上限金利が他社より低い/

プロミス公式サイト
https://cyber.promise.co.jp/

【SMBCモビット】Web完結申し込みで職場連絡回避

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 400_250LP.gif

(出典:SMBCモビット公式HP

SMBCモビットはWeb完結申し込みに限り、職場への電話連絡を回避できる消費者金融です。
家族に内緒でお金を借りたい方におすすめのカードローンで、事業資金としても利用できます。

利用者の悩みに寄り添う姿勢が高い評価を得ており、2020年にはHDI格付けベンチマークで最高の三ツ星を獲得しました。

カードローンの利用に関して何か困ったことがあれば、親身に相談にのってもらえるでしょう。

ただし、他の大手消費者金融にはある無利息期間のサービスはない点に注意してください。

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間10秒簡易審査
融資スピード最短即日
※申し込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり
無利息期間なし
申し込み資格20~74歳で安定した収入があること
口コミ評価

複数ある消費者金融からSMBCモビットを選んだ理由は「Webの申し込みだけでお金を借りることができる」からです。SMBCモビットの特徴である「Web完結」を利用することで、勤務先に在籍確認されることなく、お金を借りることができます。自分は会社にお金を借りることをバレたくなかったので、SMBCモビットのように在籍確認がない消費者金融があって良かったです。しかも、スマホアプリでセブン銀行ATMから借入や返済ができるのでローンカードを持たなくて済むので大変助かっています。

引用元:みん評

ネットで簡単に申し込めると聞いたので利用しました。私のような小さな会社に勤めている人間にとっては、会社への在籍確認が電話以外でも可能なのが有難かったです。収入証明書や会社発行の保険証などが必要ですが、それさえあれば電話連絡がないので会社にキャッシングがバレ難くて良いです。それと余計な配送物も拒否出来るので、実家住まいでも家族にキャッシングがバレる可能性も低いです。もちろん延滞などをすれば督促のハガキは届きますが、毎月きちんと返済していればまずバレません。

引用元:みん評

\WEB申込で職場への電話連絡なし/

SMBCモビット公式サイト
https://www.mobit.ne.jp/

【関連:SMBCモビットは在籍確認なし?WEB完結で勤務先への電話連絡なしにする方法を紹介

【レイクALSA】長い無利息期間が魅力

レイクアルサLP

(出典:レイクアルサ公式HP)

レイクALSA最大の特徴は、無利息期間が他の大手消費者金融より長いことです。

初めての利用なら、無利息期間を次の2つから状況にあわせて選択できます。

  • 借り入れ額全額が60日間利息0円(Web申し込み限定)
  • 借り入れ額のうち5万円まで180日間利息0円

※電話・無人契約機からの申込みの場合、30日間利息0円となります。

またWebからの申し込みの場合は、仮審査が最短15秒で完了する点も魅力の一つです。

レイクALSAには、個人事業主向けの「アルサ de ビジネス」というローン商品があります。
このサービスを使えば総量規制は適用されないので、年収の1/3を超える融資も可能でしょう。

金利4.5~18.0%
利用限度額500万円
審査時間仮審査は最短15秒
融資スピード最短即日
無利息期間最大180日間
申し込み資格20~70歳で安定した収入があること
口コミ評価

急な出費にすぐ対応していただきました。友達の開いたパーティーに直近で出席したかったのですが、給料をほとんど使ってしまい現金が手持ちにない状態になっていた時に利用させていただきました。審査については、カードローン自体初めてだったのですんなりと通りました。おそらく一定の身分や収入があれば、借金が莫大にあるとかがなければ通るようです。金利についてはやはり高かったですが翌月に一括でまとめて返済したので軽く済みました。また、対応も素早く煩わしい時間はかかりませんでした。

引用元:みん評

はじめて子供の教育費と大学進学の為の費用をキャッシングしようとご利用させていただいたのですが、こちらの会社さんを選ばせてもらったのは、とにかく説明が最初から最後まで非常に丁寧で私にわかりやすくキャッシングについてを教えて伝えてくれていたっていうのがすごく私としては信頼ができて、わかりやすかった説明のおかげでよくわからないままのキャッシングっていうことにならずに済んで本当によかったって安心しています。

