25種類もある土地活用!おすすめの活用方法と向いている土地を解説!

世の中には多くの土地活用があるため、おすすめを知りたい人もいらっしゃると思います。

ベストな土地活用は土地の利用規制や賃貸需要によって決まるため、「自分の土地にとっておすすめはどれか」という視点で土地活用を決めていきます。

自分の土地にとっておすすめの活用を考えるには、まずは多くの選択肢を知ることがコツです。

この記事では「おすすめの土地活用」について解説します。

25種類の土地活用を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

土地活用一覧比較表

25個の土地活用の収益性や建てやすさ、管理の容易性等を比較すると下表の通りです。

用途投資額の負担建てやすさ収益性管理の容易性退去されにくい賃料下落しにい相続対策合計
アパート354453529
賃貸マンション135454527
戸建て賃貸453533528
賃貸併用住宅342243422
ガレージハウス454544531
シェアハウス335245527
特区民泊314155322
マンスリーマンション135254323
老人ホーム133432521
サービス付き高齢者住宅143443524
デイサービス453443528
保育園444555532
コンビニ445512526
ロードサイド型店舗115512520
貸店舗425512524
医療モール233454526
オフィスビル135343524
ビジネスホテル135544527
トランクルーム332343321
コインランドリー343154323
コワーキングスペース・シェアオフィス354144324
貸し会議室354144324
時間貸し駐車場551452123
カーシェアスペース・キッチンカースペース551451122
事業用定期借地512555225

