家売却でハウスクリーニングはするべき?どの場所をどのタイミングでする?

家売却でハウスクリーニングはするべき?どの場所をどのタイミングでする?

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があります。

家を売却が決まった後、引渡前にハウスクリーニングをして買主へ物件を引き渡すべきなのでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 家を売却することになったけど、しっかりとクリーニング業者に頼むべきなのか
  • 不動産会社には何も言われてないけど、頼まなくて大丈夫なんだろうか
  • 自分たちで清掃をキッチリしておけば問題ないんだろうか
  • 逆に頼んだ際の注意点はないんだろうか

初めて不動産を売却する方の中には、引渡の状態で上記のような悩みを持つ方も多いと思います。 

そこで今回の記事では、引渡前の「ハウスクリーニング」についてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたはハウスクリーニングをすべきかどうか判断ができるようになります。

また効果的なクリーニング業者の探し方についてご紹介します。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.家を売却して引渡しするときにハウスクリーニングはする必要はない

結論からすると、引渡の前にハウスクリーニングを実施する義務はありません。

あくまでも売主としての法的な義務として清掃して引き渡すということはありません。

綺麗にして相手に引き渡したいという心の持ち主の方は、ハウスクリーニングをしても良いと思います。

立つ鳥跡を濁さずという言葉は、引き際は美しくあるべきだという素晴らしい価値観を表した言葉です。

引渡はまさに家からの引き際に該当。

たくさんの思い出が詰まっている家は、感謝の意味を込めて綺麗にしたいという気持ちは日本人としての美徳です。

賃貸マンションから退去する場合は清掃をする

似たような話で、賃貸マンションから退去する際、綺麗に掃除してオーナーさんに返すということがあります。

賃貸マンションから引っ越す場合、綺麗に掃除することは別の意味があります。

入居者である賃借人には原状回復義務があり、オーナーに預けている敷金は、原状回復を確認した後に返還されるから。 

明け渡した状態で一度オーナーもしくは管理会社が物件の確認を行います。

この際、物件に損傷等がある場合、敷金から修繕費用相当分が減額され、残った敷金が返還。

目立った損傷がなくても、汚い状態で返すと、オーナーが言い分をつけて敷金を減額してくることもあります。

そのため賃貸マンションの場合は、オーナーへの印象を良くするためにも清掃はきっちり行った状態で明け渡すべきなのです。

売却の場合はクリーニングは不要

一方で、売却の場合は、売買契約後にハウスクリーニングをしても売買金額が変更されることはありません。

敷金のように印象で金額の変動が起こるようなこともありません。売却の引渡は、賃貸の明渡しとは異なります。

引渡の際のハウスクリーニングをやるべきかどうかは、あくまでも気持ちの問題となります。

自分の価値観に照らし合わせて、実施を決めるのが良いでしょう。 

ただし、ハウスクリーニングを実施する場合、1点注意点があります。

そこで次に気になるハウスクリーニングを依頼する際の注意点について見ていきましょう。

2.家を売却するときにハウスクリーニングを実施する場合の注意点

ハウスクリーニングは専門業者に依頼することになりますが、ここで注意をしなければならないことが、物件の損傷

ハウスクリーニングを売買契約から引渡の前に実施した時、仮にハウスクリーニング業者がレンジフードやシャワーヘッドなどの物件を壊してしまった場合、契約時点とは異なる条件の物件を引き渡すことになってしまいます。

契約後に損傷してしまうと損害賠償を負うリスクが

損傷したことを買主や不動産会社に告げずに引渡を行ってしまうと、売主側で売却後に損害賠償を負うことになります。

不動産会社も壊れる前の状態で重要事項説明を行っています。

不動産会社へ知らせなかった場合、不動産会社も責任の取りようがありません。

誰も味方になってくれませんので、損傷が発覚したら、必ず不動産会社と買主へ報告し、対応方針を決めるようにしましょう。

ハウスクリーニング業者が不具合を発生させてしまうことも 

また明らかな損傷ではなくても、ハウスクリーニング業者が新たな不具合を発生させてしまうこともあり得ます。

例えば水の勢いが弱くなったとか、蛇口のレバーの動きが固くなったなど。

ハウスクリーニング後に悪い変化が出ていないか確認するようにして下さい。

引渡前に行うハウスクリーニングは、売買契約を締結した後の状態での実施となりますので、損傷や不具合の発生には十分に注意をしましょう。 

以上、ここまでクリーニングを依頼する際の注意点について見てきました。

それでは次に多くの人がハウスクリーニングを頼む頼まないの決定打になる価格相場についてご紹介します。

3.家をハウスクリーニングしたときの価格相場

以下の金額はあくまでも目安となります。

ハウスクリーニング業者によっては、与える付加価値次第で金額も異なります。およその目安として活用してください。

清掃箇所金額清掃箇所金額
キッチン13,000円程度バスルーム10,000円程度
キッチン+汚れ防止コーティング16,000円程度バスルーム+汚れ防止コーティング13,000円程度
レンジフード9,000円程度鏡の水垢除去3,500円程度
ガスコンロ7,000円程度エプロン内清掃3,500円程度
魚焼きグリル4,000円程度洗面所4,000円程度
オーブンレンジ6,000円程度トイレ4,000円程度
窓ガラス(大1枚)3,000円程度部屋の掃除1h6,500円程度
窓ガラス(小1枚)2,000円程度バルコニー8,000円程度

