土地活用で「デイサービス」に挑戦しようか検討している方へ

もしあなたが利用予定のない土地で何かしらの活用を検討しているのであれば、デイサービスの運用を考えたことはないですか?

高齢化が進んでいるため、老人ホームやデイサービスはどこの地域でも不足しています。

とは言え、デイサービスの経営にいきなり踏み込むのも不安ですよね。

この記事ではデイサービス運営の様々なメリットや注意点を解説します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用でデイサービスを選ぶメリットとは?
  • どうすればデイサービスを行うことができる?
  • プデイサービスで土地活用する時の注意点って何?

1.土地活用「デイサービス」の基礎知識

まずは土地活用「デイサービス」の基礎知識についてお伝えしましょう。

使用されていない空き地に、何らかの活用を施す「土地活用」。

主な方法としては、駐車場やマンション経営などが挙げられますが、最近では「デイサービス」が注目されています。

デイサービスは老人ホームの一種で、基本的に日中の利用を前提とした高齢者施設です。

利用者は日中だけしかいないため、宿泊施設を持たないのが特徴。

食事・入浴・リハビリ施設しか確保する必要がないので、大規模な建物にする必要はありません

そのせいか、最近のデイサービス施設は、既存の戸建てを改装して運営しているケースも目立ちます。

日本全国で問題になっている「高齢化」によって、老人ホーム施設の需要は急速に増加しており、地域によっては施設の数が全然足りていないことも。

だからこそ、大規模な土地や建物を用意しなくても実現できるデイサービスに注目があつまっています。

また土地活用としてデイサービスを選ぶと、大きな利益を生み出すと投資のプロからも注目されています。

日本の高齢化は改善する兆しがなく、今後も加速する見通しです。デイサービスの需要は今後も増加するでしょう。

2.デイサービスで土地活用するための3つの方法

これまでは、土地活用における「デイサービス」の基礎知識を紹介してきました。

次に紹介するのは、デイサービスで土地活用するための方法について。

土地活用としてデイサービスを運営するのは、今のところ依然としてメジャーであるとは言えません。

事例数はアパート経営や駐車場経営よりも少ないため、デイサービスの知識は十分に浸透していないと言えます。

土地活用の初心者であれば、どうすればデイサービスを実現することができるのか知らないことでしょう。

そこで、この章ではデイサービスを運営する3つの方法を紹介します。

個人がデイサービスを行う場合、以下の3つの方法からどれか一つを選ぶことになるでしょう。

デイサービスを行う3つの方法

デイサービスを運営するには以下の3つの方法があります。

  • 専門業者に土地を貸す方法
  • 自費で1から建てる方法
  • 既存の建物を改装する方法

それぞれの方法の具体的な詳細について、次項より紹介していきます。

専門業者に土地を貸す方法

土地活用「デイサービス」を行う場合、最も多く選ばれる方法が「専門業者に土地を貸す方法」です。

すでにデイサービスを運営している業者にあなたの土地を貸し出し、毎月の賃料を受け取ることが目的となります。

専門業者に土地を貸す方法の最大のメリットは、実現するために1円のお金も必要ないことです。

通常の土地活用では、何らかの現金を必要とするのが普通。

駐車場の舗装費やマンションの建設費用など、工事の規模によって数十万・数百万・数千万円以上の初期投資が必要になります。

しかしあなたが業者に土地を貸しているだけの場合は、建物を自分で建てることはないので、初期費用なしで固定収入を得ることが可能です。

一方、専門業者に土地を貸す方法の不利な点は、「低い収益性」が挙げられるでしょう。

デイサービス事業で得られる利用料などの収入は一切得られず、あなたが手に入るのは毎月の賃料のみ。

収益的には、すこしウマみのない方法であることは間違いありません。

自費で1から建てる方法

土地活用の代表的手段と言える「マンション経営」のように、自分でデイサービス用の施設を建設することも可能です。

自分で建物まで建ててしまうことの最大の利点は、「高い収益」です。

デイサービスで得られる利用料が自分のものとなるため、多くの収入を得ることができます。

あなたが多数の利用者を獲得して、安定した事業を続けることができれば、高い収入を長期間得ることができるでしょう。

一方、欠点は「初期投資の高さ」が挙げられます。

デイサービスは老人ホームの中でも規模が小さい施設ですが、それでも特別な設備や機材が必要になるのは変わりません。