1.アパート

アパートは建築規制が厳しくなく、ほとんどの場所で建てることができます。

建物規模も大きくないため、投資額は比較的少なく、取組みやすい土地活用です。

ハウスメーカーもたくさんあり、建築費も比較しやすく、コストも抑えやすいという特徴があります。

賃貸需要も幅広く存在し、全国の広いエリアでできる活用方法です。

アパートが向いている土地

  • 駅から徒歩10分圏内の土地。敷地は60坪以上あることが望ましい

2.賃貸マンション

賃貸マンションは、駅から近く、高層建物が建築可能な土地であればできる土地活用です。

アパートよりも供給量は少なく、また、建物も頑丈であることから、築年数が経っても賃料が下がりにくい傾向にあります。

特に、賃貸需要が高い単身者向けのワンルームがおススメです。

賃貸マンションが向いている土地

  • 駅から徒歩5分圏内で100坪以上あるような土地

3.戸建て賃貸

戸建て賃貸とは、戸建てを一棟貸しする土地活用です。

アパートが建てられない狭い土地や地形の悪い土地でも戸建てが建てられれば活用することができます。

アパートよりも投資効率が劣りますが、その分、供給量も少なく、競合が発生しにくいことから安定した賃貸経営をすることが可能です。

戸建て賃貸が向いている土地

  • 学童保育がある小学校の近くなどの土地が望ましい

4.賃貸併用住宅

賃貸併用住宅とは、自宅とアパートを一体化した住宅のことです。

自宅部分を建物全体で50%以上とすると住宅ローンを使って建物を建てることができます。

また、自主管理もできるため、収益力を上げることも可能です。

賃貸併用住宅が向いている土地

  • 駅から徒歩10分圏内の土地で、80坪以上あると建てやすい

5.ガレージハウス

ガレージハウスとは、車庫と住居が一体となった賃貸住宅のことです。

ビルトインガレージと呼ばれる戸建形式のものが一般的で、高級車等の愛好家に需要があります。

車で移動することを前提とするため、駅から離れた立地でも賃貸需要があります。

また、ガレージという付加価値があるため、賃料も高めに設定することが可能です。

ガレージハウス向いている土地

  • 駅から離れていても需要があり、インターチェンジに近い土地なども可能。戸建住宅が建てられる敷地面積があれば建てられる。

6.シェアハウス

シェアハウスは、キッチンやバス、トイレ等を共同で利用するタイプの賃貸住宅のことです。

シェアハウスによるライフスタイルは、若い世代の間でかなり一般化してきました。

共同生活を楽しみたいというニーズがあり、都内だけではなく全国でも見られるようになっています。

シェアハウスが向いている土地

  • 100坪以上ある土地。賃貸マンションのような利便性の高い土地が望ましい

7.特区民泊

特区民泊とは、365日民泊を営業できる特区内で行う民泊のことです。

特区以外では民泊の営業日数は年間180日以内ですが、特区では365日営業することができます。

東京都大田区や大阪府、北九州市、千葉市等の一部の自治体が特区に指定されています。

特区内であれば、一般の住宅でホテルのような事業を行うことが可能です。

特区民泊が向いている土地

  • 民泊が365日営業できる特区に指定されているエリア

8.マンスリーマンション

マンスリーマンションとは、月単位でマンションを貸し出す土地活用です。

東京や大阪、名古屋等のような長期出張ニーズがある大都市であれば需要があります。

建築する建物は通常のマンションと同じですが、ベッドやテレビ等の家具は備え付けておくことが必要です。

マンスリーマンションが向いている土地

  • 出張ニーズがある大都市。100坪以上あることが望ましい

9.老人ホーム

老人ホームを運営する介護事業者への一棟貸しをする土地活用です。

老人ホームは、駅から離れている土地でも、バス停から徒歩5分圏内の土地であれば賃貸需要があります。

退去リスクは低いものの、国の介護報酬の引き下げ等によって賃料が下落するようなこともあります。

老人ホームが向いている土地

  • バス停から徒歩5分圏内で300坪以上の土地。地方でも可能

10.サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅(サ高住)とは、安否確認や生活相談の福祉サービスを提供する高齢者のための住宅のことであり、介護事業者へ一棟貸しする土地活用です。

駅から離れているような土地でも需要があり、賃貸経営ができます。

サービス付き高齢者住宅が向いている土地

  • 300坪以上あるような土地。立地は多少悪くても可能

土地活用をする際には一つ鉄則があります。それは土地活用の無料一括資料請求をすることです。

無料一括資料請求に申し込むと、無料で複数社があなたの土地に最適な活用プランを作成してくれます。あなたはそれらを比較検討できるので、失敗のリスクが非常に低くなります。

土地活用の比較サイトのなかでも筆者は「 HOME4U土地活用 」をオススメします。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

11.デイサービス

デイサービスとは、通所介護施設のことです。

介護事業者への一棟貸しになります。

建物規模としては、ほぼ戸建てと同等であり、住宅地の中でも賃貸ニーズがあります。

デイサービスが向いている土地

  • 住宅街の中の土地。一般的な戸建てが建てられる程度の広さがあれば可能

12.保育園

保育園は、保育園事業者に一棟貸しを行う土地活用です。

認可保育園とする場合、認可が取れるエリア(保育園が不足していると行政が認識している地域)であれば、建てることができます。

退去リスクが低く、安定的な収益を得ることができます。

都内では住宅よりも賃料単価が安くなる傾向がありますが、郊外では逆転し住宅よりも賃料単価が高くなるエリアも出てきます。

保育園が向いている土地

  • 認可保育園の認可が下りる土地。一棟貸しの場合、70~80坪以上あると望ましい

13.コンビニ

コンビニへの一棟貸しの土地活用です。

賃料が高く、建築費も比較的安いため、投資効率の高い活用方法となります。

地方でも可能な商業系の活用である点が特徴です。

ただし、トラック等が十分に駐車できる広さが必要であり、最低でも300坪以上は必要となります。

コンビニが向いている土地

  • 300坪以上の広い土地。地方でも出店の可能性はある

14.ロードサイド型店舗

郊外型店舗が建てられる立地であれば、ロードサイド型店舗の土地活用が可能です。

ファミリーレストラン、ドラッグストア、ベビー用品店、ホームセンター等に一棟貸しを行います。

ロードサイド型店舗が向いている土地

  • 幹線道路沿いの土地。敷地の面積としては3,000坪以上あるような土地が望ましい

15.貸店舗

狭い土地でも立地が良ければ貸店舗も可能です。

店舗の中には、「取り次ぎだけ行うクリーニング店」や「コーヒー豆だけを販売する喫茶店」、「おにぎり専門店」、「タピオカ販売店」等の小さな区画でも営業できる業種があります。

