広大な土地を有効活用するには?200坪の土地で行うべき土地活用3選

200坪の土地活用

もしあなたが200坪の土地を活用したいと検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 200坪もある土地のベストな活用方法を知りたい
  • 広い土地に合った土地活用を知りたい

そこで今回の記事では、200坪の土地を活用するなら、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.200坪の土地で行うべき3つの土地活用方法

200坪の土地で行うべき土地活用方法は以下の通りです。

200坪の土地で行うべき土地活用方法

  1. 駐車場経営
  2. マンション経営
  3. 老人ホーム経営

①駐車場経営

駐車場は「アパート経営」や「マンション経営」と並ぶ典型的な土地活用方法です。

200坪の土地で行う場合は、50〜60台駐車できる広大な駐車場になるでしょう。

駐車場には2種類あり、「月額駐車場」と「コインパーキング」のどちらかを選択する必要があります。

駅、学校などの「一時的に駐車したい場所」が近くにある場合は、「コインパーキング」を選択して後悔はありません。

しかし、200坪もの土地があるのですから、月極駐車場を選択しておくのがベターだと言えます。

コインパーキングは専用の機材を買い取る必要がありますし、工事の規模もそれなりのものになるので相当の出費を強いられます。

コンクリートの舗装だけにすむ月極駐車場とは、出費の金額が比べモノにならないでしょう。

200坪の土地は50〜60台駐車できるため、1台につき1万円の低価格にしても全て埋まれば毎月50〜60万円の収益が手に入ります。

ただし広大な駐車場になるので、なんらかのトラブルが発生する可能性もグッと高まりますので、敷地内に防犯カメラを設置したり、管理業者に依頼したりする必要も出てくるでしょう。

駐車場経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

②マンション経営

マンション経営は、所有地に賃貸マンションを建設し、一般の個人に部屋を賃貸することで、毎月の賃料収入を実現する土地活用です。

広さが不十分な土地があるため、マンション管理を断念する人は多いですが、200坪もの広大な土地であれば、マンション経営が十分に可能になるでしょう。

ただし、入居者を集めるために必要不可欠な駐車場を、平面部分に用意するのは難しいので要注意です。

足りない数の駐車場は立体にしたり、場合によっては低層階を駐車スペースとして活用したりする必要があるでしょう。

平面部分以外の駐車場は余分な費用になってしまいますが、仕方ないと割り切るしかありません。

もし200坪の土地でマンション経営を行うなら、初期投資として数億円から十億円以上が必要になるので、自己資金でまかなうのはほぼ不可能ですので、投資ローンを利用することになるでしょう。

投資ローンは大きなリスクを負うことになりますが、それに見合ったリターンを得ることができるはずです。

家賃相場は地域によってまったく違うので、肝心の利回りを明白には提示できませんが、10〜15%は期待できます。

また、マンション経営は「税金の節約」を受けることが可能なのも非常に魅力的な要素です。

マンションを建てることで、土地活用ではおなじみの「固定資産税税」「都市計画税」「相続税」を大幅に削減することができます。

気になる軽減率は、固定資産税は通常の6分の1、都市計画税は3分の1、相続税はおよそ4分の1となっています。

③老人ホーム経営

長い間、日本を悩ましている「高齢化問題」のせいで、老人ホームの需要は年々増加しています。

全国的にも既存の老人ホームの数では不十分であり、今後も過度の需要が続くことが予想されます。

もし今、土地活用として老人ホームを選択したのであれば、多くのユーザーを獲得できますし、なにより「社会貢献」することができます。

200坪もの広さがある土地であれば、十分に老人ホームを建設し運営することが可能です。

老人ホームにはいくつかの種類がありますが、もし200坪の土地で実行するなら全ての種類の老人ホームが実現可能です。

しかし、十分な駐車場を確保するために、建物規模が小さい「グループホーム」か「住宅型有料老人ホーム」をお勧めします。

認知症の高齢者を対象とした「グループホーム」は、頻繁なケアが必要であるため、利用ユーザー数は約10人に制限されるのが通例です。

200坪あれば、もう少し規模を大きくして20人程度が利用できる施設にしてもいいかもしれません。

基本的には、公募によってユーザーを募集するので、安定したユーザー数を保つことができます。

一方、「住宅型有料老人ホーム」は、日常生活で介護を必要とする人々のための老人ホームです。

200坪の土地であれば、豊富な駐車スペースを確保したうえで、約30〜40部屋を用意した施設規模になるでしょう。

住宅型有料老人ホームも公募によってユーザーを募りますので、利用者不足に悩まされることは少ないです。

2.土地活用は選択肢が多いからこそ複数社に相談

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

200坪の土地であれば、様々な土地活用方法を検討することができます。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「HOME4U土地活用」が便利です。

HOME4U土地活用」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

200坪ある土地を活用するために、知っておくべき知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

あなたが保有する200坪の土地では、何の土地がピッタリなのか理解いただけたと思います。

もしまだ200坪の土地をどうやって活用するか決めていないのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,767view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書