気に入った賃貸中のマンションをそのまま購入する方法と注意点

賃貸中マンション

賃貸で住んでいるマンション。

ずっと住んでいると居心地もよくなり、「賃貸マンションを購入してしまいたい」と考える方もいると思います。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 賃貸中のマンションはいくらくらいするの?
  • 大家と直接交渉するのも自信がないし、高い価格を吹っ掛けられたくない
  • 交渉に失敗したら、出ていけと言われないだろうか

賃貸中のマンションを購入するとき難しいのが「価格」。

価格で折り合いがつかず、結局購入できないことも多いです。

そこで今回の記事では「賃貸中のマンション」をスムーズに購入できる方法と進め方についてお伝えします。

この記事を読んでもらえれば、賃貸中のマンションの購入に向けた最初の一歩を踏み出すことができるようになります。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.賃貸中のマンションは購入できるの?注意点は?

まず最初に賃貸中のマンションを購入するときの特徴を知っておきましょう。

賃貸中のマンションは大家さんが売却する気があるのであれば、購入することが可能です。

賃貸中のマンションを買うメリット

ファミリータイプのマンションを賃貸している人は、長く借りる人が多いです。

子供が幼稚園や小学校に入学すると、引越をしたくなくなるため、タイミングを逃すと長く居住する傾向があります。

「住めば都」とはよく言ったもので、中古マンションでも賃貸で入居すると、そのうち物件が気に入って「ここを買いたい!!」と思ってきます。

賃貸中のマンションをそのまま購入できれば、引越の手間も省けます。

さなざまなところに登録してある住所も変更することなく、住環境も変えることもないため非常に楽。

そして何よりも魅力的なのは価格です。

中古マンションであれば新築よりもかなり割安ですし、リフォームによってオシャレでハイセンスなマンションに再生することも可能

しかも高い家賃もなくなります。また何年も住んでいれば、物件の不具合も知り尽くしています。

下手すると、大家さんよりも、よほど物件の状況を知っています。

こんなはずじゃなかったとならないのが、賃貸中のマンションを購入する利点なのです。

このように賃貸中のマンションを購入することは、様々なメリットがあるため、真剣にマンション購入を考えている人も多いことでしょう。

ただし、もちろんいい事ばかりではありません。一番のネックがやはり購入価格なのです。

難しいのは価格の決定

しかしながら、賃貸中のマンションを購入するときに最も難しいのが「価格」です。

賃貸中のマンションの購入は、売主と買主が最初から決まっており、閉じた関係の中での売買となります。

全くの第三者に売るわけではないため、価格の妥当性や客観性が見えにくくなるというのが特徴。

例えば親戚同士や仲の良い友人同士で不動産の売買をする場合、お互いが納得さえすれば価格はいくらでも良いはずです。

閉じた関係の中での売買では、価格が相場とかけ離れる可能性が高くなります。

賃貸人と賃借人との間の売買も、閉じた関係の売買となります。

閉じた関係で売買を成立させるためには、売主も買主も納得する価格を決めることが一番大切なポイントとなります。

借りていたから安く買えるわけではない

賃貸中のマンションを購入したいと思っている人の中には、「相場よりも安く購入できるはずだ」と誤解されている方が多いです。

「今まで高い賃料を払ってきたのだから、その分安く買えて当然だろう」という点を中心に考えているから。

しかしながら、不動産売買において、その考え方は必ずしも通用しません。

上述で示したように、賃貸中のマンションを借主がそのまま購入できることには、さまざまなメリットがあります。

購入者が受けられるメリットは、全くの第三者が購入するよりも、賃貸中の借主がそのまま購入する方が大きいとも考えられます。

そのため借主が賃貸物件を買う場合は、相場よりも高く買っても良いという理屈も成り立ちます。

  • 借主:賃貸物件を買う場合、わざわざ高く購入する必要はない
  • 貸主:賃貸物件を売る場合、わざわざ安く売却する必要はない

そのため借主と貸主間の売買であっても、結局のところ相場並みの価格で売買するというのが、お互い最も納得する妥協点になります。

つまりは、借主が賃貸中のマンションを購入する場合も、査定を取って適正価格で売買することが最も話のまとまる方法。

以上、ここまで賃貸中物件の購入の特徴について見てきました。

それでは、適正価格を取るにはどうしたらいいでしょうか?

