データから分析!住宅ローンの平均借入額や平均返済額と適正値

データから分析!住宅ローンの平均借入額や平均返済額と適正値

平成29年における住宅ローンの平均値は以下のようになっています。(各数値の出典については本文中でご紹介します。)

平均借入額平均返済額平均返済負担率平均年収倍率
4,568126.015.4%5.7倍
首都圏新築マンション首都圏分譲住宅首都圏分譲住宅首都圏マンション

人生最大の買い物である住宅購入は、住宅ローンというサービスの購入でもあります。

他の人は、どんな住宅ローンを組んでいるのか気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 住宅ローンを組むことになったけれど、平均っていくらくらいなの?
  • 住宅ローンの平均と適正額は違うの?
  • 正直ちょっときついけど、皆本当にこんなに借りているの?

そこでこの記事では、「住宅ローンの平均」についてフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、住宅ローンの平均借入額や平均返済額、適正値について知ることができます。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

住宅ローンに迷うなら「 住宅本舗 」で住宅ローンの無料一括審査が簡単・便利です。

なお、家の住み替えの方は、まず今の家を高く売るのを優先してください。

家を高く売るには 「 すまいValue 」「 HOME4U などの一括査定サイトを活用して、優秀な不動産会社を見つけることが鉄則です。

1.住宅の平均価格

最初に、住宅ローンと関係の深い住宅価格の推移について確認します。

公益財団法人東日本不動産流通機構によると、直近10年間の住宅価格の推移は以下の通りになっています。

ここ数年は住宅価格が上昇してきており、住宅がなかなか購入しにくくなっています。

住宅の取得環境は決して良いとは言えず、住宅ローンも無理して組んでいる人も増えてきています。

数年前と比べると、住宅価格はかなり上昇していますので、これから住宅ローンを組む人は、まずは「無理をしない」という心構えがとても重要となります。

以上、ここまで住宅の平均価格について見てきました。

では、平均借入額はどのようになっているのでしょうか。

2.住宅ローンの平均借入額

株式会社リクリート住まいカンパニーが2018年3月に公表している「2017年首都圏新築マンション契約者動向調査」および「2017年関西圏新築マンション契約者動向調査」によると、新築マンション購入時における平均借入額は以下のようになっています。

平均借入額は、平成29年では首都圏が4,568万円、関西圏が3,512万円となっており、1,000万円ほどの開きがあります。

借入金額も、住宅価格の上昇に伴って、増加していることが分かります。

2013年2014年2015年2016年2017年
首都圏3,302万円3,539万円3,994万円4,286万円4,568万円
関西圏2,704万円2,885万円3,098万円3,424万円3,512万円

以上、ここまで平均借入額について見てきました。

では、返済額と返済負担率のそれぞれの平均はどのようになっているのでしょうか。

3.住宅ローンの平均返済額と平均返済負担率

国土交通省の平成29年度住宅経済関連データによると、年間の平均返済額は以下の通りとなっています。

 全国
(万円)
三大都市圏
(万円)
首都圏
(万円)
中京圏
(万円)
近畿圏
(万円)
注文住宅平成25年度113.1128.9125.9114.0197.1
平成26年度114.4122.7131.5116.3116.4
平成27年度133.7158.8242.1113.787.2
平成28年度142.0112.3107.9113.1140.8
平成29年度130.5129.8156.5102.9121.1
分譲住宅平成25年度-120.2124.9105.3118.5
平成26年度-118.2129.2103.4106.3
平成27年度-115.4119.0100.3116.4
平成28年度-124.7131.8113.6114.9
平成29年度-120.8126.0103.7117.9
中古住宅平成25年度-97.2103.280.793.4
平成26年度-95.9105.483.183.2
平成27年度-106.7115.2112.579.7
平成28年度-97.0104.976.788.6
平成29年度-103.5113.480.186.9

例えば、「分譲住宅における平成29年度の首都圏の返済額」は年間で126万円です。

仮にボーナス返済無しで仮定すると、月額10.5万円を返済していることになります。

中古住宅でも、平成29年度の首都圏の返済額は、年間113.4万円(月額9.45万円)です。

中古だからと言って、決して安くないということが、平均数値から伺えます。

同じ国土交通省の平成29年度住宅経済関連データでは、勤労者世帯の平均年収・貯蓄額・負債額の推移も公表しています。

世帯年収の推移は以下のようになっています。

地域全国 関東大都市圏
 年年収貯蓄負債住宅・土地の負債年収貯蓄負債住宅・土地の負債
平成257081,2447406877821,443944878
267021,2907567107751,519891846
277091,3097556987861,513906858
287151,2997817168061,577956883
297221,3277947398181,499985926

