カードローンの借り換えにおすすめの銀行や消費者金融・ろうきんの金利を徹底比較!

「カードローンを借り換えするメリットは?」
「金利が低いところに借り換えするならどこを選ぶべき?」

カードローンの借り換えについて、メリット・デメリットやおすすめの金融機関を知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、カードローンの借り換えに必要な情報を徹底的に解説します。

  • 借り換えとおまとめローンの違い
  • 借り換え先としておすすめの金融機関10選
  • カードローン借り換えのメリット・デメリット
  • 借り換えすべき・しない方がいい人の特徴
  • 借り換えの審査基準や通過しやすくする方法
  • カードローン借り換えの返済シミュレーション

カードローンの借り換えを上手に利用すれば、利息の負担を大きく抑えられます
しかし失敗すると逆に返済総額が増える恐れもあるので、注意が必要です。

カードローンを上手に借り換える方法を知って、ローン返済の負担を軽減しましょう。

Contents

そもそもカードローンの借り換えとは?

借り換えとは、借り入れ中のカードローンから別会社のローンに乗り換えることです。

カードローンは金融機関によって適用される金利・サービスが異なるので、より条件のいい会社へ変更するために行われます。

カードローンを借り換える大きなメリットは、低い金利で借り入れできる点。

例えば金利18.0%で100万円を借りてる場合、金利15.0%の会社から同様の金額を借りると差額となる3.0%の利息負担を軽減できます。

中には借り換え専用ローンを提供している金融機関もあるので、積極的に活用しましょう。

カードローンの借り換えとおまとめローンの違い

混同されやすい借り換えとおまとめローンですが、異なる制度のため事前に確認しましょう。

名称特徴具体例
借り換え別の借入先に乗り換えるA社の借り入れを金利が低いB社からに変更する
おまとめローン借り入れを1社にまとめるA社・B社の借り入れをD社で一本化する

カードローン借り換えの主な目的は、金利を下げて毎月の利息を減らすこと。
対しておまとめローンは、返済を一本化して返済管理の手間を軽減するのが目的です。

借り換えやおまとめローンを利用する際は、予め2つの制度の違いを知っておきましょう。

【金利比較あり】カードローンの借り換えにおすすめの銀行・団体10選

以下では、おすすめの金融機関とそれぞれの特徴をまとめました。

名称金利
(実質年率)
貸付限度額借り換え・おまとめ
専用ローン
みずほ銀行2.0~14.0%800万円×
三菱UFJ銀行1.8~14.6%500万円×
三井住友銀行1.5~14.5%800万円×
楽天銀行1.9~14.5%800万円×
auじぶん銀行1.48~17.5%800万円借り換えコース
アイフル3.0〜18.0%800万円かりかえMAXおまとめMAX
アコム3.0〜18.0%800万円借換え専用ローン
プロミス4.5〜17.8%500万円おまとめローン
レイクALSA4.5〜18.0%500万円アルサ de おまとめ
中央労働金庫
(ろうきん)
3.875~8.475%500万円×

※名称をタップで詳細ページにスクロールします。

借り換え先を選ぶ際は、「今より金利が低く借り換え専用ローンがあるか」みましょう。

低い金利の金融機関は審査が厳しい傾向があるものの、借り換えすれば利息を軽減できます。

また貸金業法に基づく借り換え専用ローンなら、限度額を年収の3分の1までに制限する「総量規制」の対象外です。

自分の状況を照らし合わせた上で、適した金融機関を選択してください。

【みずほ銀行カードローン】上限金利が14.0%と低い

みずほ銀行のカードローンは、金利が最大14.0%と他社に比べて低金利で借り入れできます。

また貸付限度額が500万円の金融機関もある中、みずほ銀行は800万円と高額です。

ローン残高が多く上限金利を抑えたい方は、みずほ銀行への借り換えを検討しましょう。

金利(実質年率)2.0~14.0%
無利息期間なし
遅延損害金(実質年率)19.9%
貸付限度額800万円
審査時間最短翌営業日以降
借り換え・おまとめ専用ローンなし
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利
Web完結・来店なし可能 
みずほ銀行のサービス詳細はコチラ
貸付対象者
  • 20〜65歳の安定継続収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (利用限度額50万円を超える場合)
借入方法
  • みずほダイレクト(インターネットバンキング)
  • みずほ銀行ATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
返済方法
  • 口座引き落とし
  • みずほダイレクト(インターネットバンキング)
  • みずほ銀行ATM
  • コンビニATM
  • 提携先ATM
返済方式 残高スライド方式
担保・保証人 不要