引用元:みん評

【アコム】楽天銀行口座なら最短1分で融資

アコムのLP

(出典:アコムの公式HP

アコムはWeb完結サービスに対応した消費者金融で、全てをパソコンやスマホで完了できます。
自宅から手軽に借り入れできるため、店頭窓口や自動契約機に出向く必要がありません。

また楽天銀行の口座を持っている場合は、最短1分で振込融資に対応してもらえます。

個人事業主向けのローン商品「ビジネスサポートカードローン」を使えば、総量規制の影響を受けません。

通常ローン利用中にビジネスサポートカードローンに切り替える事も可能なため、利便性の高い消費者金融と言えるでしょう。

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短30分
融資スピード最短即日
無利息期間最大30日間
申し込み資格20~69歳で安定した収入があること
口コミ評価

急用でお金が必要になり、ネットで貸付の申込をしました。数時間待っているとお電話があり、可決ですのでむじんくんまで来て欲しいと言われました。むじん君まで行くと、いろいろ質問をされましたが、可決になり、10万円を融資してもらうことになりました。口座への振込みも早く、本当に急ぎ用だったので助かりました。
携帯にかかってきたときに受け答えをしてくれた女性も、むじんくんで質問をしてきた女性も、全く何がなんだか分からない私に、とても親切で丁寧な対応をしてくれて本当にありがとうございました。初めてアコムさんを利用してよかったな!って心の底から思います。

引用元:みん評

増額申請をした際に、裁量ギリギリになるので、まずは、返済方法の見直しや、クレジットカードをACカードにした方が、負担が楽になるなどアドバイスをもらい、毎月きちんと返済して頂いてるので、出来ますと言われ、返済方法にいきずまってきてたので、本当に助かりました。担当の方に当たりハズレはあると思いますが、契約から今まで、不愉快な方はいなかったです。引き続き頑張って返済します。

引用元:みん評

個人事業主が銀行から借り入れするなら「楽天銀行スーパーローン」

前提として、銀行カードローンは事業資金の貸し出しに対応していません
基本的に個人事業主がビジネスの範疇でお金を借りるのは適していないのです。

ただし、唯一その例外といえるのが「楽天銀行スーパーローン」。

店舗を持たない新興勢力のネット銀行のため、新規顧客の獲得に向けさまざまな人へ融資を行っています。

その一環として個人事業主の借り入れにも対応しており、最大800万円までの融資に対応しているのです。

事業性資金を借りたい場合は、Web申し込み後に連絡をし「楽天銀行ビジネスローンを利用したい」旨を伝えてください。

オペレーターの柔軟な対応により、ビジネスローンの手続きを進めてくれるでしょう。

金利1.9~14.5%
利用限度額800万円
審査時間最短翌日
融資スピード最短翌日
無利息期間最大30日間
申し込み資格20~62歳で安定した収入があること

大手銀行カードローンは個人事業主に向いていない

一般的に大手銀行カードローンは、個人事業主には向いていません。
事業資金を借りれない点も大きいですが、審査において経営安全率を重視されることも理由の一つです。

経営安全率とは安定的な経営がなされているかをチェックする項目であり、優良顧客と認識されなければ融資が受けられない仕組みになっています。

みずほ銀行や三井住友銀行といったメガバンクの場合は、個人事業主専用のカードローン自体ありません。
とはいえ一部の銀行では、低金利で融資を受けられるフリーローンを提供しているところもあります。

しかしフリーローンは借り入れ回数が一回のみであったり、事業性資金として使えなかったりと利便性が低いので注意しましょう。

クレジットカード会社の個人事業主向けカードローン

クレジットカード会社でも、消費者金融と同じように個人事業主向けのカードローンを展開しています。

消費者金融に比べるとやや融資に慎重ですが、厳しい審査はないので決算が黒字でさえあれば借り入れに期待できるでしょう。

事業性資金の借り入れにも対応しているので、ビジネスを拡大する時に大いに役立ちます。
以下では、代表的な個人事業主専用カードローンをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

カードローン金利利用限度額
オリコカード
「CREST for Biz」
6.0~18.0%300万円
セゾンファンデックス
「カードローン」
6.5~17.8%500万円
オリックスクレジット
「VIPローンカード BUSINESS」
6.0~17.8%500万円
クレディセゾン
「MONEY CARD EX」
15.0%100万円

