専門家が分類別に選んだ!不動産査定サイトのオススメはこれ!

専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。

不動産査定は、不動産売却の第一歩です。

色々調べていると、不動産査定が行えるサイトはたくさんあることに気づく方もいるのではないでしょうか。

主なサイトと分類をまとめてみました。

不動産査定サイトの種類と主なサイト

不動産査定サイトの種類と主なサイト

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
三井不動産、住友不動産のように大手不動産会社の運営している査定サイトもあるんですね。大手だから安心な気がします!
もちろん単体で信頼できるのは間違いない。ただ不動産査定では「複数の査定結果を比較して、相場を正しく知る」ことが大切なんじゃ。
フクロウ先生
フクロウ先生
だからこのサイトでは一番オススメな「一括査定サイト」と、匿名で査定依頼ができる「簡易的な査定サイト」を紹介しているぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 不動産査定サイトがどんな種類があるの?違いは?
  • 私にピッタリの不動産査定サイトはどれなのか?
  • オススメの不動産査定サイトは結局どれ?

今回の記事では、初めての方でも不動産査定サイトが選べるように、なるべく分かりやすい言葉を使ってお伝えします。

この記事を読めば、不動産査定のことが手に取るように理解できることをお約束します。

本記事のポイントまとめ

オススメの不動産査定サイトをピックアップ

    1. 興味本位・匿名で家の価値を調べたい場合:個人情報が不要で調べられる不動産匿名査定サイト「HowMA」がオススメ(マンションに限る)
    2. 売却検討中の場合:地域によって複数の不動産一括査定サイト・不動産会社による査定サイトを使い分けるのがオススメ 

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.不動産査定サイトには3種類ある

不動産査定サイトには大きく下記3種類に分かれます。

  1. 不動産会社の査定サイト:住所や電話番号を提供し、不動産会社による査定を行うサイト
  2. 不動産一括査定サイト:複数の不動産会社に一度に査定依頼をするサイト
  3. 不動産匿名査定サイト:個人情報不要で相場を調べる匿名サイト
不動産査定サイトの種類と主なサイト

不動産査定サイトの種類と主なサイト

それぞれの使い分けをカンタンに説明していきます。

興味本位・匿名で家の価格が知りたい人は「不動産匿名査定サイト」

匿名の不動産査定サイトは、興味本位で「自分の家ってどれぐらいなんだろう」って調べる人が使うサイトです。

親や友人と話していて、「今の家2,000万円ぐらいみたい!」など、全く売る気がない人は使うといいでしょう。

下記3つが匿名査定サイトとしては有名どころ。

  • HomMA:ビッグデータを用いてAI(人工知能)で査定。一戸建ては使い物にならないが、マンションではそこそこの精度。
  • HOME'Sプライスマップ:マンションのみ対応。価格は残念ながら○○万円~○○万円という形の幅で算出。査定額は相場よりも高い傾向。
  • IESHiL:首都圏のマンションのみ対応。β版となっており、登録数が少なく、査定できないマンションも多数あります。

ただし、匿名の不動産査定サイトの相場精度はぶっちゃけイマイチと思っておきましょう。

不動産は株価のように上下があり、また1つ1つ異なります。

なかなか簡易的に概算価格(相場)を出すのが難しく、相場を算出してもあまり意味がない結果が出てくることが多いです。

そんな中で、筆者がオススメするのは、「HowMA」です。

前述のとおり、匿名査定サイトは精度が低くなってしまうなかで、マンションの査定では高い精度を誇っています。

逆にそんな「HowMA」でも戸建ての査定精度は低く、戸建ての査定ではオススメできません。

HowMA」については、最後の「匿名査定サイト「HowMA」を使った査定結果はこちら」の章で解説しております。

既に特定の不動産会社に決めている人は、「不動産会社による査定サイト」

既に特定の不動産会社に売却の仲介を依頼すると決めている方は、不動産会社の査定サイトを使いましょう。

例えば、大手不動産会社の「三井のリハウス」では、下記の画像のようなページで売却したい不動産情報を入力し、無料の査定依頼ができます。

三井のリハウスの査定依頼ページ例

入力する所在地の情報によって担当となる店舗が変わります。例えば、東京都世田谷区三宿に住んでいる場合、「三井のリハウス 三軒茶屋センター」が担当店舗となります。

三井のリハウスの担当店舗例

三井のリハウスのような大手不動産会社は全国に店舗があるため、家の近くにある不動産会社に依頼したい方にとっては便利です。

「三井のリハウス」のサービスの特徴や口コミ・評判については以下の記事で詳しく解説しています。

三井のリハウスの評判・口コミは?デメリットや弱みはないの?
三井のリハウスの評判・口コミ・強みは?デメリットや弱みはないの?