【三菱UFJ銀行:バンクイック】低金利で審査が早い

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」も、低金利で借り入れできるのが特徴です。

上限金利は年14.6%となっており、三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込みできます。
メガバンクの三菱UFJ銀行が提供しているので、安心して利用できるでしょう。

また消費者金融のアコムが保証会社のため、銀行カードローンの中では審査時間が早い傾向にあります。

消費者金融より低い金利で、なるべく早く借り入れたい方におすすめのカードローンです。

金利(実質年率)1.8~14.6%
無利息期間なし
遅延損害金(実質年率)会員ページ・二リテールアカウント支店専用ダイヤルから確認
貸付限度額500万円
審査時間最短翌営業日以降
借り換え・おまとめ専用ローンなし
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利
Web完結・来店なしお申し込みまでは可能
三菱UFJ銀行のサービス詳細はコチラ
貸付対象者
  • 20〜64歳の国内に居住する個人
  • 原則安定収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる(アコム(株))
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (利用限度額50万円を超える場合)
  • ご利用申込書
    (インターネット申し込みの場合不要)
借入方法
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 提携コンビニATM
  • 振込(インターネット・電話)
返済方法
  • 口座引き落とし
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 提携コンビニATM
  • 三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)
返済方式 残高スライド方式
担保・保証人 不要

【三井住友銀行カードローン】返済期日を選択可

三井住友銀行は最低金利1.5%と低金利の他、貸付限度額も800万円と高い特徴があります。
毎月の返済額が2,000円からと低額なので、月々の返済負担を軽減できるでしょう。

また返済期日を毎月5日・15日・25日・月末から選べるため、返済日を給与の支給日に合わせられるのも便利です。

最低金利が低い三井住友銀行は、高額の借り換えをしたい方にピッタリでしょう。

金利(実質年率)1.5~14.5%
無利息期間最大3カ月
(新規入会キャンペーン実施中の場合)
遅延損害金(実質年率)19.94%
貸付限度額800万円
審査時間最短翌営業日以降
借り換え・おまとめ専用ローンなし
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利
Web完結・来店なし可能
三井住友銀行のサービス詳細はコチラ
貸付対象者
  • 20〜69歳の原則安定収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる
    (SMBCコンシューマーファイナンス(株))
  • 使いみちが事業性資金以外の人
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (利用限度額50万円を超える場合)
借入方法
  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM
  • 提携先ATM
  • 振込(カードローンWebサービス)
  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)
  • 電話(SMBCダイレクトを利用している場合)
返済方法
  • 口座引き落とし
  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM
  • ゆうちょATM
  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)
返済方式 残高スライド型元利定額方式
担保・保証人 不要

【楽天銀行カードローン】楽天ユーザーは使うべし

楽天銀行LP

(出典:楽天銀行公式HP

楽天銀行は、カードローン「楽天スーパーローン」を提供しています。

楽天ポイントが最大31,000ポイント贈呈されたり、会員ランクに応じた審査優遇を受けられます。

借入利率は1.9〜14.5%と低金利な上に貸付限度額も800万円と高額のため、ローン残高が多い方でも利用できるでしょう。

またネット銀行のためスマホだけで簡単に申し込みできる他、必要書類を楽天銀行アプリから提出できる利便性の高さも魅力です。

すでに楽天サービスを活用している方におすすめのカードローンだと言えます。

金利(実質年率)1.9~14.5%
無利息期間最大30日間
(楽天銀行の普通預金口座開設と同時に行う場合)
遅延損害金(実質年率)19.9%
貸付限度額800万円
審査時間最短翌営業日
借り換え・おまとめ専用ローンなし
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利
Web完結・来店なし可能
楽天銀行のサービス詳細はコチラ
貸付対象者
  • 20〜62歳の安定継続収入がある
    (パート・アルバイト・専業主婦の場合は60歳以下)
  • 保証会社の保証を受けられる
    (楽天カード(株)・SMBCファイナンスサービス(株))
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 申込書兼保証依頼書
    (インターネット申し込みの場合不要)
借入方法
  • 振込(ネットキャッシング・電話)
  • コンビニATM
  • 提携ATM
返済方法
  • 口座引き落とし
  • コンビニATM
  • 提携ATM
  • インターネットバンキング
返済方式 残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 不要

