MENU

【2023年最新版】ソラチカカードはどのポイントサイトから発行するのが最もお得?

ポイントサイトは、隙間時間を活用して手軽にお小遣いを稼げる点が魅力です。ポイントサイトのなかにはソラチカカードの申し込みと発行で、数千ポイント付与されることもあります。

しかしソラチカカードは、どのポイントサイトでも取り扱いがあるわけではありません。ソラチカカードをポイントサイト経由で発行する方法や、おすすめのポイントサイトを紹介します。

またソラチカカードの概要もあわせて紹介するため、どのクレジットカードに申し込みをするか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ソラチカカードをポイントサイト経由で最もお得に発行するためには

ソラチカカードは申し込みをする際にポイントサイトを経由すると、ソラチカカードの入会特典とポイントサイトからのポイント付与で二重取りができるためお得です。

ソラチカカードの公式サイトから申し込み手続きをするよりもお得なため、ソラチカカードの広告を取り扱うポイントサイトを活用しましょう。

現在ポイントサイトにソラチカカードの記載はない

現在、ソラチカカードの広告を取り扱うポイントサイトはありません。ポイントサイトを経由してソラチカカードに申し込みはできず、ソラチカカードの公式サイトから直接申し込みをする必要があります。

ポイントサイト一覧

過去にソラチカカードの広告を取り扱っていたポイントサイトは次のとおりです。

スクロールできます
ポイントサイト名獲得ポイント現金換算額
ポイントインカム××
××
××
××
Getmoney××

今後、ソラチカカードの申し込みキャンペーンをおこなう可能性はあるため、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

どのようなキャンペーンのときに発行すべき?

ソラチカカードは、各ポイントサイトでキャンペーンを開催しているタイミングで申し込みましょう。過去に大手ポイントサイトでおこなわれていたキャンペーンと、最高獲得ポイントは次のとおりです。

スクロールできます
ポイントサイト名最高獲得ポイント
ポイントインカム3,000円分
5,200円分
4,500 円分
4,000円分
Getmoney6,000円分
ニフティポイントクラブ3,000円分
※価格はすべて税込みです。

Getmoneyでは6,000円分のポイントが付与されており、お得にソラチカカードを発行できました。ポイントインカムとニフティポイントクラブは3,000円分のポイント付与であり、Getmoneyがお得なことがわかります。

ポイントサイトでは、期間限定でポイントアップキャンペーンを実施する場合があります。たとえば通常は3,000円分のポイント付与でも、期間限定で6,000円分にアップするなどです。

キャンペーンを実施している場合、各ポイントサイトを開いたりログインしたりなどのアクションでポップアップが表示されるため、見逃さずに活用しましょう。

すぐにソラチカカードが必要な場合を除き、ポイントサイトで広告の取り扱いが再開されたタイミングや、ポイントアップキャンペーン中の申し込み、発行がおすすめです。

ソラチカカードの基本情報

ソラチカカードへの申し込み前や、ほかのクレジットカードと比較するために、基本情報を事前に確認しましょう。入会条件や年会費、支払い方法などを紹介します。

スクロールできます
正式名称ANA To Me CARD PASMO JCB
年会費初年度無料翌年度以降2,200円
申し込み条件18歳以上、高校生を除く18歳以上の学生
国際ブランドJCB
基本還元率0.5%
利用可能枠20万円~100万円程度
支払い日翌月10日
支払い方法1回払い2回払い分割払いボーナス一括払いリボ払い
補償内容死亡、後遺補償(海外):最高1,000万円
国内航空傷害補償(国内):最高1,000万円
救援者費用(海外):最高100万円
※価格はすべて税込みです。

ソラチカカードの利用限度額は20万円~100万円程度と幅があり、申し込み内容によって異なります。ソラチカカードの利用限度額は、申し込み者の年収や職業、過去に支払い延滞などがないのかを確認したうえで決定します。

ソラチカカードのみではなく、クレジットカードの利用限度額は法律で上限が定められています。

キャッシング枠の借り入れ総額は年収の3分の1を超えないことが条件で、ショッピング枠は支払い可能見込額の90%以内までです。

なおソラチカカードはJCBのみ選択でき、日本唯一の国際ブランドのためサービスも充実しています。JCBブランドを利用できる店舗は約3千5百万店であり、日本ではVISAとMastercardと並ぶ利便性の高さが特徴です。