ハウスクリーニングの費用相場については下記記事でさらに詳しく解説しています。

ここまでハウスクリーニングの価格目安について見てきました。

4.効果的なクリーニングの活用方法

この章は、これから不動産を売却する人向けの内容。

既に売買契約を終了された方は、関係のない内容となりますので、読み飛ばして次章へ移って問題ありません。

賃貸マンションの明渡しの部分でも触れましたが、賃貸マンションの場合は敷金の返還額を減らさないためにも印象を良くする清掃は必要だと書きました。

これは売却においても同じことが言えます。

売却の場合は、引渡の前にハウスクリーニングを行うのではなく、査定前、内覧前にハウスクリーニングをすることが効果的です。

査定前のハウスクリーニングが効果的

特に査定の前にハウスクリーニングを実施しておけば、不動産会社への印象を上げることができますので査定額を上げることも可能です。

すぐ売れそうな物件ということで不動産会社への良い印象を勝ち取れば、熱心に売却活動を行ってくれます。不動産会社も人の子です。

高く売れそうな物件であれば、自分たちの手数料収入も増えるため、頑張って早く買主を見つけてくれます。

そのため、これから不動産を売却しようとする人であれば、査定の前にハウスクリーニングを実施することが効果的です。

ハウスクリーニングはキッチンやバスルームを中心に実施する

ハウスクリーニングは家全体を実施するのではなく、キッチンとバスルーム、洗面所だけを行うのでも構いません。

ハウスクリーニング業者によって金額は異なりますが、出費としては25,000円~30,000円程度といったところ。

ここまで効果的なクリーニングの活用方法について見てきました。

最後に、効果的なクリーニング業者の探し方について見ていきます。

5.効果的なクリーニング業者の探し方

ハウスクリーニング業者を自力で探すことも可能ですが、手っ取り早いのは不動産会社に紹介してもらうことが良いです。

不動産会社は、アパートや賃貸マンションの管理も行っているため、ハウスクリーニング業者を良く知っています。

アパートや賃貸マンションでは、入居者が退去した後に、毎回ハウスクリーニングを実施します。

そのため管理を行っている不動産会社は、普段からハウスクリーニング業者に発注を継続しており、安くて信頼できるクリーニング業者を知っています。

仮にハウスクリーニング業者が損傷や不具合を起こしてしまったとしても、不動産会社からの紹介で依頼したハウスクリーニング業者であれば、不動産会社も一緒に対応してくれますので、問題も早く解決できます。

ハウスクリーニング業者は不動産会社に紹介してもらうのが効果的です。

ハウスクリーニングの料金相場や業者選定のコツについては下記記事をご確認ください。

ハウスクリーニングの料金相場は?安くする方法・業者選びの3ポイント
ハウスクリーニングの料金相場は?安くする方法・業者選びの3ポイント

賃貸経営している方や大家さんなどはハウスクリーニングをする方も多いと思います。 ハウスクリーニングとは、掃除の専門業者が ...

続きを見る

6.家を高くスムーズに売るなら信頼できる不動産会社探し

信頼できる不動産会社を見つける

不動産売却で大事なことは、「信頼できる不動産会社を探せるか」。

不動産会社によって、得意としている不動産も異なりますし、この地域は得意・不得意などあります。

中には売却金額に数百万、数千万の差が出ることも。

ただ、あなただけの力でそのような不動産会社に出会えることは難しいと思います。

不動産会社を1社1社回って話を聞いていても、逆に迷うことになり時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこで筆者がオススメしているのが「不動産一括査定サービス(サイト)」です。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

えぇぇ!!!こんな便利なサービスがあるんですね!
ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒

不動産一括査定のオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  • 【1都3県・大阪・兵庫・京都・奈良】売主専門の数少ない不動産会社「 SRE不動産(※旧ソニー不動産)
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し細かいので、流し読みする程度でOKじゃぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
こう見ると、上4つがずば抜けているんですね!
正確にはセンチュリー21はフランチャイズ経営なので、「三井不動産」「住友不動産」「東急リバブル」の3強じゃよ!
フクロウ先生
フクロウ先生

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額提示を希望」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

ご要望・ご質問の欄にメールでの査定額を希望

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
どの一括査定なら「机上査定」「メール要望」が使えるんですか?
下記に比較してまとめてみたぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
一括査定机上査定備考欄
すまいValue
HOME4U
イエウール  
SRE不動産(※旧ソニー不動産)

一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく説明しています。

不動産一括査定
不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

続きを見る

7.まとめ

家を売却で引渡前にハウスクリーニングをすべきかどうかについて見てきました。

お世話になった家に、最後は感謝を込めてハウスクリーニングはやってみるのも良いでしょう。

水鳥が飛び立ったあとの水辺は、濁らず清く澄んでいます。

あなたの家を綺麗な水辺にするかは、あなたの美徳次第です。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-コツ・ノウハウ

© 2021 不動産売却の教科書