個人事業主向けカードローンでは、本人確認書類以外に事業状況の確認書面や借り入れ計画書などの提出が必要です。

具体的な内容はカードローンごとに異なるので、申し込みの際にしっかり確認しておきましょう。

個人事業主が事業資金を借りたいときの融資制度

カードローン以外の選択肢として、事業主専用の融資制度を利用するのも一つの手段です。

個人事業主が借り入れ可能な融資制度には、以下のものがあります。

どの方法も高額融資に対応しており金利も低いため、事業性資金を借りたい個人事業主の方におすすめです。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫には、政府の方針に沿って事業主の資金繰りをサポートするための融資制度が100種類以上あります。

国が100%出資する政府系の金融機関であるため、民間の業者と比べて審査基準が緩めな点が特徴です。

代表的な融資としては、以下のものが挙げられます。

融資名対象となる人限度額
一般貸付個人事業主で事業性資金を借りたい最大7,200万円
経営環境変化対応資金会社の業績が悪化している最大5,700万円
新規開業資金新しく事業を始める最大7,200万円
再挑戦支援資金一度廃業したあと新たに事業を始める最大7,200万円
事業承継・集約・活性化支援資金事業承継を計画し
新たにビジネスを盛りたてようとする
最大7,200万円
海外展開・事業再編資金海外展開や海外事業の再編をする最大7,200万円

しかし日本政策金融公庫は需要の高さから、小規模企業の事業主が融資を受けづらい傾向にあります。

日本政策金融公庫の利用を考える場合は、次善の手段もあらかじめ考えておくようにしましょう。

信用保証制度

信用保証制度とは、信用保証協会(※)を間に挟んで銀行から融資を受ける方法です。
※中小企業・小規模事業者が金融機関から資金を調達する際に、保証人となってサポートしてくれる公的機関

個人事業主が直接銀行とやり取りすると、保証がない点から大きな融資を受けることはできません。

しかし信用保証協会に保証人になってもらえば、信用保証機関が立て替える形になるので銀行もお金を貸しやすくなります。

信用保証協会は地域ごとに運営されており、銀行に相談すれば話を通してもらうことが可能です。
ただ面談を経て審査に通る必要があるため、絶対に対応してもらえるわけではない点に注意してください。

また信用保証協会を利用する際は、通常の利息とは別に保証料を支払う必要があるので気を付けましょう。

小規模企業共済の貸付制度

小規模企業共済とは、国の機関「独立行政法人中小企業基盤整備機構」が運営する個人事業主や中小企業をサポートする制度です。

小規模企業共済に加入していれば、貸付制度を利用して事業性資金を借り入れすることができます。
積立共済金から借りる仕組みとなっているため、審査なしで借り入れできるのが大きな特徴です。

小規模企業共済では、用途に合わせて以下のような複数の貸付制度を用意しています。

貸付制度資金の使い道限度額
一般貸付事業性資金であれば自由最大2,000万円
緊急経営安定貸付売上が減少した際に経営を立て直すための資金最大1,000万円
傷病災害時貸付事業主の入院や災害を受けて経営が悪化した場合の資金最大1,000万円
廃業準備貸付事業債務の生産や設備の処分など廃業にかかる費用最大1,000万円
事業継承貸付事業継承する際や株式の取得などにかかる費用最大1,000万円
福祉対応貸付事業者本人や家族の福祉向上に必要な資金最大1,000万円

事業性資金だけでなく、事業主本人や家族の介護に必要なお金を借りられるメリットがあります。

ただし小規模企業共済に加入していなければ利用できないので注意しましょう。

ビジネスローン

融資制度ではありませんが、事業性資金が必要なら「ビジネスローン」を利用するのも一つの方法です。

ビジネスローンは個人事業主にターゲットを絞った金融商品で、経営のサポートを目的に展開しているため経営状況にかかわらず借り入れしやすい特徴があります。

以下では、代表的なビジネスローンをまとめました。

ビジネスローン金利限度額
アイフルビジネスファイナンス3.1~18.0%1,000万円
セゾンファンデックス15.0%以内500万円
プロミス自営者カードローン6.3~17.8%300万円
東京スター銀行スタービジネスカードローン4.5~14.5%1,000万円