JCBは利用金額に応じたOki Dokiポイントが付与され、他社のポイントやマイルのほか、商品に交換可能でソラチカカードの支払いにも充てられます。

またJCBオリジナルシリーズパートナーの店舗でソラチカカードを利用すれば、他店で利用するよりもお得にOki Dokiポイントを貯められる店が魅力です。

百貨店や通販サイト、ドラッグストア、コンビニ、ファストフード店やカフェなどがJCBオリジナルシリーズパートナーであり、日常生活で効率的にポイントを貯められるでしょう。

ソラチカカードの特徴

ソラチカカードは、年会費無料や3種類のポイントが貯まるなどの特徴があります。ソラチカカードの主な特徴と、サービス利用時に確認しておくべきことを紹介します。

年会費が実質無料

ソラチカカードは、初年度の年会費が無料です。2年目以降は2,200円(税込)の年会費がかかるものの、マイルのキャッシュバックによって実質無料になります。

ソラチカカードでは入会時ボーナスとして1,000マイルが付与され、2年目以降は更新ボーナスとして1,000マイルが付与されます。1マイルは4~5円相当であり、2年目以降も4,000~5,000円分のマイルが付与されることが特徴です。

キャッシュバックにより年会費は実質無料になるため、クレジットカードの使用頻度が低く、年会費を支払いたくない方にもおすすめです。

PASMOオートチャージ機能が付帯

PASMOオートチャージ機能は、残高が一定の金額以下のPASUMOで改札機を通ると、自動でチャージされる機能です。

PASMOの残高は1,000円~10,000円(税込)まで設定でき、設定した金額を下回ると1回につき1,000円~10,000円(税込)がオートチャージされます。

1,000円単位で金額を設定できるため、通勤や外出時の交通費、PASMOの使用頻度にあわせて選びましょう。

なおソラチカカードに申し込みをした段階では、PASMOの残高が2,000円(税込)以下で入場した際に、3,000円(税込)が自動でチャージされる設定です。

またPASMOオートチャージは1日10,000円(税込)まで、1か月につき50,000円(税込)までが上限です。登録しているソラチカカードを解約した場合、オートチャージ機能もなくなるため注意しましょう。

さらにPASMOのオートチャージ設定は有効期限があり、ソラチカカードの有効期限が切れるとオートチャージ機能もオフになります。

PASMOのオートチャージ設定は、インターネットから申し込みできるほか、東京メトロの一部駅の窓口でも申し込み可能です。

チャージについて(参照元:The Goal

3つのポイントが貯まる

ソラチカカードでメトロポイント、OkiDokiポイント、ANAマイルの3種類が貯まります。

メトロポイント

メトロポイントは、東京メトロで貯められるポイントで、定期券の購入やソラチカカードと提携している店舗やサービスでクレジットカード払いをすると貯まります。

さらに、メトロポイントプラスに申し込みをすると、メトロポイントプラスの提携先や、東京メトロに乗車した際にもポイントが貯まるためお得です。

東京メトロの定期券の支払いで1,000円(税込)につき5ポイント、電子マネーで対象の自動販売機を利用すると100円(税込)につき1ポイント、提携先で電子マネー決済をすると200円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。

東京メトロに乗車すると、平日が1回の乗車で5ポイント、休日が15ポイント貯まります。

ソラチカカードは、東京メトロの乗車頻度や提携先での決済回数が多いと効率的にメトロポイントが貯められるでしょう。通勤や外出時に東京メトロを利用する方には、大きなメリットです。

OkiDokiポイント

OkiDokiポイントは、JCBが提供しているポイント制度です。ソラチカカードでは毎月のカード決済額が1,000円(税込)ごとに1ポイントが貯まり、1ポイントは5円相当に換算されます。

OkiDokiポイントは、ソラチカカードを利用した支払いすべてが対象であり、公共料金の支払い、PASMOのオートチャージ、東京メトロで定期券を購入した際にはメトロポイントとも同時に付与される点が魅力です。

