【マイホームは何歳から?】家購入の適正年齢は30歳であるべき2つの理由

不動産のプロが教える!家購入の適正年齢は30歳であるべき2つの理由

家って一体何歳くらいで買うのが良いのでしょうか?

結論からすると、家の購入のベスト年齢はズバリ「30歳」です。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 家は一体何歳で購入するのが良いのだろう?
  • 親からは早過ぎると反対されているが、本当に早すぎるのだろうか?
  • そもそも家を買うのに適正な年齢があるのだろうか?

そこで今回の記事では「家購入の年齢」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは家を購入する年齢はいつが良いのかその理由が分かるようになります。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.統計データを見ても30代前半に家を購入している人が多い

最初に、統計的に皆は何歳くらいで家を購入しているのか見ていきます。

国土交通省では、住宅経済関連データとして、住宅購入の平均年齢を調査し公表しています。

平成28年度住宅経済関連データ」によると、住宅の購入年齢は

住宅の種類年度全国三大都市圏首都圏中京圏近畿圏
注文住宅平成26年度44.944.646.742.644.4
平成27年度43.042.644.240.944.4
平成28年度43.342.845.040.249.4
平成29年度43.646.147.742.550.7
平成30年度44.144.046.842.342.0
分譲住宅平成26年度41.241.940.840.1
平成27年度40.741.040.140.6
平成28年度40.741.639.439.3
平成29年度41.541.742.340.3
平成30年度40.641.040.240.0
中古住宅平成26年度43.643.043.944.5
平成27年度45.144.943.546.9
平成28年度45.245.444.245.6
平成29年度46.546.145.747.9
平成30年度47.246.146.346.545.3
民間賃貸住宅平成26年度38.138.736.138.1
平成27年度39.339.535.441.6
平成28年度39.238.839.939.4
平成29年度39.840.135.842.0
平成30年度39.139.237.739.8
リフォーム住宅平成26年度56.256.757.854.5
平成27年度58.859.160.456.7
平成28年度58.458.060.757.9
平成29年度59.159.059.559.1
平成30年度59.459.261.058.7