「三井不動産」の名前を知らない人は、ほとんどいないと思います。 「三井のリハウス」でおなじみの不動産仲介や、「三井のリパ ...

続きを見る

家の価値を知りたい・不動産売却の検討しているなら「不動産一括査定サイト」

不動産売却を検討しているなら「不動産一括査定サイト」がオススメです。

不動産一括査定サイトも結局は、不動産会社が査定を行いますが、“複数”の不動産会社に査定依頼をして、相場を把握することは理にかなっているのです。

また「 すまいValue 」の不動産一括査定サイトを使えば、先ほど紹介した三井のリハウス、小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル等の大手不動産会社にまとめて査定依頼ができるので、大手にまとめて査定依頼したい方は特にオススメです。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

査定額は、不動産会社の人が過去の取引事例や市況などを加味しながら算出します。

もちろん無料で査定をしてくれます。

また、各サイトは机上査定が選べるので、しつこい営業等は一切なく気軽に利用可能です。

机上査定とは、不動産業者があなたの家を見ずに価格を算出する簡易的な査定

実際に筆者は「 すまいValue 」を使って、東急リバブルよりメールで査定額をもらいました。

東急リバブルからのメール

家の近くにある不動産会社でも査定依頼はできますが、1社だけだとその査定価格が適正なのか判断しづらいです。

不動産一括査定サイトを使って、複数社の査定価格を比較することで、売却したい物件の適正価格を判断しやすくなります。

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
よ~し、早速不動産一括査定サイトを使っちゃおう!
ちょっと待て!不動産一括査定サイトを使う前にもう少し知っておいてほしいことがあるぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生

2.不動産一括査定サイトを使う前の3つの注意点

今では不動産一括査定サイトを使う人がかなり増えてきました。

不動産一括査定サイトを使う前に知っておきたい3つの注意点を解説します。

  1. 不動産会社が行う無料査定は営業の一環である
  2. 定価という概念がない
  3. 査定額=売却額ではない

注意点1.不動産会社が行う無料査定は営業の一環である

不動産会社で行う無料査定は、不動産会社にとっては営業の一環です。

不動産会社は無料査定をすることで、最終的には仲介契約を取るのが目的。

不動産一括査定をすると、少なからず営業の要素は含んでいると考えてください。

  • 家の価値を興味本位で知りたいという方は「不動産匿名査定サイト」
  • まずは価格のみ知りたい方は机上査定を選択して「不動産一括査定サイト」

を利用しましょう。

注意点2.不動産には定価という概念がない

不動産は、立地や築年数、設備条件、方位、道路付けなど、物件ごとに条件が異なります。

新築マンションのように一斉に売り出していないため、隣の部屋がいくらだから、この部屋はいくらで売れるという比較を行うことも難しいです。

建物の値段は経年とともに下落。また、土地の値段は景気の状況や周辺の開発状況により価格が上下します。

不動産はいつ売るかによっても価格が異なり、価格の決定には時間的要素も加わります。

自分の保有している不動産はいくらなのか分かりにくいため、査定を行う必要があるのです。

過去に査定をしたからといって、その値段で売れるとは限らないぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生

