京王不動産ってどんな不動産会社?評判や口コミ、サービス内容を解説

京王不動産

京王不動産は、電鉄やデパートで有名な「京王グループ」の不動産事業をおこなう会社。

規模が大きい不動産会社ではないので、「京王」の名は知っていても京王不動産がどんな会社かご存じない方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、以下の内容にフォーカスして「京王不動産」を徹底解説していきたいと思います。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 京王不動産ってどんな会社なの?
  • どんなサポートがあるの?
  • 口コミや評判は?
  • 結局どんな人に向いているの?

ご覧いただければ京王不動産がどんな不動産会社かわかるとともに、不動産会社選択を一歩進めることができますよ。

1.京王不動産の特徴

まずは、京王不動産の特徴からどんな不動産会社なのかを知っていきましょう。

賃貸・売買・投資をおこなう総合不動産業者

京王不動産の歴史は古く、40年以上の実績があります。売買のみならず、賃貸や不動産運用、リフォーム、地域開発まで手掛ける総合不動産業者です。

「売買仲介のみ」「投資家向け」で営業する不動産業者も多い中、総合的な不動産業務をおこなっている京王不動産は、以下のような不動産の様々なニーズや問題に対応してくれる不動産会社だといえるでしょう。

  • 本当に売却していいのかな?
  • 賃貸の方がいいかもしれない
  • 不動産で儲けたい!
  • 不動産の相続対策としてなにをすればいいんだろう?

企業規模はさほど大きくない

総合不動産業者として存在している京王不動産ですが、会社の規模はそれほど大きくありません。

  • 社員数:285名(2018年4月現在)
  • 店舗数:東京西部を基盤に11店舗

不動産会社の中では「中規模」といったところですが、それでも2020年3月時点での仲介各社の売り上げランキングでは30位。(公益社団法人不動産流通推進センター調べ)

いわゆる「大手」といわれるレベルの不動産会社だといえます。

No.企業名取扱高 (百万円)手数料収入 (百万円)手数料率 (%)仲介件数 (件)1件あたりの手数料収入(百万円)1件あたり平均物件価格(百万円)店舗数
1三井不動産リアルティグループ1,783,23284,9854.8%42,8181.9841.65282
2住友不動産販売1,287,50867,0635.2%37,7151.7834.14276
3東急リバブル1,315,94262,2614.7%26,4372.3649.78190
4野村不動産グループ872,33735,1564.0%9,5153.6991.6892
5センチュリー21636,39631,0884.9%25,9021.2024.57978
6三井住友トラスト不動産 472,42620,2214.3%7,6842.6361.4872
7三菱UFJ不動産販売405,96916,3494.0%5,1273.1979.1844
8みずほ不動産販売407,80416,0013.9%4,0433.96100.8752
9積水ハウスグループ243,23112,0284.9%8,2411.4629.51114
10オープンハウス236,42210,9794.6%5,6951.9341.5144
11三菱地所リアルエステートサービス450,0488,5981.9%1,0957.85411.008
12東宝ハウスグループ177,7128,5284.8%5,1481.6634.5218
13大京穴吹不動産167,6107,9944.8%6,3041.2726.5975
14住友林業ホームサービス156,3966,8954.4%4,2651.6236.6754
15大成有楽不動産販売グループ164,2286,5094.0%3,8931.6742.1940
16大和ハウスグループ185,9026,4013.4%4,3091.4943.1463
17イエステーション123,6806,1655.0%7,8270.7915.80145
18近鉄不動産107,2085,5925.2%4,1641.3425.7546
19スターツグループ115,6555,0654.4%2,2632.2451.11105
20東京建物不動産販売144,5904,2883.0%1,0863.95133.1411
21長谷工リアルエステート108,3014,1463.8%1,9992.0754.1838
22日本土地建物販売108,2173,0332.8%29910.14361.939
23三菱地所ハウスネット76,2802,8433.7%1,4271.9953.4522
24リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ55,6782,7304.9%1,1602.3548.0010
25ポラスグループ55,8362,6804.8%2,5261.0622.1050
26伊藤忠ハウジング105,1402,0001.9%2,0820.9650.502
27小田急不動産46,1971,9624.2%1,2831.5336.0120
28ナイス59,7491,8953.2%1,1961.5849.9615
29朝日住宅28,9791,2364.3%1,0061.2328.819
30京王不動産24,7631,1134.5%6831.6336.2611
31相鉄不動産販売18,5949795.3%6641.4728.008
32京急不動産7,1853565.0%2301.5531.2412