このような業種が出店するようなエリアであれば、店舗として貸す土地活用を行うことができます。

貸店舗が向いている土地

  • 大型商業施設の近くの土地。駅から大型商業施設の間、または大型商業施設と大型商業施設の間等、人が多く行きかう動線上の立地が望ましい

16.医療モール

医療モールとは、診療所や歯医者、調剤薬局付きドラッグストア等を専門に入居させる医療系ビルの土地活用のことです。

退去リスクが低く、長期間に渡り安定した賃貸経営ができるメリットがあります。

診療所や歯医者等は郊外でも賃貸ニーズがあるため、地方都市の駅前などでもできる活用方法です。

また、昨今では食品スーパーの近くにも医療モールが建てられるケースが増えています。

医療モールが向いている土地

  • 駅や食品スーパーの近く等、人が多く集まる場所の近くで可能。地方都市でも賃貸需要がある

17.オフィスビル

オフィスビルとは、賃貸オフィスビルの土地活用のことを指します。

オフィスは東京を除き、全国的に賃貸需要が弱まっているため、よほど良い土地でない限りできない土地活用です。

個人で行う場合は、駅前の土地で塾や弁護士事務所等をターゲットとした小規模なオフィスビルが考えられます。

オフィスビルが向いている土地

  • ターミナル駅至近の土地。土地の広さは500坪以上が望ましい

18.ビジネスホテル

ビジネスホテルとは、ビジネスホテル事業者に一棟貸しをする土地活用のことです。

東京や京都だけでなく、新幹線の停車駅近くであれば全国で賃貸需要があります。

200室以上確保できないとホテル事業者の投資採算性に合わないため、敷地としては一般的に300坪以上の面積が必要です。

オフィスビルよりは収益性は低いですが、ワンルームマンションよりも収益性が高い傾向にあります。

ビジネスホテルが向いている土地

  • 出張需要がある土地。特に東京や京都は需要が高い。建物は200室以上確保できる規模が必要

19.トランクルーム

トランクルームとは、コンテナハウスと呼ばれる建物を建築して、倉庫として貸し出す土地活用です。

トランクルーム運営事業者に全体を貸し出す「一括借り上げ方式」と、自営で行い管理だけをトランクルーム運営事業者に委託する管理委託方式があります。

立地の重要性が低く、駅から10分以上離れたような土地でも行うことができます。

また、敷地面積も30坪程度あれば可能です。

トランクルームが向いている土地

  • 近隣にマンションやオフィスビルがあるような土地。敷地が狭く、アパートやマンションに不向きな土地でもできる

20.コインランドリー

コインランドリーは店舗内に大型の洗濯機や乾燥機を設置して利用料を得るタイプの土地活用です。

無人で行うことができるため、自営でも可能な活用方法となります。

コインランドリーの標準的な店舗の広さは20坪前後のものが多いですが、10坪くらいからでもできます。

共働き世帯の主婦がメインターゲットとなり、週末に大量の洗濯物を持ち込むため、駐車場があった方が良いです。

コインランドリーが向いている土地

  • 食品スーパーの近くの土地。敷地面積としては60坪以上あると駐車場が確保できる。視認性が良く、駐車が簡単にできる土地が望ましい

土地活用をする際には一つ鉄則があります。それは土地活用の無料一括資料請求をすることです。

無料一括資料請求に申し込むと、無料で複数社があなたの土地に最適な活用プランを作成してくれます。あなたはそれらを比較検討できるので、失敗のリスクが非常に低くなります。

土地活用の比較サイトのなかでも筆者は「 HOME4U土地活用 」をオススメします。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