注意点3.査定額=売却額ではない

不動産売却は、車やブランド品のように会社そのものが買い取るわけではありません。

不動産売却における不動産会社の役割は、買主を見つけるあくまでも仲介役。

中には仲介契約を取りたいがために、売れもしない査定額を提示する不動産会社もあります。

これを防ぐためにも、1社だけの査定ではなく、複数社の査定額を比較するようにしましょう。

そして、複数社の査定額を比較するには、不動産一括査定サイトが大変便利というわけです。

もう少し不動産一括査定サイトを見ていきましょう。

3.不動産一括査定のメリットとオススメサイト

不動産査定サイトの中でも、筆者がオススメしている不動産一括査定について説明します。

不動産一括査定サイトのメリット

不動産一括査定サイトを使うことで、一度に複数の会社から査定を取得できるというメリットがあります。

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

上記の図では、売主は1回のオンライン申し込みで、3社の不動産(仲介)会社に依頼ができています。使う一括査定サイトや物件の種類によりますが、最大6-7社にまとめて査定依頼が可能です。

不動産のような定価があるようでないようなものには、複数社から査定額をもらうのは非常に有効な手段です。

「価格だけ知りたい」「値段によっては売却しない」等の不動産売却の検討段階でも、査定精度の高い不動産価値を知っておくことは、今後売却が必要になったタイミングで必ず役に立ちます。

今は不動産を売る人の当たり前になっているのが複数社の査定依頼、それが不動産一括査定なのです。

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30サイトはあります。

それぞれ細かい違いがあるものの、一度に複数社に査定依頼ができることには変わりません。

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
ではどのようにサイトを選べばいいんですか?
「参加業者数」「運営サイトの信頼性」「机上査定の可否」「参加業者の質」を基準にして選ぶといいぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生

不動産一括査定サイトを選ぶ4つの基準

  1. 参加業者数:比較できる不動産会社数が少ないと不動産一括査定を使っても1社しか出てこない事が起こりえます。
  2. 運営サイトの信頼:物件情報を預けることになるため、しっかりとした運営会社にお願いするべきです。
  3. 机上査定の可否:机上査定が選択できると、まずメールでザックリした査定が入手できます。
  4. 参加業者の質:悪質な不動産会社に依頼してしまうとトラブルに巻き込まれることもあります。
上の4つの基準を満たすサイトとして、下記のサイトがオススメだぞ!!
フクロウ先生
フクロウ先生

不動産一括査定サイトのオススメ3つ

  1. 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  2. NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  3. 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール
  4. ※番外:一括査定と合わせて使うことで効果を発揮する「 SRE不動産(※旧ソニー不動産)

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しています。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し細かいので、流し読みする程度でOKじゃぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
こう見ると、上4つがずば抜けているんですね!
正確にはセンチュリー21はフランチャイズ経営なので、「三井不動産」「住友不動産」「東急リバブル」の3強じゃよ!
フクロウ先生
フクロウ先生

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

大手・中堅や地域密着の不動産会社と多く提携している一括査定サイトとしては「 HOME4U 」と「 イエウール 」がオススメです。

今までの解説を整理すると、下記のような使い分けが良いでしょう。

所在地別地域毎のおすすめ

対象物件種別

おすすめポイント

物件所在地に応じたおすすめの使い方

不動産一括査定は、各社の特徴を活かして、複数社への査定依頼がおすすめです。

都心(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良)の場合

一括査定サイトの他にも、売主専門の不動産仲介会社SRE不動産への相談がおすすめ

県庁所在地など比較的人口が多い都市の場合

すまいValueで大手へ、HOME4Uで地元密着から大手へ査定依頼することで漏れなくチェック

田舎など人口が少ない都市の場合

地方の提携企業も多いHOME4Uとイエウールの併用使いがおすすめ

査定対象の物件種別を比較

  • ◎特化してる
  • ○対応している
  • △要相談
  • ×対応していない
サイト名戸建マンション土地投資物件農地
○○○△△
○○○△△
○○○△○
○○○○×
○○○××
×◎×××
○○○△○
○○○△△
サイト名戸建マンション土地投資物件農地