グラフにすると下記のようになります。

全国の建築時・購入時・リフォーム時の年齢分布

全国の建築時・購入時・リフォーム時の年齢分布

※出典:国土交通省「平成28年度住宅経済関連データ」より筆者が編集

また、少しデータは古くなりますが、株式会社リクルート住まいカンパニーも「2017年首都圏新築マンショ契約者動向調査」という調査結果を公表。

リクルートの調査によると、住宅購入の世帯主平均年齢は38.6歳となっています。

平均年齢だけをみると、皆、なんとなく40歳前後で購入している感じがしますが、実はそんなことはありません。

リクルートの調査では、世帯主年齢の分布も公表しています。

その調査によると、2017年の新築マンション契約者数の年齢分布は下表のようになります。

20代30~34歳35~39歳40代50代60歳以上無回答
12.1%30.8%23.6%19.8%7.5%5.7%0.4%
住宅購入年齢分布

住宅購入年齢分布

※出典:株式会社リクルート住まいカンパニー「2017年首都圏新築マンショ契約者動向調査」より

首都圏の新築マンション購入者の平均年齢は38.6歳ですが、年齢分布を見ると30代前半が一番多いことが分かります。

20代が少なく、逆に30代後半以降にもある程度の数が存在するため、平均すると、どうしても年齢が高く見えてしまいます。

これは数字のマジックであり、平均年齢が実態を表しているとは限りません。

実際には、3割以上のかなり多くの方が30代前半で家を購入しており、30代でくくると半数以上の人が30代で家を購入していることになります。

以上、ここまで家購入の平均年齢について見てきました。

家の購入年齢で考えなければいけないことは、住宅ローンです。

そこで次に年齢別の貯蓄と負債の平均額について解説します。

2.年齢別の貯蓄と負債の平均額

家の購入では、住宅ローンを借ります。

住宅ローンは借りた当初が一番負債額は大きくなり、その後年齢が上がるにつれ、負債額が減っていきます。

その状況を表したものが、以下に示す年代別の貯蓄現在高・負債現在高です。

データは、少し古くなりますが、総務省による家計調査報告(貯蓄・負債編)の平成29年平均結果速報より筆者が抜粋しています。

年代別貯蓄現在高・負債現在高

年代別貯蓄現在高・負債現在高

※出典:総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)」の平成29年平均結果速報より

上のグラフを見ると、40歳未満の世帯は、貯蓄よりも負債が上回っています。

住宅ローンは30代で組んでいる

つまり、30代で住宅ローンを組んでいることが伺えます。

その後、40代になると、貯蓄が増え、負債と逆転します。

さらに50代に突入すると、負債がかなり少なくなり、貯蓄額がグンと増えます。

多くのサラリーマンは、50代前半が給料のピークとなるため、このタイミングで貯蓄が増えるのです。

60代になると、退職金によって貯蓄が一気に伸びます。

多くの方は住宅ローンを完済しているタイミングですので、負債もかなり減ります。

70歳以上になると、貯蓄額が2,446万円にもなります。

このように、若いうちは負債が大きく、高齢になるほど貯蓄が大きくなる理由としては、30代の若いうちに住宅を購入しているためです。

50代で貯蓄と負債を一気に逆転させることで老後に備えるというのが、理想的な人生設計と言えます。

逆に言えば、早めに住宅ローンを組んで返済していかないと、50代でも大きな負債が残ってしまいます。

50代前半は一番給料が高い時期ですが、この時期に繰上返済に必死にならなければいけない状況となると、貯蓄に回せるお金が少なくなります。

50代のタイミングで貯蓄原資が少なくなると、老後に向けて上手く貯蓄を増やすことができません。

家を購入する年齢というよりは、住宅ローンを何歳で組むかという点が重要です。

余裕をもって住宅ローンを返済させるには、早めに組んだ方が良いことになります。

以上、ここまで年齢別の貯蓄と負債の平均額について見てきました。

ではなぜ住宅ローンを組むなら若い方が良いのでしょうか。

そこで次に住宅ローンを組むなら若い方が良い2つの理由について見ていきます。

3.住宅ローンを組むなら若い方が良い2つの理由

住宅ローンを組む年齢は、30歳がベストです。

言い換えると、家を買う年齢は30歳がベストということになります。

以下に理由を見ていきます。

理由1.完済年齢は65歳とすべき

住宅ローンは、65歳で完済すべきです。

定年退職後、年金で住宅ローンを返済することは原則できないと考えた方が良いです。

総務省では、老後夫婦の平均的な生活費を公表しています。

2人暮らしで、支出は概ね月228,000円程度ですが、この中に住宅ローンは含まれていません。

項目金額
食費66,000円
水道光熱費22,000円
家具日用雑貨9,000円
服飾品7,000円
医療費自己負担額15,000円
交通費・通信費29,000円
教養娯楽費25,000円
交際費・小遣い等55,000円
合計228,000円

一方で、65歳以上の標準的なサラリーマンがもらえる年金は、以下のようになります。

対象者金額
本人160,000円
専業主婦60,000円
世帯合計220,000円

統計上、平均支出は平均年金額を上回っている状況です。

平均値だけを見ると年金だけでは生活できないため、貯蓄を切り崩しながら生活をする必要があると言えます。

また、支出の平均値の中には住宅ローンは含まれていません。

つまり、年金だけでは住宅ローンは返せないということになります。

もちろん、もらえる年金は人によって異なるため、年金で住宅ローンを返せる人もいます。

ただ、今後年金はどうなるか分かりませんので、基本的には年金生活で住宅ローンの返済はできないと考えておいた方が良いでしょう。

統計上からも、65歳を超えて住宅ローンが残っているのは問題であることが分かります。

住宅ローンは65歳完済を目指すのがとても大切なポイントと言えます。

住宅ローンを組むなら30歳、35年ローンが最適

完済年齢を65歳とすると、35年ローンで住宅ローンを組む場合、最適年齢は30歳ということになります。

住宅ローンは借入期間が長期になるほど、毎月の返済額が小さくなります。

10年ローンよりは20年ローン、25年ローンよりは35年ローンというように、借入期間が長いほど有利になります。

住宅ローンの商品としては、一番長いものは35年ローンです。

一番有利な商品である35年ローンを、繰上返済やボーナス返済なしで借りるには、30歳が最も良いことになります。

また、29歳と比べたら、30歳の方が年収は少しだけ高くなっています。

28歳や29歳で住宅ローンを組んでも良いですが、借入可能額を増やすには、少しでも年収が高い30歳の方が有利です。

理由2.子供の教育費に備える

40歳で35年の住宅ローンを組んでも、繰上返済を頑張れば65歳で完済することも可能です。

そのため、40歳で家を購入しても問題ないような気がします。

しかしながら、ここにも一つ落とし穴があります。

今後将来設計の中で、お金が発生するのは住宅ローンだけではありません。

子供が大学に進学すると、教育費にお金の支出がピークに達します。

30代で結婚すると、子供が大学に進学するのは親が50代の頃です。

この50代は老後の準備に向け、貯蓄のラストスパートをする時期でした。

50代は給料こそ高いですが、50代は子供の教育費も高いです。

このタイミングでは40代の頃に作った貯金が大きな役割を果たします。

40代でもある程度の貯金を形成しておかないと、50代の教育費の支出に耐えることができません。

40代での貯蓄がないと、給料の中から子供の教育費をねん出することになりますが、それを繰り返すと老後に向けた貯蓄のラストスパートができなくなります。

40代で貯蓄を作るには、ボーナス返済や繰上返済は極力なくす必要があります。

40代は50代にピークを迎える子供の教育費のために、貯蓄をしなければならない時期なのです。

ボーナス返済や繰上返済をせずに35年ローンを組もうとすると、やはり30歳で住宅ローンを組まなければいけないという結論になります。

仮に30歳を過ぎていたとしても、もし住宅ローンを組むのであれば、早ければ早いほど良いということになります。

住宅ローンの適正年齢については下記記事でさらに詳しく説明しています。

住宅ローン 30年 35年
住宅ローンを30年にするか35年にするかの判断基準を徹底解説

家の購入にあたっては、家の購入の他に住宅ローンという商品も購入することになります。 住宅ローンという商品は、返済方法によ ...