出典:公益社団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集2020(2020年9月発表)

規模に関わらず業績が高い背景には、「京王グループ」の存在があります。

京王不動産は会社自体の規模は大きくないものの、運輸や流通、レジャー、建設など全53社からなる京王グループの強力なバッグボーンがあるんですね。

関連会社と連携することで手厚いサービスを提供することができ、顧客獲得もしやすい環境にあるといえます。

京王線沿線に店舗が集中

「京王」といえば電鉄ですよね。お察しの通り、京王不動産の店舗は、新宿から始まる「京王線」や渋谷から吉祥寺をつなぐ「京王井の頭線」沿いに集中しています。

東急リバブルや小田急不動産もそうですが、「電鉄系」といわれる不動産会社は、沿線の物件取り扱い数や実績はどこにも負けません。

そのため、京王線沿線の物件を売りたい、買いたい、貸したい、借りたいという方は、選択肢の1つとして京王不動産を加えて損はないでしょう。

また京王不動産は、私鉄系不動産会社が参画する「ネットワーク5」という団体に加盟しています。

その他の加盟企業は、小田急不動産、京急不動産、京成不動産、相鉄不動産、東武不動産です。(関西地区では近鉄不動産も加盟)

ネットワーク5は私鉄系の大手不動産会社が連携し、各沿線の不動産取引を円滑に進めるための組織。京王線沿線から違うエリアへ買い替えや住み替えするようなときにも、地域に特化した不動産会社によるサポートが受けられます。

ここまでは、京王不動産の特徴を見てきました。

続いて、京王不動産のサポートにはどんなものがあるのか見ていきましょう。

2.京王不動産の7つのサポート

京王不動産の仲介では、7つのサポートが提供されています。

  1. 税務・法律相談無料
  2. 建物状況調査(インスペクション)
  3. 瑕疵保証
  4. 仮測量
  5. 設備保証
  6. ハウスクリーニングサービス
  7. 売買賃貸同時査定

サービス1.税務・法律相談無料

税務相談会・法律相談

税務相談会・法律相談

※画像出典:京王不動産「売却サポート」より

不動産取引は、税金や法律上の疑問・問題・トラブルが生じやすいものです。

特に離婚や相続、売却益が出るような不動産取引では、不動産会社のみならず各専門家のアドバイスは不可欠。そんなときに助かるのが、税務や法律相談です。

京王不動産では、顧問税理士や顧問弁護士による相談会を無料で開催しています。外部で頼めば数万円するような相談を無料でおこなってくれるのは、大変助かるサービスですよね。

サービス2.建物状況調査(インスペクション)

建物状況調査(インスペクション)

建物状況調査(インスペクション)

※画像出典:京王不動産「売却サポート」より

最近「インスペクション」という言葉がメジャーになってきましたが、これは2018年の宅地建物取引業法の改正を受けてのこと。

簡単にいえば、インペクションとは中古住宅の欠陥などの状況を調査・報告することです。

宅建業法の改正により、不動産仲介会社はインスペクションのあっせんの可否や実施に伴う説明が義務付けられています。

実施そのものを義務付けているわけではありませんが、このことにより中古住宅の「評価」の重要性が増してきているといえるでしょう。

京王不動産では、戸建て住宅を対象にインスペクションの実施も受け付けています。

インスペクションにより以下のようなメリットが考えられるので、売主の判断により実施を検討するといいでしょう。

  • 引き渡し後のトラブル回避
  • 競合物件との差別化

インスペクションについては下記記事で詳しく解説しています。

インスペクションとは何か?検査箇所や費用・流れと実施するメリット
インスペクションとは何か?検査箇所や費用・流れと実施するメリット

インスペクションとは、既存住宅の基礎、外壁等の部位ごとに生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等に ...

続きを見る

家の売却でインスペクションを行うときに注意したい5つのポイント
家の売却でインスペクションを行うときに注意したい5つのポイント

2018年4月より家の売却では不動産会社からインスペクションのあっせんを受けるようになりました。 インスペクションという ...