提携会社数・特徴

サイト名提携会社数特徴公式サイト
大手不動産6社
※小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウス
・大手不動産6社にまとめて査定依頼できる
※この6社に依頼できるのはすまいValueのみ
公式サイト
1,300社以上・NTTグループで安心、実績も抜群
・フリーダイヤルの相談窓口あり
・大手、中堅、地域密着の会社にバランスよく依頼できる
公式サイト
1,600社以上・地方や田舎に強い公式サイト
1,800社以上・匿名査定対応
・地方含めて対応エリアが広い
公式サイト
2,000店舗以上・不動産メディア認知度No.1
・最大10社から一括査定可能
・不動産会社の特徴で選べる
公式サイト
2,500店舗以上・マンションに特化
・賃貸も同時査定可能
公式サイト
1,700社以上・サポート体制が充実
・様々な物件種別に対応
公式サイト
約700社以上・収益物件に特化
・最大10社から一括査定可能
公式サイト
オススメサイトはどれも机上査定が対応可能じゃぞ!まずは机上査定を申し込んでみよう!次に、各オススメサイトの詳細を見ていくぞ
フクロウ先生
フクロウ先生

どの地域でも外せない「すまいValue」

超大手不動産会社3社に唯一依頼ができるのが「 すまいValue 」です。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

サービス開始時期2016年10月
対象エリア全国
提携会社数大手6社
同時依頼数最大6社
机上査定対応
要望・備考欄あり
運営会社小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウス

すまいValueは超大手の不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのでしょう

ただし、超大手の不動産会社は取引額が大きい不動産に力を入れる傾向が強いです。また、両手仲介が多いのも事実です。

次に紹介する両手仲介なしの「 SRE不動産(※旧ソニー不動産) 」、大手・中堅・地域密着をバランスよく依頼が可能な「 HOME4U 」を合わせて申し込んでおくことをオススメします。

大手不動産6社に査定依頼

すまいValueで一括査定を依頼する

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

【すまいValueとセットがオススメ】両手仲介無し「SRE不動産(旧ソニー不動産)」

SRE不動産

SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイト
https://sony-fudosan.com/

サービス開始時期2014年8月
対象エリア東京、神奈川、千葉、埼玉
大阪、兵庫、京都、奈良
提携会社数1社
同時依頼数1社
机上査定対応
要望・備考欄あり
運営会社SREホールディングス

SRE不動産は、ソニー不動産より名称変更してできた会社。

SRE不動産は、エージェント制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

エージェント制とは、分かりやすく言うと、売主の立場で徹底的にサポートしてくれるということです。

他の不動産会社と違いSRE不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

SRE不動産はソニーグループが運営。成約価格の納得度、顧客志向、サービスの先進性でNo.1を獲得しており安心感、実績は抜群。

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、奈良の方は、申し込んでおくことをオススメします。

すまいValue とセットで利用することで、不動産売却においてカバーできる範囲が広がるので併用するのをオススメします。

売却専門エージェントが対応

SRE不動産で査定を依頼する

NTTグループの安心運営!運営歴19年で実績抜群「HOME4U」

「大手・中堅・地域密着にバランスよく依頼したい」「地方で不動産を売却したい」。こんな人は「 HOME4U 」がオススメ。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

サービス開始時期2001年9月
対象エリア全国
提携会社数1,300社
同時依頼数最大6社
机上査定対応
要望・備考欄あり
運営会社NTTデータ・スマートソーシング

HOME4UはNTTグループが運営、2001年からサービス開始で運営実績No.1と安心感は抜群です。

NTT系は審査が厳しいことで有名。不動産会社をしっかりチェックして厳選しています。

とりあえず迷ったらHOME4Uにしておけば間違いないでしょう。

入力が面倒な方は、お電話にて代行入力が可能です。

連絡先:0800-080-4326(受付時間:平日10時30分~18時)

※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

NTTグループで安心

HOME4Uで一括査定を依頼する

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
不動産一括査定はこの3つを抑えておけば間違いないんですね!
エリアによっては、この3つを使っても不動産会社が1社のみ…という場合もあるんじゃ。そんな時は「イエウール」を使うのがオススメじゃよ!
フクロウ先生
フクロウ先生