続きを見る

以上、ここまで子供の教育費に備えるについて見てきました。

ただし、30歳で住宅ローンを組もうとしても問題があります。

それは30歳だと年収が少ないため良い家が購入できないという点です。

そこで次に若くして良い家を買う方法について解説します。

4.若くして良い家を買う3つの方法

若くして良い家を買う方法としては、以下の2つが必要です。

  1. 共働きで世帯年収を増やす
  2. 親から援助を受ける
  3. 一括カタログ請求をして質が良い注文住宅を探す

上述のリクルート住まいカンパニーによる「2017年首都圏新築マンショ契約者動向調査」では、以下のような結果も公表しています。

項目数値
平均購入価格5,452万円
平均世帯年収944万円
共働き比率65%
自己資金平均額1,214万円
平均ローン借入総額4,568万円

30歳で夫の単独収入だけで世帯年収を944万円にできる人は少数派です。

また30歳で自己資金を1,214万円確保するのも少数派です。

30歳で、世帯年数と自己資金を上げるには、共働きにして親から援助を受けるというのが現実的な選択肢です。

また、最近筆者がオススメしているのがハウスメーカーから一括カタログ請求をしてみること。

LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」を使うと、様々なハウスメーカーから一気にカタログを取り寄せることができます。

予算2,000万以内など様々な条件を指定できます。

筆者がアドバイスした人だと、月5万以内で注文住宅が建てれた人もいます。

無料で利用、自宅に計画プランが届くだけで無理な営業も一切ありません。

まずは、お試しで様々なハウスメーカーからカタログを見てみるのをオススメします。

共働きや親からの援助等の住宅ローンに関することは、以下に詳しく記載しています。

連帯債務者を立てて住宅ローンを組む場合の3つのメリットと2つのデメリット
連帯債務者を立てて住宅ローンを組む場合の3つのメリットと2つのデメリット

近年、住宅価格の高騰が続く中、共働き世帯が収入を合算して住宅を取得するケースが増えています。 収入合算で住宅を取得する方 ...

続きを見る

住宅ローンを組むときに要請される連帯保証人について徹底解説
住宅ローンを組むときに要請される連帯保証人について徹底解説

一生で一番大きな買物であるマイホームを購入するときは、ほとんどの方が舞い上がっています。 マイホームの購入時は冷静な判断 ...

続きを見る

家の購入で必要な頭金の平均や親からの援助・目安について徹底解説
家の購入で必要な頭金の平均や親からの援助・目安はいくら?

近年は住宅価格の高騰が続いており、多額の住宅ローンを組まないとなかなか住宅が購入できないような状況になっています。 住宅 ...

続きを見る

2021年10月現在のオススメ住宅ローン

2021年10月現在のオススメの住宅ローンを紹介します。

銀行の規模なども加味しながらの筆者の主観でのオススメ順となっています。(※金利等の最新情報は各金融機関をご確認ください。)

一般的には、固定金利と変動金利を組み合わせて借りるのが一般的です。

【固定金利で比較】住宅ローンの比較・ランキング

固定金利の中でも一番借り入れが多い10年固定でのオススメ順です。

今後、金利は上がると予想されるため、固定金利がむしろ有利。

    • 1位:ジャパンネット銀行 当初期間引下型:0.499%
    • 2位: 三井住友信託銀行 融資手数料型/当初期間金利引下げ:0.520%
    • 3位: auじぶん銀行 全期間引下げプラン:0.530%

【変動金利】住宅ローンの比較・ランキング

変動金利は金利が下がるときには有利です。

ただし、現状では変動金利は上がり傾向にあります。

【フラット35】比較・ランキング

金利はどうしても上がってしまいますが、返済計画を確定したい場合はフラット35もオススメです。

どうしても迷うなら!住宅ローン一括審査もあり

住宅ローンをあれもこれも調べても結局わからない・・・

当たり前です。住宅ローンは、あなたの環境(家族構成、年収、将来性)により適正が異なります。

新規で借りようとしている人も、見直しを考えている人も実際にいくつかの銀行に仮審査をして金利、保障内容を比べるのが一番

でも、いちいち銀行を1社1社探して申し込んでいたら大変です。

そんなとき、役に立つのが住宅本舗の住宅ローン一括審査!

あなたの条件に合う銀行を自動でマッチングして、最大6社に一気に仮審査ができます!しかも無料

最大6つの銀行にまとめて仮審査申込み

住宅本舗で住宅ローンの比較をする

5.まとめ

家の購入の年齢は何歳くらいが良いのかについて見てきました。

住宅ローンの組み方からすると、家は30歳で購入するのがベスト。

将来設計を考えて、家は早めに購入しましょう。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-住み替え・購入

© 2021 不動産売却の教科書