上表によると、関東大都市圏の平均世帯年収は平成29年では818万円となっています。

そこで、この資料より、平均返済負担率を計算してみます。

返済負担率(返済比率)とは、額面年収に対する住宅ローンの年間返済額の占める割合です。

「分譲住宅における平成29年度の首都圏の返済額」は年間で126万円、関東大都市圏の平均世帯年収は平成29年では818万円でしたので、平均の返済負担率は以下のようになります。

分譲住宅の平均返済負担率

平均返済負担率 = 平均返済額 ÷ 平均世帯年収 = 126万円 ÷ 818万円 = 15.4%

一番返済額の大きいのは、「注文住宅における平成29年度の首都圏の返済額」である156.5万円です。

156.5万円も年収818万円に対しては、19.1%です。

返済負担率の平均値としては、15~20%程度ということになります。

以上、ここまで平均返済額と平均返済負担率について見てきました。

では、返済負担率はどのくらいであれば適切なのでしょうか。

4.住宅ローンの適切な返済負担率

返済負担率は、一般的に額面年収に対して20~25%以内に収めておくことが無理のない水準と言われています。

理想としては20%以内に抑えるのが良いです。

前章で紹介した平均値は15~20%程度でしたので、理想の範囲内に収まっており、かなり優秀です。

借入時に返済負担率が既に20%を超えている人は、平均よりもかなり高いという認識をしておくことが重要です。

一方で、金融機関の審査基準としては、返済負担率の上限を30~40%で設定している銀行も多いです。

そのため、返済負担率が30%を超えていても審査に通ってしまうことがあります。

返済負担率が30%を超えている人は、借り過ぎですので、注意をするようにして下さい。

返済負担率については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照下さい。

住宅のプロが教える!適切な住宅ローン返済比率の決め方と注意点
住宅のプロが教える!年収に見合った住宅ローン返済比率の目安の決め方と注意点

住宅ローンを借りる前に、知っておかなければならないことがあります。 それは、あなたが「借りられる額」とあなたが「返せる額 ...

続きを見る

以上、ここまで適切な返済負担率について見てきました。

では、平均的に年収の何倍の住宅が購入されているのでしょうか。

5.住宅ローンの平均年収倍率

引き続き、国土交通省の平成29年度住宅経済関連データに基づき、首都圏における住宅価格の平均と年収の関係について見ていきます。

 年(平成) H25H26H27H28H29
 年      収 ( 万 円 )782775786806818
マンション価    格(万円)4,9295,0605,5185,4905,908
住宅価格の年収倍率6.36.57.06.87.2
床  面  積 (㎡)70.871.270.869.268.8
建売住宅価    格(万円)4,5784,7134,7894,9704,833
住宅価格の年収倍率5.96.16.16.25.9
敷 地 面 積(㎡)124.6127.1126.1124.3126.0
床  面  積 (㎡)99.899.799.899.399.6

年収に対する住宅価格は、平成29年度のマンションでは7.2倍にもなっています。

ただし、この倍率は年収に対しての借入額の倍率ではありません。

年収に対する借入額の倍率を求めるには、自己資金を考量する必要があります。

自己資金に関しては、株式会社リクリート住まいカンパニーが2018年3月に公表している「2017年首都圏新築マンション契約者動向調査」を参考に見ていきます。

リクリート住まいカンパニーによると、マンション購入時の自己資金の平均額の推移は以下の通りです。

年(平成)H25H26H27H28H29
自己資金(万円)9741,1671,0641,1131,214

そこで、このデータを参考に、国土交通省の平成29年度住宅経済関連データと重ね合わせて、借入金の年収倍率を試算してみます。

住宅価格から自己資金を引くことで、住宅ローンを計算します。

その住宅ローンを年収で割った年収倍率の推移は下表の様になります。

 年(平成) H25H26H27H28H29
 年      収 ( 万 円 )782775786806818
マンション価    格(万円)4,9295,0605,5185,4905,908
自己資金(万円)9741,1671,0641,1131,214
住宅ローン(万円)3,9553,8934,4544,3774,694
年 収 倍 率5.15.05.75.45.7