【地方や田舎に強い】中堅・地域密着に数多く依頼ができる「イエウール」

上記で紹介した一括査定を使っても、不動産会社が1社しか見つからない・・・そんな時は「 イエウール 」を使ってみてください。

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

サービス開始時期2014年1月
対象エリア全国
提携会社数1,600社
同時依頼数最大6社
机上査定対応
要望・備考欄なし
運営会社Speee

イエウール 」は参加している不動産会社が1,900社と一括査定No.1となっています。

つまりあなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

特に地域密着の不動産会社は、小さい会社というのもあり、社長自身が担当になることが多く、手厚いサポートを受けることができます。

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。


少し長くなりましたので、再度まとめます。

不動産一括査定サイトの選び方とオススメサイト

「オススメポイント」を押すと、解説してきた不動産一括査定サイト以外も含めて、よく比較されるサービスの特徴を一覧で確認頂けます。

所在地別地域毎のおすすめ

対象物件種別

おすすめポイント

物件所在地に応じたおすすめの使い方

不動産一括査定は、各社の特徴を活かして、複数社への査定依頼がおすすめです。

都心(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良)の場合

一括査定サイトの他にも、売主専門の不動産仲介会社SRE不動産への相談がおすすめ

県庁所在地など比較的人口が多い都市の場合

すまいValueで大手へ、HOME4Uで地元密着から大手へ査定依頼することで漏れなくチェック

田舎など人口が少ない都市の場合

地方の提携企業も多いHOME4Uとイエウールの併用使いがおすすめ

査定対象の物件種別を比較

  • ◎特化してる
  • ○対応している
  • △要相談
  • ×対応していない
サイト名戸建マンション土地投資物件農地
○○○△△
○○○△△
○○○△○
○○○○×
○○○××
×◎×××
○○○△○
○○○△△
サイト名戸建マンション土地投資物件農地

提携会社数・特徴

サイト名提携会社数特徴公式サイト
大手不動産6社
※小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウス
・大手不動産6社にまとめて査定依頼できる
※この6社に依頼できるのはすまいValueのみ
公式サイト
1,300社以上・NTTグループで安心、実績も抜群
・フリーダイヤルの相談窓口あり
・大手、中堅、地域密着の会社にバランスよく依頼できる
公式サイト
1,600社以上・地方や田舎に強い公式サイト
1,800社以上・匿名査定対応
・地方含めて対応エリアが広い
公式サイト
2,000店舗以上・不動産メディア認知度No.1
・最大10社から一括査定可能
・不動産会社の特徴で選べる
公式サイト
2,500店舗以上・マンションに特化
・賃貸も同時査定可能
公式サイト
1,700社以上・サポート体制が充実
・様々な物件種別に対応
公式サイト
約700社以上・収益物件に特化
・最大10社から一括査定可能
公式サイト

以上が不動産一括査定サイトを比較した内容です。

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
これなら、自分にぴったりの不動産一括査定が利用できそうですね!
不動産売却は、不動産会社を見つけて終わりではないんじゃ。仲介契約を結ぶ必要があるので、そのポイントも頭に入れておいてくれ!
フクロウ先生
フクロウ先生

4.「不動産一括査定サイト」利用後に意識すること

少し重複する部分もありますが、大事な部分ですので、再度説明します。

一括査定サイトを利用すると、査定依頼した不動産会社から次々と電話もしくはメールがきます。

特に「訪問査定」で依頼すると、不動産会社にも売る気満々なのが伝わってしまいます。

各社の査定額の提示を受けたら下記の可能性があります。

  • 高すぎる査定額:自社で専任契約にする(他の会社とは契約できないようにする)
  • 安すぎる査定額:売却を早いところ終えて手数料を取りたい

各社の査定額を見てみると、おおよその不動産の価値は分かってきます。

自分の中でこれ以上の売却額でいきたいというのを決めておきましょう。

ちなみに、不動産会社は特に1社に絞る必要もありません。

面談して見て気に入った不動産会社を数社ピックアップし、一般媒介で依頼するのが良いでしょう。

専任媒介と一般媒介の違い

専任媒介と一般媒介の違い

一般媒介で不動産会社同士を競争させることが得策です。

せっかく複数の不動産会社と接点ができた訳ですから、そのメリットを最大限に生かすことをオススメします。

次に不動産一括査定を使った後の流れについてお伝えします。

机上査定含めた不動産一括査定サイトを使った後の流れは以下の通りです。

不動産一括査定サイト利用後の流れ

  1. 不動産会社(複数)から机上査定の結果が来る
  2. 複数の査定の中からいくつか選んで訪問査定を依頼する
  3. 訪問査定の結果をもとに媒介契約する会社を選ぶ
  4. 販売活動
  5. 不動産売買契約の締結
  6. 引き渡し
  7. 確定申告