【auじぶん銀行カードローン】auユーザーにおすすめ

auじぶん銀行は「au限定割」を提供しており、申込時にau IDを登録すると最大年0.5%の金利優遇を受けられます。

また借り換え専用プラン「カードローン au限定割 借り換えコース」があるため、年率0.98~12.5%で借り換え可能です。

新規契約すると最大11,000Pontaポイントが贈呈されるなど、au IDがあればお得に利用できます。

auじぶん銀行のカードローンは、特にauユーザーにおすすめと言えるでしょう。

金利(実質年率)1.48~17.5%
無利息期間なし
遅延損害金(実質年率)18.0%
貸付限度額800万円
審査時間最短1時間
借り換え・おまとめ専用ローン借り換えコース
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利通常の金利より年0.5%金利優遇
Web完結・来店なし可能
auじぶん銀行のサービス詳細はコチラ
貸付対象者
  • 20〜69歳の安定継続収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる(アコム(株))
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(利用限度額60万円を超える場合)
借入方法
  • コンビニATM
  • 提携ATM
  • 振込サービス(インターネット)
返済方法
  • 口座引き落とし
  • コンビニATM
  • 提携ATM
返済方式 残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 不要

【アイフル】専用ローンなら上限金利が下がる

(出典:アイフル公式HP

アイフルには借り換え専用ローンがあり、上限金利は17.5%と通常より低いです。

初めてなら「かりかえMAX」、アイフル利用中・経験がある方は「おまとめMAX」を利用できます。

いずれも返済日が1カ月に1回のため、計画的に借入残高を減少できるでしょう。

また金利が低いだけでなく、貸付限度額も800万円と高額です。
借り換えを希望する方は、アイフルへの乗り換えを検討してください。

\限度額が800万円/

金利(実質年率)3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
遅延損害金(実質年率)20.0%
貸付限度額800万円
審査時間最短25分
借り換え・おまとめ専用ローンかりかえMAXおまとめMAX
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利3.0~17.5%
Web完結・来店なし可能
アイフルのサービス詳細はコチラ
貸付対象者 20〜69歳の定期収入と返済能力がある
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (利用限度額50万円・借入総額が100万円を超える場合)
借入方法
  • 振込(インターネット・電話)
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
返済方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • コンビニATM
  • 口座引き落とし
  • 銀行振込
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング方式
担保・保証人 不要

【関連:アイフルの在籍確認は職場への電話連絡なし!申し込みの流れやタイミングも併せて徹底解説

【アコム】借り換え専用ローンあり

アコムのLP

(出典:アコムの公式HP

アコムでは、貸金業法に基づく借り換え専用ローンを提供しています。
毎月の返済金額や金利の負担を軽減して、段階的に残高を減少させることが可能です。

またオンラインや全国の提携ATMからいつでも取引できるなど、利便性が高い点も魅力。

複数のローンを利用中の方は、借り換え専用ローンがあるアコムを検討してみましょう。

金利(実質年率)3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
遅延損害金(実質年率)20.0%
貸付限度額800万円
審査時間最短30分
借り換え・おまとめ専用ローン借換え専用ローン
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利7.7%~18.0%
Web完結・来店なし可能
アコムのサービス詳細はコチラ
貸付対象者 20~69歳の安定した収入と返済能力がある
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (利用限度額50万円・借入総額が100万円を超える場合)
借入方法
  • インターネット
  • 電話
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
返済方法
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
  • 口座引き落とし
  • 振込
返済方式 定率リボルビング方式
担保・保証人 不要

【プロミス】専用ローンで計画的な返済を

プロミスでは、借り換えローンにも使える「おまとめローン」を提供しています。

借り入れ中のカードローンより低い金利なら、毎月の返済金額や金利負担を軽減可能です。

またプロミスのおまとめローンでは、複数の借り入れを1つにまとめることもできます。
金利負担を抑えた上で借り入れ先を一本化したい方は、ぜひ利用を検討してください。

金利(実質年率)4.5~17.8%
無利息期間最大30日間
遅延損害金(実質年率)20.0%
貸付限度額500万円
審査時間最短25分
借り換え・おまとめ専用ローンおまとめローン
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利6.3~17.8%
Web完結・来店なし可能
プロミスのサービス詳細はコチラ
貸付対象者 18〜74歳の本人に安定収入がある※18・19歳は収入証明書の提出が必要(高校生不可)、収入が年金のみの方は申込不可
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (利用限度額50万円・利用残高合計が100万円を超える場合)
借入方法
  • 振込(インターネット・電話)
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
返済方法
  • 振込(インターネット)
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
  • 口座引き落とし
返済方式 残高スライド元利定額方式
担保・保証人 不要

【関連:プロミスレディースの口コミ評判はどう?審査通過のコツや男性の利用可否とは

【レイクALSA】無利息期間が最大180日

レイクアルサLP

(出典:レイクアルサ公式HP)