平成29年における首都圏のマンションの住宅ローンの年収倍率は、5.7倍となっています。

直近5年間では、5.0~5.7倍で推移しています。

以上、ここまで平均住宅価格と年収倍率について見てきました。

では、年収倍率は何倍くらいが適切なのでしょうか。

6.住宅ローンの適切な年収倍率

適正な借入額の目安としては、年収の5~6倍がちょうどよい倍率です。

前章で試算した年収倍率も、5.0~5.7倍でしたので、平均値は堅実な値を示しています。

住宅ローンを組んだ段階で、年収の6倍を超えているようだと、平均よりもかなり高いといえます。

一方で、年収倍率についても、銀行の審査基準は高めです。

年収倍率に関しては、8倍までを許容する銀行が多いです。

6倍を超えても審査に通ってしまうこともありますが、6倍を超えると借り過ぎですので、自制するようにして下さい。

年収倍率については、以下の記事で詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

【統計データより分析】自分の年収で購入できる家の値段
【統計データより分析】自分の年収で購入できる家の値段・相場はどれぐらい?

購入できる家の金額と年収は密接な関係があります。 年収によって、購入できる家の場所や広さ、新築か中古にするか、マンション ...

続きを見る

プロに聞いた!4,000万円の住宅ローンを組むには年収はいくらであれば良い?
プロに聞いた!4,000万円の住宅ローンを組むには年収はいくらであれば良い?

家を購入しようとすると、4,000万円という壁があります。 リクルート住まいカンパニーによると2019年の首都圏・関西圏 ...

続きを見る

以上、ここまで適切な年収倍率について見てきました。

では、それぞれの年代でどのくらいローンを抱えているのでしょうか。

7.住宅ローンの年代別平均負債額

住宅ローンを借りる際は、何歳で完済するのかという点も重要です。

総務省の家計調査により、年代別平均負債額を見ていきます。

年代別の貯蓄額と負債額の関係は、下図の通りです。

上図をみると、60~69歳では、平均の負債残残額が220万円となっており、かなり多くの人が60~69歳の段階で住宅ローンが完済しているものと推測されます。

以上、ここまで年代別平均負債額について見てきました。

では、何歳までにローンを返し終えれば良いのでしょうか。

8.住宅ローンの適切な完済年齢は65歳

住宅ローンの適切な完済年齢は65歳です。

老後の年金生活では実際に住宅ローンの返済は厳しいです。

40歳で35年の住宅ローンを組む場合も、繰上返済を駆使しながら、65歳までに完済する必要があります。

銀行は完済年齢を80歳としているところが多いため、35年ローンは45歳まで組めることができます。

完済年齢が65歳を過ぎてしまう人は、繰上返済も計画に入れた上で借りるようにしましょう。

完済年齢に関しては、以下の記事に詳しく記載しています。

住宅ローンと老後について
住宅ローンは何歳まで借りることができるの?限界の年齢はいくつ?

近年は晩婚化が進み、一般人でも芸能人のように40代で初婚の例も珍しくなくなってきました。 ただ、芸能人と違うところは「お ...

続きを見る

住宅ローン 30年 35年
住宅ローンを30年にするか35年にするかの判断基準を徹底解説

家の購入にあたっては、家の購入の他に住宅ローンという商品も購入することになります。 住宅ローンという商品は、返済方法によ ...

続きを見る

退職後の住宅ローンの注意点と老後破綻を回避するための方法を解説

晩婚化に伴い、住宅の取得時期が遅れ、退職後も住宅ローンの返済が続いている人が増えています。 住宅ローンをきっかけに、退職 ...

続きを見る

9.住み替え検討なら最初に「自分の家がいくらで売れるか」をチェック

住み替えの場合、資金計画を立てることが大きなポイントになりますが、そのための第一歩が「今の家がいくらで売れるのか」を確認することから始まります。

不動産の売却金額によっては、売却益を購入物件の初期費用に回して、ローンの借入額を減らすことも可能です。

まず、自分の不動産がいくらで売れるのかを把握する為には、不動産会社に査定してもらう必要があります。

しかし、あくまで査定額は不動産会社がいくらで売れそうなのか判断した価格です。

不動産会社ごとに、実績や算出方法が異なるので、不動産会社によって査定額がバラバラになってしまうことが一般的です。

その為、不動産査定は複数の不動産会社に依頼して、比較検討することがとても大切です。

査定額が高すぎる不動産会社は危険

査定額が高すぎる不動産会社は危険

ただ、複数の不動産会社を自分で調べて、1社ずつ何度も査定依頼を進めるのは大変です。

そんな時に不動産一括査定サイトの活用を強くオススメします。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