不動産一括査定を使った後の流れについては以下の記事で詳しく解説しています。

不動産一括査定を使った後の流れの詳細はコチラ

5.「匿名査定サイト」HowMAを使った査定価格の調べ方

ここまで、売却検討中の方向けのオススメサイトについてを中心に解説してきました。

「興味本位・匿名で家の価値を調べたいだけ」という方には、匿名査定サイトのHowMAをオススメしています。

ここでは、HowMAの使い方について解説していきたいと思います。

まず、HowMAのTOPページにいくと、「無料でAI査定する」をクリックします。

HowMAのTOP

次に住所とメールアドレスしてAI査定をします。

すると、入力したメールアドレスにHowMAよりメールが届きます。

HowMAからのメール

AI査定を確認するをクリックすると、パスワード設定が表示されますので、パスワードを設定すると結果が見れます。

HowMAのAI査定結果

筆者の一戸建て(名古屋市)で試したところ2,102万円。

このステップで不動産会社に個人情報を渡さずに査定額を知ることが出来ます。

ただ、大きな注意点が、査定額の精度です。

同じ一戸建てを東急リバブルで査定したところ6,984万円でした。

一戸建ての査定書

マンションの場合、匿名査定サイトのなかでも精度は高いのですが、一戸建ての相場精度は低くなっています。

匿名でマンションの査定相場を知りたい人はHowMAを一度使ってみるといいでしょう。

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
なるほど!匿名の不動産査定サイトは、少しでも売る人には時間が勿体無いよね…
不動産査定サイトもメールで査定額をもらえるからね
フクロウ先生
フクロウ先生

またHowMA以外にも気軽に相場を知ることができる不動産査定アプリも登場してきています。

不動産査定アプリとは?各アプリの特徴と一括査定との違いを解説
不動産査定アプリとは?各アプリの特徴と一括査定サイトとの違い

無料でダウンロードできるスマホアプリの中には、不動産査定ができるアプリがあります。 わざわざパソコンの前にいなくても、ス ...

続きを見る

6.「不動産会社の査定サイト」に依頼後に注意すること

「不動産会社の査定サイト」や「不動産一括査定サイト」等を使っても、長期間にわたる売却活動の最初から最後までを全面的にサポートしてくれるのは、あなたが選んだ不動産会社です。

不動産会社の力量により、販売価格や販売スピードが左右されると言っても過言ではありません。

そのため、不動産売却を成功させるためには、「良い業者を選ぶ」ことがとても重要です。

そこで以下の2つの判断基準を設けることをオススメします。

不動産売却業者を選ぶ時の2つの判断基準

  • 売却力のある業者であるか
  • 営業マンが信頼でき、相性が合うか

失敗しないための不動産業者を選ぶための方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

不動産売却の良い業者・悪い業者の判断は3つのポイントで見極められる
不動産売却で失敗しないための仲介業者選びのポイントと注意点

「不動産は大きなお金が動くし悪い業者も存在しそう」 「信頼できる良い業者を選びたい」 そんな風に感じている方も多いと思い ...

続きを見る

まとめ

オススメの不動産査定サイトを見てきました。

不動産査定サイトの登場で、不動産売却は以前より格段にやりやすくなりました。

売却を決めたのであれば、是非、活用して見てください。

不動産査定サイトに関するFAQ

不動産査定サイトにはどんな種類があるの?

不動産査定サイトには大きく下記3種類に分かれます。
①不動産会社の査定サイト
②不動産一括査定サイト
③不動産匿名査定サイト

各サイトの特徴については、【1.不動産査定サイトには3種類ある】にて詳しく解説しています。

不動産の売却を検討している場合、どのサイトを使うのがいいの?

売却を検討する人は、不動産一括査定サイトを利用しましょう。不動産一括査定サイトを使うことで複数の不動産会社に査定依頼ができます。おすすめの一括査定サイトを知りたい方はこちら

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-基礎知識

© 2021 不動産売却の教科書