OkiDokiポイントは、メトロポイントやマイルに移行できるほか、オリジナルグッズと交換できます。

ANAマイル

ANAマイルは、ソラチカカードの入会ボーナスで5,000マイル、2年目以降継続ボーナスとして1,000マイルが貯まります。さらに、ANA航空の搭乗で10%のボーナスマイルが付与される点もメリットです。

また、ANA航空のチケットを購入すると100円(税込)につき1.5マイル相当がキャッシュバックされます。ソラチカカードは、ANAマイルを貯めやすいカードだといえます。

貯まったポイントをANAマイルへ移行できる

ソラチカカードで貯めたポイントは、ANAマイルへ移行可能です。ANAマイルの移行レートは0.5~1.0%で、クレジットカードでマイルを貯めたいと考えている方にもおすすめです。

移行レートについて(参照元:暮らしのぜんぶ

メトロポイント→ANAマイルへの移行レート

メトロポイントからANAマイルへ移行した場合は、100ポイントが90マイルに換算されます。ソラチカカード以外のクレジットカードで貯まったポイントをANAマイルへ移行した場合、還元率は約0.5%です。

また、ソラチカカードであれば、メトロポイントからANAマイルへ移行できるほか、直接ANAマイルを貯められる点もメリットです。

OkiDokiポイント→ANAマイルへの移行レート

OkiDokiポイントは、2種類の交換コースを選べることが特徴です。5マイルコースは1ポイントが5マイル、10マイルコースは1ポイントが10マイルに換算されます。

5マイルコースは無料ですが、10マイルコースを選ぶとマイルの移行手数料が年間5,500円(税込)発生するため注意しましょう。10マイルコースは年会費がかかるものの、多くのマイルを貯めたい場合にはおすすめです。

またソラチカカードの利用金額が毎月2万円以上の方は、マイルで年会費をカバーできます。なおボーナスポイントの場合はOkiDokiポイントが1ポイントにつき3マイルで、移行レートが若干下がる点も理解しておきましょう。

ソラチカゴールドカードはポイントサイト経由で発行するとお得

ソラチカゴールドカードは、多くのポイントサイトで広告を取り扱っています。そのためポイントサイト経由で申し込みと発行が完了すれば、ポイントとマイルを二重取りできてお得です。

ただしソラチカゴールドカードの初回発行のみポイントが付与されるため、どのポイントサイトを利用するのかが重要です。ソラチカゴールドカードの広告があるポイントサイトと、ポイントサイトごとの特徴もチェックしていきましょう。

ソラチカゴールドカードの記載があるポイントサイト一覧

ソラチカゴールドカードの記載があるポイントサイトと、獲得できるポイント数は次のとおりです。

スクロールできます
ポイントサイト名獲得ポイント現金換算額
ポイントインカム40,000ポイント4,000円分
4,000ポイント4,000円分
4,000ポイント4,500円分
8,000ポイント4,000円分
Getmoney35,000ポイント3,500円分
※価格はすべて税込です。

ポイントインカム

ポイントインカムは、ポイントのキャッシュバック率が高いことが特徴です。

ソラチカゴールドカードをはじめとしたクレジットカード特集もあり、保険付帯や年会費無料、ETC機能付きなど希望条件別で検索できます。VISA、JCB、MASTERなどの国際ブランドで絞り込みも可能です。

またクレジットカードの審査についてや、ソラチカゴールドカードの魅力などのコラムもあるため、初めてクレジットカードの申し込みをする方に役立つ情報も収集できます。

モッピー

出典:モッピー公式
おすすめポイント
  • 会員数1,000万人・運営歴15年以上で安心安全の日本最大手ポイントサイト
  • 1P=1円として50種類以上のポイント交換先へ交換・換金が可能
  • 豊富な案件が魅力で中には3,5000P(3,5000円相当)が一気にもらえるものも

moppyは、ソラチカゴールドカードをはじめクレジットカードを広告が多いことが特徴です。クレジットカード以外にもキャンペーンが実施されていることが多く、多くのポイントを一度で貯められることもあります。