建築費はもちろんのこと、プラスアルファでの支出も大きくなることでしょう。

具体的には数千万円以上の初期投資を準備する必要があります。

うまくいけば自治体からの補助金や助成金を使うこともできますが、どちらにしても自費での投資は膨大になるはずです。

また土地活用というより、むしろ1つのビジネスを立ち上げるという意味合いが強くなるので、いち経営者としての知識や技量が必要になるのもポイントです。

今まで会社経営を経験したことのある人はいいかもしれませんが、経験の浅い初心者がいきなりデイサービスの経営者となるのは、非常に難しいはず。それなりの苦戦を覚悟した方がいいでしょう。

既存の建物を改装する方法

デイサービスは老人ホームの中でも、比較的小規模な施設で行われる土地活用です。

イチから建設せずに、既存の建物を改装するのも良いかもしれません。

もともとは戸建てだったり、テナントだったりした建物を最大限活用するため、初期費用を大幅に抑えることができるメリットがあります。

場合によっては既存建物を買取ではなく、賃貸することも可能なので、数百万円ほどで実現可能かもしれません。

初期投資額が低いため参入障壁ははるかに低くなりますが、オーナーになることは変わりなく、経営者の知識・技量が必要になります。

お金を出した後、何もしなくていいなんてことは一切ありませんので、注意してください。

3.デイサービスで土地活用するメリット

これまで、デイサービスを運営する3つの方法をお伝えしました。

マンション経営のように自費で建築する方法以外にも、いろいろな方法があることをお分かりいただけたと思います。

次に紹介するのは、デイサービスで土地活用するメリットについて。

読者の中にはすでにデイサービスにかなりの興味を持っている人もいるはず。

そんな人に改めて知っておいて欲しいデイサービスのメリットは「収益性」ではありません。

確かにデイサービスは高い収益を生み出す可能性の高い土地活用ですが、もっと素晴らしいメリットがあるのです。

それは、「社会に貢献することができる」ということ。

高齢化問題は深刻で、お年寄りの孤独死など悲惨なニュースを見かけることも少なくありません。

そんな社会問題と化している高齢化問題に一石を投じることができるのが、デイサービスなのです。

あなたがデイサービスを行うことによって、「助かった」と感じるお年寄りが少なからず出てくるのは間違いありません。

実行することによって、社会問題の解決に手を貸すことのできる土地活用なんて滅多にありません。

デイサービスを実行すれば、たくさんの満足感を得られることができるでしょう。

4.デイサービスで土地活用する際の注意点

前章では、土地活用の手段としてデイサービスを選ぶメリットを紹介しました。

数ある土地活用の中でも、唯一無二のメリットである「社会貢献ができること」が可能であるのを理解していただけたと思います。

しかし、デイサービスにはメリットがあるだけでなく、意識しておくべき注意点もあります。

土地活用の手段としてデイサービスを選ぶ際の最大の注意点は、「失敗した時のリスク」です。

デイサービスは高度な医療を提供する現場ではないため、日ごろの業務でミスする可能性はあまりないと考えられています。

しかし気を抜いてしまったスタッフがミスを犯してしまい、大きなトラブルに発展する可能性はゼロではありません

もし大きなトラブルになってしまえば、マスコミに大々的に取り上げられ、事業から撤退することになるでしょう。

アパート経営や駐車場が失敗して撤退する場合、別の第三者に売却するのは比較的簡単です。

しかし、一度失敗したデイサービスの場合、次のオーナーを見つけることは容易ではありません。

マスコミの影響によって植え付けられたレッテルによって、誰も寄り付いてきてはくれないでしょう。

仮に見つかったとしても買い叩かれて、投資金額を回収できるほどの金額にならないはず。

そういったリスクもよく考え、どの方法がベストかを検討しましょう。

4.土地活用を行う場合は様々な方法をチェック

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の手段の中でも最近注目されている「デイサービス」について、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

デイサービスを選ぶ上でのメリットや、どうすればデイサービスで土地活用できるか理解いただけたと思います。

もし土地活用でデイサービスを選択するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書