2.適正価格の把握に便利な一括査定サイト

前章でも紹介したとおり、借主と貸主との間で価格を取り決めるには、不動産会社から査定を取るのが良い方法です。

ただし、1社だけの査定額では、その価格の納得感がありません。

借主が1社だけの査定しかとらないと、貸主に「本当にその価格が妥当なのか?」という疑問を持たれ話がまとまりにくくなります。

一方で、複数社から査定を取得すれば、価格に客観性や妥当性が生まれてきます。

査定額を比較するのが大切

査定額を比較するのが大切

各社バラバラの査定額が出てきますが、それでも概ねのストライクゾーンが分かってきます。

一括査定サイトであれば、6社程度の不動産会社から無料で査定を受領することが可能。

6社の査定額を並べて、真ん中や平均値の価格を売買価格とすれば、お互い納得できる売買価格とすることができます。

購入希望者でも利用できる一括査定サイト

査定に関しては、一括査定サイトを使えば購入希望者も無料で価格査定を取ることが可能です。

中でもオススメの一括査定サイトは「 HOME4U 」。

HOME4UはNTTグループが運営しており、不動産会社も厳選しているので安心して利用できます。

申し込み時に迷うポイントを解説。

  • あなたと物件の関係:物件所有者の了承を得た代理人
  • 査定の理由:その他を選択し「購入を検討」と記載

home4u

また、備考欄があり、「メールでの開示」を希望の旨を記載するとメールで査定額をもらえますので大変便利です。

ご要望・ご質問の欄にメールでの査定額を希望

まずは、適正価格を調査

HOME4Uで一括査定を依頼する

以上、ここまで購入検討者が利用できる一括査定サイトについて見てきました。

それでは次に気になる不動産会社を入れるか否かについて見ていきます。

3.仲介として不動産会社は入ってもらうべきなの?

賃貸中のマンションを購入するのに、仲介として不動産会社を入れるべきかどうかについては意見の分かれるところ。

そもそも不動産の仲介機能は、買主を守ることに主眼が置かれています。

仲介会社が行う重要事項説明も、買主が変な物件をつかまされないようにするために行います。

ところが、賃貸中のマンションを借主が買う場合、借主はその不動産のことを十分に知り尽くしています。

借主は毎日利用しているため、むしろ売主である大家よりも物件の不具合などを熟知しています。

そのため、無理に不動産会社を入れる必要はありません。

逆に不動産会社を仲介に入れると、仲介手数料が発生するというデメリットがあります。

トラブルになりそうであれば仲介を入れる

しかしながら、過去に大家さんとトラブルになったとか、価格交渉に自信がない等であれば、不動産会社を間に入れた方が良いです。

不動産会社は、売主と買主の間に立って調整を図るのが仕事。

仲介手数料は発生しますが、不動産会社を中に入れると、価格の調整や売却までの手続き、契約書の作成などを一通りスムーズにこなしてくれますのでとても楽。

特に賃貸中のマンションを借主が買う場合は、預けている敷金や先払いしている賃料などを精算する必要もあります。

不動産会社を仲介に入れると、これらの精算方法の取り決めや計算も任せることができます。

管理費や修繕費の精算については下記記事でさらに詳しく解説しています。

マンション売却で今まで支払った管理費や修繕積立金は戻ってくるの?
マンション売却で今まで支払った管理費や修繕積立金は戻ってくるの?

管理費や修繕積立金は、マンション特有の費用です。 マンションでは、他の不動産売却と異なり、管理費や修繕積立金の取り扱いに ...

続きを見る

不動産会社の選び方

不動産会社も一括査定を取った際、一番真面目に仕事をしてくれそうな会社に頼むのが良いです。

査定額は大家さんと価格を決める材料に過ぎません。

一番低い査定額を出してきた不動産会社に、安直に依頼するのは避けるべきです。

まとめ

賃貸中のマンションを購入したい人が使える便利な査定サイトの紹介について見てきました。

HOME4U 」の一括査定サイトを上手に使って、今借りているマンションを手に入れましょう。

HOME4Uの不動産一括査定はコチラ

※信頼できる不動産会社が複数社見つかります。
※入力が面倒な方はお電話で受け付け可能です。
連絡先:0800-080-4326(受付時間:平日10時30分~18時)
※当サイトの運営会社(合同会社ラビッツ)は、不動産査定サービスでご入力いただいた情報を保有しておりません。
※不動産情報や個人情報のデータは、株式会社NTTデータ スマートソーシングが厳重に管理し、提携先である不動産会社に開示されます。
※当サイトの個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーに記載しております。

賃貸マンションの購入に関するFAQ

賃貸中のマンションは購入できますか?

賃貸中のマンションは大家さんが売却する気があるのであれば、購入することが可能です。

賃貸中のマンション購入で気をつけるべきことはありますか?

賃貸中のマンションを購入するときに最も難しいのが「価格」です。

賃貸中のマンションの購入は、売主と買主が最初から決まっており、閉じた関係の中での売買となります。

閉じた関係で売買を成立させるためには、売主も買主も納得する価格を決めることが一番大切なポイントとなります。

賃貸中のマンションの適正価格を調べる方法はありますか?

主と貸主との間で価格を取り決めるには、不動産会社から査定を取るのが良い方法です。

一括査定サイトであれば、6社程度の不動産会社から無料で査定を受領することが可能です。

一括査定サイトについては【2.適正価格の把握に便利な一括査定サイト】にて詳しく解説しています。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,767view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-住み替え・購入
-

© 2021 不動産売却の教科書