利便性の高いビジネスローンですが、それゆえに借りすぎてしまわぬよう計画的に動くことが重要です。

個人事業主がカードローンの審査に通過するコツ

個人事業主がカードローンの審査に通過するのは決して簡単なことではありません。
以下のコツを事前に確認して、少しでも審査通過率の可能性を上げましょう。

個人事業主にとって非常に有効な対応策のため、しっかり実践してみてください。

開業してからの年数が長ければアピールする

カードローン審査において、開業してからの年数が長いほど「安定性がある」とポジティブな評価をもらえます。

長く事業を続けているのはビジネスの手腕が確かである証拠であり、倒産する可能性も低いと判断されるからです。

また開業したての個人事業主と比べると資金力のある場合が多いため、返済能力も高いとみられる傾向にあります。

開業年数にこだわる一例として、アコムの公式サイトではビジネスサポートカードローンの貸付対象者を「業歴1年以上の個人事業主」に絞っています。

借り入れ希望額をできるだけ少なくする

借り入れ希望額をできるだけ少なくすることで、審査に通りやすくなります。
少額だと返済しやすいことから貸す側としてもリスクが低くなり、審査に落とす必要がなくなるためです。

利用限度額にかかわらず、自分に必要な最低限の金額を見積もった上で申し込むようにしましょう。

少額を借り入れた後に資金が足りなくなっても、増額申請で利用限度額を拡大することが可能です。
ただし増額申請の際は、新たに審査が必要になる点に注意してください。

収入証明書として確定申告書や所得証明書を提出する

個人事業主がカードローンに申し込む際は、返済能力を確認するため収入証明書を提出する必要があります。

審査を有利に進めるには、確定申告書や所得証明書など市役所や税務署で保管される公的書類を用意してください。

給与明細は自分で書き換えが可能なため、収入証明書として認められないか証拠能力が低いと判断されるケースもあります。

審査に通る可能性を少しでも高めるなら、市役所や税務署に赴いて必要書類を用意しておきましょう。

在籍確認の連絡先を固定電話にする

リモートワークが一般化し自宅で働く人も増えていますが、融資において固定電話の有無は重要な判断材料です。

在籍確認の連絡先を事務所などの固定電話の番号にしておくと、審査に通る可能性が高まります。
固定電話の番号は、職場を構える事業主であることの証明になるため信用度が上がるのです。

スマホの電話番号はなりすましも可能な点から、不利になる恐れがあるため注意してください。

固定電話の番号を記載できない方は、事業証明書や収入証明書を提出することで信頼性を証明しましょう。

個人事業主が借り入れする際の注意点

一般人ではなく個人事業主として借り入れをする場合は、以下の2点に注意する必要があります。

どちらも見落としがちなので、以下の解説を読んでしっかり把握しておきましょう。

事業性資金と生活費で限度額は異なる

個人事業主が借りるお金は「事業性資金」「生活費」の2種がありますが、利用限度額はそれぞれ異なります。

事業性資金は法人向けの貸付に該当するため、年収による制限なしで融資を受けることが可能です。
総量規制の対象外ではあるものの、借りすぎないよう自制を効かせることが重要でしょう。

一方で生活費を借りる場合は、個人への貸付となるので総量規制が適用されます。
生活費を借りる場合は、現在の年収の制約を大きく受けるので注意しましょう。

借りたお金は確定申告で経費として計上する

前提として、個人事業主が借り入れした場合は確定申告する必要があります。
ただ生活費と事業性資金では、計上方法が異なる点に注意しましょう。

生活費として借りた場合は、売上を生み出さないお金のため経費として計上できません。
一方で事業性資金として借りた場合は、利息のみを経費として計上できます。

比率としてはわずかなものですが、大金の場合は大きな金額の違いとなるのでしっかり計上しましょう。

また帳簿の正確さを期する意味でも、事業性資金についてはしっかり把握しておいてください。

個人事業主でも借り入れはできる!制度を有効活用しよう

個人事業主やフリーランスがお金を借りるには、さまざまな方法があります。
中でも、事業性資金と生活費どちらにも対応しており利用しやすい「消費者金融」がおすすめです。

もし消費者金融での借り入れがうまくいかなかった時は、他の制度も検討してみてください。
融資制度には多くの種類があるので、自分の状況にあった借入方法がきっと見つかるはずです。

お金を借りる際はどこが適しているのか比較検討し、自分に合った方法を選びましょう。

Contents
閉じる