レイクALSAは他の金融機関と比べて、無利息期間が長い特徴があります。

無利息期間は以下の2パターンから選択可能です。

  • 【60日間】:初めての利用でWebからの申し込み
  • 【180日間】:初めての利用で5万円までの借り入

※初めて自動契約機・電話での申し込みの方は「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」から選べます。

期間中は利息の負担がないため、早期に返せる見込みがある方はぜひ活用しましょう。

金利(実質年率)4.5~18.0%
無利息期間最大180日間
遅延損害金(実質年率)20.0%
貸付限度額500万円
審査時間最短15秒
借り換え・おまとめ専用ローンアルサ de おまとめ
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利6.0~17.5%
Web完結・来店なし可能
レイクALSAのサービス詳細はコチラ
貸付対象者 20〜70歳で安定収入がある
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (利用限度額50万円・他社借入総額が100万円を超える場合)
借入方法
  • 振込(インターネット・フリーダイヤル)
  • 新生銀行カードローンATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
返済方法
  • 新生銀行カードローンATM
  • コンビニATM
  • 提携先ATM
  • 銀行振込
  • 口座引き落とし
返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式
担保・保証人 不要

【中央労働金庫(ろうきん)】金利が低い

中央労働金庫(ろうきん)では、カードローン「マイプラン」を提供しています。
ろうきんを選ぶ最大のメリットは、金利の負担を大幅に軽減できる点です。

上限金利が8.475%と、消費者金融に比べ10%ほど低い金利で借り換えできます。

ただし貸付対象者が限定されており、審査も厳しい傾向にあるので注意しましょう。
条件を満たしており審査通過の自信がある方は、労金での借り換えを検討してください。

金利(実質年率)3.875~8.475%
無利息期間なし
遅延損害金(実質年率)要問合せ
貸付限度額500万円
審査時間要問合せ
借り換え・おまとめ専用ローンなし
借り換え・おまとめ専用ローン適用金利
来店なし可能
中央労働金庫のサービス詳細はコチラ
貸付対象者
  • 中央労働金庫に出資している団体会員の構成員、
    生協会員の組合員、同一生計家族、一般勤労者
  • 18〜64歳の安定継続収入が年収150万円以上ある
  • 同一勤務先に1年以上勤務している
    (自営業等は原則3年以上)
必要書類
  • 申込書
  • 契約書
  • その他必要書類
借入方法
  • ろうきんATM
  • コンビニATM
  • 提携先ATM
返済方法
  • インターネットバンキング
  • ろうきんATM
  • コンビニATM
  • 提携先ATM
  • 口座引き落とし
返済方式
  • 残高スライド方式
  • 定額方式
担保・保証人 不要

カードローンを借り換えするメリット

カードローンを借り換えるメリットとしては、以下の4つが挙げられます。

  • 金利が低くなる
  • 毎月の返済負担を軽減できる
  • 利用限度額が増える可能性がある
  • 使いやすい機関に乗り換えできる

中でも最大のメリットは、金利を下げられることです。
返済期間が同じでも金利が低ければ、毎月の返済額を抑えられます。

また借り換え時の審査結果によっては、利用限度額を増やせる可能性も。

現在の金融機関が使いにくいと感じる方は、より利便性の高い金融機関へ乗り換えましょう。

カードローンを借り換えするデメリット

カードローンを借り換えるデメリットとして、以下の2つが挙げられます。

  • 返済総額が増える場合もある
  • 審査を受ける必要がある

借り換える上で最も注意すべきは、金利が下がっても返済総額が減るとは限らない点です。
返済期間を長くすると、総額の利息負担が増えるケースも少なくありません。

また借り換えの際に行われる審査は、新規申込みよりも厳しくなる傾向にあります。

慎重さが増すため時間がかかる他、在籍確認や書類提出などの労力が発生する点はデメリットと言えるでしょう。

カードローンの借り換えがおすすめな人・不向きな人

以下では、カードローンの借り換えがおすすめな人と不向きな人の特徴をまとめました。

おすすめ不向き
・現在の借入金利が高い
・毎月の返済額が高額で負担が大きい
・現在の金融機関の利便性に不満がある
・現在の借入金利が低い
・借入金額が少ない
・過去に金融事故を起こしている(長期延滞など)

利用中であるカードローンの金利が高い・毎月の返済負担が大きい方はおすすめです。
また利便性に不満を感じている方も、他社への乗り換えを検討してもいいでしょう。

しかしすでに金利が低い・借入額が少ない場合は、手間を考慮するとおすすめできません。

また金融事故の過去がある際は、審査に通らない可能性が高いので注意してください。

カードローンの借り換え審査は甘い?厳しい?