クレジットカードの広告は、電子マネー対応や年会費永年無料などで検索できるため、ソラチカゴールドカード以外にもクレジットカードを比較したい方におすすめです。

さらにクレジットカード人気ランキングもチェックできて比較しやすいでしょう。

ハピタス

ハピタスについての説明画像
出典:ハピタス
おすすめポイント
  • 新規登録時に最大210ポイントを受け取れる
  • 現金や電子マネー・ギフト券など20以上の交換先に1P=1円として交換可能
  • 楽天やGU・Appleなど利用可能なサービスは3000以上

ハピタスは、ソラチカゴールドカードのほか、Yahoo!ショッピングや楽天市場などの通販サイトを利用した場合の還元率も高いことが魅力です。セキュリティ体制も整っており、交換手数料も無料で、ポイントサイト初心者でも安心でしょう。

ちょびリッチ

ちょびリッチの概要説明の画像
出典:ちょびリッチ
おすすめポイント
  • 友達紹介で最大1,600ポイント(8000円分相当)のポイントが貰える
  • ポイントから現金への交換手数料は無料・他社ポイントへはリアルタイム交換で安心
  • 利用すればするほどお得な「会員ランク制度」でお得にポイントを受け取れる

チョビリッチは、ソラチカゴールドカードの申し込みや、FX口座開設など高額な広告が多いことが特徴です。ほかのポイントサイトと比較して、還元率が高い案件広告を多く取り扱っています

チョビリッチは独自のランク制度があり、ランクが上がるとポイントの還元率も10%以上は上がります。ソラチカゴールドカードの申し込み以外にも、ポイントサイトを経由してお小遣いを稼ぎたい方におすすめです。

Getmoney

Getmoneyは20年以上の運営実績があり、信頼性が高いポイントサイトです。新規アカウント登録時のボーナスポイントのほか、毎日チャレンジできるゲームもあり、隙間時間でポイントを貯められます。

ポイントの交換手数料は無料で、スピーディに振り込まれることも魅力です。

ソラチカゴールドカードのメリット

ソラチカゴールドカードは、ソラチカカードと比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。ポイントサイト経由でお得に発行できるソラチカゴールドカードのメリット、特徴を紹介します。

メトロポイントがソラチカカードよりも多い

ソラチカゴールドカードは、ANAカード、PASMO、ゴールドカードのサービスが利用できるクレジットカードです。ソラチカカードは1,000円あたり10マイルが貯まり、通常の還元率は1%以上で、マイルを移行する際の手数料も無料です。

東京メトロの乗車は平日が1乗車につき20ポイント、土日祝日は40ポイント貯まります。ソラチカカードと同様に、定期券を購入する際にはメトロポイントとOkiDokiポイントの2種類が付与され、二重取りできるためお得です。

ANAマイルへの移行レートがソラチカカードよりも高い

ソラチカゴールドカードは、ANAマイルへの移行レートがソラチカカードと比較して高いことがメリットです。ソラチカカードは1ポイントが5マイルですが、ソラチカゴールドカードは1ポイントが10マイルへ移行できます。

通勤で貯まったメトロポイントは高いレートでマイルに移行できることから、電車で通勤する方、外出時に東京メトロの乗車頻度が高い方にとってメリットが大きいでしょう。

まとめ

ポイントサイトからソラチカカードに申し込みをすると、ポイントやマイルを二重取りできるためお得です。

ポイントサイト内でキャンペーンを利用する、ソラチカゴールドカードなどランクが高いクレジットカードであれば、よりお得にポイントを受け取れることもあります。

ポイントサイトでは現在ソラチカカードの広告掲載がないため、すぐにクレジットカードを発行したい場合にはソラチカゴールドカードがおすすめです。

ソラチカゴールドカードを使用できない方は、ソラチカカードの広告掲載を待つか、ほかのクレジットカードの発行を検討しましょう。

※本記事の情報は2023年2月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

〈参考〉
To Me CARD
暮らしのぜんぶ

↓海外旅行中のカジノ情報はこちらをチェック↓

らぶかじ

SOS PARTY BOOK

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます

目次