便利な不動産一括査定サイトですが、筆者が知っているだけでも30はあります。

多くのサイトが乱立し、どのサイトを使えば良いか素人には分かりづらくなってしまっています。

実績や信頼性、提携不動産会社の質など、総合的に判断すると筆者は下記の3つをオススメします。

一括査定サイトのオススメ3選

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

実績や信頼性はもちろんですが、上記3サイトは、机上査定に対応してくれる点もポイントになります。

机上査定とは、依頼時に入力した物件の基本情報を基に算出する査定方法で、不動産会社の担当者に物件を見てもらう必要もなく、家に居ながら気軽に査定額を知ることが可能です。

依頼時にメールで査定額を提示して欲しい旨を備考欄で伝えておけば、査定結果や担当者とのやり取りはメールで進むので、営業電話にも悩まずにやり取りすることも可能です。

オススメサイトの併用が鉄則

一括査定サイトごとに提携会社の性質は異なる為、売却を成功するためには、複数の一括査定サイトの併用がオススメです。

サイト選びのポイントとしては、売却物件のエリアに応じて、下記のような使い分けがいいでしょう。

所在地別地域毎のおすすめ

対象物件種別

おすすめポイント

物件所在地に応じたおすすめの使い方

不動産一括査定は、各社の特徴を活かして、複数社への査定依頼がおすすめです。

都心(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良)の場合

一括査定サイトの他にも、売主専門の不動産仲介会社SRE不動産への相談がおすすめ

県庁所在地など比較的人口が多い都市の場合

すまいValueで大手へ、HOME4Uで地元密着から大手へ査定依頼することで漏れなくチェック

田舎など人口が少ない都市の場合

地方の提携企業も多いHOME4Uとイエウールの併用使いがおすすめ

査定対象の物件種別を比較

  • ◎特化してる
  • ○対応している
  • △要相談
  • ×対応していない
サイト名戸建マンション土地投資物件農地
○○○△△
○○○△△
○○○△○
○○○○×
○○○××
×◎×××
○○○△○
○○○△△
サイト名戸建マンション土地投資物件農地

提携会社数・特徴

サイト名提携会社数特徴公式サイト
大手不動産6社
※小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウス
・大手不動産6社にまとめて査定依頼できる
※この6社に依頼できるのはすまいValueのみ
公式サイト
1,300社以上・NTTグループで安心、実績も抜群
・フリーダイヤルの相談窓口あり
・大手、中堅、地域密着の会社にバランスよく依頼できる
公式サイト
1,600社以上・地方や田舎に強い公式サイト
1,800社以上・匿名査定対応
・地方含めて対応エリアが広い
公式サイト
2,000店舗以上・不動産メディア認知度No.1
・最大10社から一括査定可能
・不動産会社の特徴で選べる
公式サイト
2,500店舗以上・マンションに特化
・賃貸も同時査定可能
公式サイト
1,700社以上・サポート体制が充実
・様々な物件種別に対応
公式サイト
約700社以上・収益物件に特化
・最大10社から一括査定可能
公式サイト

住宅本舗を使うと住宅ローンの一括仮審査ができる

住み替えのための不動産売却新規物件用の住宅ローン契約を同時に進めるのは、とても大変です。

そこでオススメなのが、住宅ローンの仮審査を一括で行えるサービスを使うことです。

銀行によって住宅ローンの金利は異なりますし、審査基準も異なります。

そこでオススメなサービスが「 住宅本舗 」。

住宅本舗を使うと、最大6社の住宅ローンの仮審査が可能です。

自分で1社1社探していては非常に面倒。

それが住宅本舗を使うと、1回で自動的にしてくれますので、かなり便利です。

最大6つの銀行にまとめて仮審査申込み

住宅本舗で住宅ローンの比較をする

まとめ

住宅ローンの平均借入額や平均返済額ならびに、適正値について見てきました。

平均を参考に、適正な返済負担率、年収倍率、完済年齢の3つを考慮して借りるようにして下さい。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-住宅ローン

© 2021 不動産売却の教科書