カードローンの借り換え審査は、新規申込時よりも厳しい傾向にあります。

他社から融資金を借りている状態のため、高い返済能力や信用が求められるでしょう。

審査では主に過去の返済実績を確認されるので、まずは現在の借り入れを期日通りに返済してください。

カードローンの借り換え審査に通りやすくなるコツ

以下では、カードローンの借り換え審査に通りやすくなるポイントをまとめました。

信用情報の傷や返済実績は一朝一夕ではできないので、日々気をつける必要があります。

できるだけ審査に落ちないよう、事前に確認しておきましょう。

借り換え用のローンがある会社を選ぶ

専用ローンがある金融機関なら、ある程度借り換えに対して積極的であると言えます。

以下に借り換え用のローンがある金融機関をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

名称金利
(実質年率)
貸付限度額借り換え専用ローン借り換え専用の適用金利
auじぶん銀行1.48~17.5%800万円借り換えコース通常の金利より
年0.5%金利優遇
アコム3.0~18.0%800万円借換え専用ローン7.7%~18.0%
アイフル3.0~18.0%800万円かりかえMAX
おまとめMAX
3.0~17.5%
プロミス4.5~17.8%500万円おまとめローン6.3~17.8%
レイクALSA4.5〜18.0%500万円アルサ de おまとめ6.0~17.5%

専用ローンがある機関は審査や手続きに慣れており、借り換えに対しての理解もあります。

他社借入があるのは当然のため、審査の際も十分配慮してくれるでしょう。

ローン残高以上の限度額の業者を選ぶ

借り換えするなら、ローン残高以上の貸付限度額を設定している金融機関を選びましょう。

金融機関ごとの貸付限度額を以下の表にまとめたので、事前に確認してください。

みずほ銀行800万円
三菱UFJ銀行500万円
三井住友銀行800万円
auじぶん銀行800万円
楽天銀行800万円
アコム800万円
アイフル800万円
プロミス500万円
レイクALSA500万円
中央労働金庫(ろうきん)500万円

借り換え目的でカードローンを利用する方は高額の場合が多いので、各社の貸付限度額を意識しておきましょう。

なお貸付限度額まで借りるには、高い返済能力や信用が求められるので注意してください。

信用情報に傷をつけない

長期間の返済遅滞や自己破産など金融事故の履歴があると、審査に通りにくくなります。

金融機関の審査では、いずれかの信用情報機関に申込者の信用情報を照会するためです。

 信用情報に傷をつけないよう、日々のカードローン利用時から注意しておきましょう。

返済実績をつくっておく

審査を有利に進めるには、期日通りに返済するという実績をつくっておきましょう。

前述した信用情報には「期日内に返済した」など、審査に有利な情報も記録されます。

光熱水道費や携帯電話のように毎月発生する費用をクレジットカードで支払えば、安定した利用実績・返済実績をつくれるでしょう。

日々の支払状況が実績をつくるのだという意識のもと、期日通りに返済してください。

カードローン借り換え200万の返済シミュレーション

「消費者金融」「銀行」「ろうきん」でどのくらい差があるのか、以下確認してみましょう。

※200万円を借り換えて5年(60回払い)で返済した場合

借換先
金融機関名
金利毎月の
返済金額
返済合計
元金
返済合計
利息
総返済額
(消費者金融)
アコム
カードローン
15.0%47,579円2,000,000円854,770円2,854,770円
(銀行)
三井住友銀行カードローン
12.0%44,488円2,000,000円669,310円2,669,310円
(ろうきん)
中央労働金庫
カードローン
「マイプラン」
5.275%
(変動金利)2021.12月現在
37,994円2,000,000円279,677円2,279,677円

※実際の借入時の返済額と多少異なる場合があります。
※審査の状況によっては金利が下がる可能性もあります。

同じ200万円でも、金利によって最終的に支払う金額には60万円近くの差があります。

借入金利が高いと感じる方は、積極的に借り換えを利用して利息負担を抑えましょう。

カードローンの借り換えを賢く利用して利息負担を抑えよう

カードローンの借り換えは、上手に利用すれば金利を下げて利息の負担を抑えられます。

利息を抑えた分元金の返済にあてられるので、返済期間短く借金を減らせるでしょう。

借り換え審査は甘いものではありませんが、適用金利が高いと感じるならぜひ活用してみてください。

【関連:お金を借りるおすすめの方法!即日・審査なしでの借入方法を詳しく解説

Contents
閉じる