21.コワーキングスペース・シェアオフィス

コワーキングスペースとは、主に個人や創業者を対象に働く空間を貸し出すタイプの土地活用です。

シェアオフィスも同様に個人や創業者を対象に仕事場を貸す土地活用となります。

コワーキングスペースは広い大部屋をフリースペースで貸し出すイメージが多いのに対し、シェアオフィスは個別のブースに小割りした空間を貸し出すイメージが多いです。

コワーキングスペースもシェアオフィスも、いずれも会員を集め、月額の利用会費を収入とします。

昨今はリモートワークの普及によりコワーキングスペースやシェアオフィスの利用ニーズが増えています。

自宅に仕事部屋がない人が利用するケースが多いため、郊外の住宅街の近くでもニーズがあります。

コワーキングスペース・シェアオフィスが向いている土地

  • 30~40坪程度の土地。都市部のオフィス街の方がニーズは高いが、郊外の住宅街の周辺でも利用ニーズが増えてきている

22.貸し会議室

貸し会議室とは、時間単位でオフィス空間を貸し出す土地活用です。

セミナーや打ち合わせ、催事、パーティー会場等のニーズがあります。

利用者からは1時間当たりの使用料を徴収します。

自営で行うこともできますが、レンタルスペース事業者に貸し出すことも可能です。

貸し会議室が向いている土地

  • オフィス街にある立地、ターミナル駅から徒歩5分圏内の利便性の高い場所

23.時間貸し駐車場

時間貸し駐車場は、時間単位で駐車スペースを貸し出す土地活用です。

駐車場運営会社に土地から貸し出す形式であれば、アスファルト舗装も不要であり、初期費用をゼロ円で始めることもできます。

また、駐車場運営会社に管理を委託し、自営で時間貸し駐車場を運営することも可能です。

自営で運営する場合、アスファルト舗装や精算機等を購入するため、相応の初期投資が発生しますが、収益性も高くなります

時間貸し駐車場が向いている土地

  • 駅や商業施設、観光施設等の多くの人が集まる場所に近い土地。1台からでも可能

24.カーシェアスペース・キッチンカースペース

カーシェアスペースとは、カーシェア用の車のステーションとして貸し出す土地活用です。

1台の駐車スペースからでもできる土地活用となります。

キッチンカースペースとは、弁当の移動販売車に貸し出す土地活用です。

ランチ難民が発生するような都市部のオフィス街でニーズがあり、1台の駐車スペースがあればできる土地活用となっています。

カーシェアスペース・キッチンカースペースが向いている土地

  • カーシェアスペース:自宅のカーポートでも可
  • キッチンカースペース:オフィス街にある空地

25.事業用定期借地

事業用定期借地とは、事業用途の建物所有を目的とした人に土地を貸し出す借地のことです。

定期借地権の一種であり、期限が到来したら確実に土地を取り戻すことができます。

借地事業ですので、土地所有者に建物投資は一切不要です。事業用定期借地の借地期間は、法律で10年以上50年未満と定められています。

借地期間終了の期限が到来したら、建物は取り壊され更地の状態で返還されます。

事業用定期借地では、相当地代と呼ばれる地代収入を得ます。相当地代は一般的に相続税路線価で求めた更地価格の6%程度が年間地代です。

土地所有者は建物所有者ではないため、ランニングコストは土地の固定資産税及び都市計画税のみとなります。

事業用定期借地が向いている土地

  • 駅前一等地の広い土地やロードサイド型店舗に向いている土地等の商業立地で、300坪~3,000坪のような土地が向いている

土地活用をする際には一つ鉄則があります。それは土地活用の無料一括資料請求をすることです。

無料一括資料請求に申し込むと、無料で複数社があなたの土地に最適な活用プランを作成してくれます。あなたはそれらを比較検討できるので、失敗のリスクが非常に低くなります。

土地活用の比較サイトのなかでも筆者は「 HOME4U土地活用 」をオススメします。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

まとめ

以上、おすすめの土地活用について解説してきました。おすすめの土地活用は、その土地の特性によって自ずと決まってきます。

無料一括資料請求を使って、自分の土地にあった活用方法を見つけてみてください。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書