続きを見る

サービス3.瑕疵保証

瑕疵保証

瑕疵保証

※画像出典:京王不動産「売却サポート」より

京王不動産では、戸建て住宅に瑕疵(かし)保証を付けることができます。

具体的には、引き渡し前の建物検査と引き渡し後の保証というサービスです。

戸建てにおける瑕疵とは、雨漏りやシロアリ被害、排水管等の故障を指します。

引き渡し後に瑕疵が発覚した場合、売主は一定期間、修理等の責任を負うのが一般的です。これを「瑕疵担保責任」といいます。

瑕疵保証を付けるメリットは、売主の瑕疵担保責任の負担を軽減できること。具体的なメリットは、次の4つです。

  1. 引き渡し前の状況確認で買主が安心
  2. 引き渡し後の保証で売主・買主ともに安心
  3. 「検査済み」という安心で戸建ての売れやすさ向上
  4. 引き渡し後に瑕疵が発見されても売主の負担を軽減

保証期間は、引き渡しから1年間。保証額の上限は、シロアリ被害については50万円、その他の瑕疵については1,000万円となっていますので、売主の大きな安心になるといえるでしょう。

瑕疵担保については下記記事で詳しく解説しています。

不動産を売却するなら知っておきたい瑕疵担保責任の内容と注意点
不動産を売却するなら知っておきたい瑕疵担保責任の内容と注意点

売主なら知っておきたい知識の一つに瑕疵担保責任というものがあります。 まず、瑕疵とは「カシ」と読みます。「カ」は「ヒマ」 ...

続きを見る

サービス4.仮測量

仮測量

仮測量

※画像出典:京王不動産「売却サポート」より

土地は、必ずしも隣地との境界が確定しているわけではありません。

境界確定していなくても売買はできますが、その場合には買主から境界確定を依頼される可能性があります。

境界確定には時間も費用もかかるので、状況によっては購入を見送られてしまったり、自分のタイミングで売買できなくなったりすることも考えられるのです。

境界確定は不動産鑑定士による確定測量が必要ですが、京王不動産では「現況測量」=「仮測量」を実施してくれます。

確定測量とは異なり隣地の方の立ち合いはなく、簡易的な測量となりますが、仮測量による越境やセットバック、境界石等の確認ができるので、未然にトラブルを防げる可能性が高いといえます。

境界については下記記事で詳しく解説しています。

境界明示って必要なの?土地売却の手順と一番重要な測量を徹底解説
境界明示って必要なの?土地売却の手順と測量の種類や費用について解説

初めて土地などの不動産を売却する方は、売却手順について知らない人がほとんどだと思います。 売却に必要な書類の多くは、「元 ...

続きを見る

境界未確定(筆界未定)の土地を売却するときの手続き方法と注意点
境界未確定(筆界未定)の土地を売却するときの手続き方法と注意点

古くから所有している土地を売却するのは苦労を伴います。 昔からの土地は境界が元々未確定である、境界標が飛んでいる、越境物 ...

続きを見る

サービス5.設備保証

設備保証

設備保証

※画像出典:京王不動産「売却サポート」より

京王不動産では、マンションを対象に、引き渡し前の設備検査と引き渡し後の保証をつけることができます。

設備保証をしてもらうメリットは、次の3つです。

  1. 引き渡し後の売主の安心
  2. 設備の状況を事前に買主に伝えることで、引き渡し後のトラブル防止に
  3. 「検査済み」という安心でマンションの売れやすさが向上

サービス6.ハウスクリーニングサービス

ハウスクリーニングサービス

ハウスクリーニングサービス

※画像出典:京王不動産「売却サポート」より

京王不動産では、自宅売却時のハウスクリーニングサービスが無料で提供されています。

不動産を購入する人は、必ず事前に家を見に来ます。(内覧)このときに与える印象は、売れるスピードや価格にも影響するので非常に重要だといえます。

でも正直、内覧前の清掃や片付けは売主にとって大きな負担です。

しかし京王不動産では玄関回りや水回り、バルコニーなど、基本的に5か所まで無料でクリーニングしてくれるので、売主の負担が大きく軽減されます。

クリーニング実施会社は、京王グループの京王ほっとネットワーク。ここでも京王グループのバックボーンによる恩恵が受けられるんですね。

ハウスクリーニングについては下記記事で詳しく解説しています。

家売却でハウスクリーニングはするべき?どの場所をどのタイミングでする?
家売却でハウスクリーニングはするべき?どの場所をどのタイミングでする?

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があります。 家を売却が決まった後、引渡前にハウスクリーニングをして買主へ物件を引き渡すべ ...

続きを見る

ハウスクリーニングの料金相場は?安くする方法・業者選びの3ポイント
ハウスクリーニングの料金相場は?安くする方法・業者選びの3ポイント

賃貸経営している方や大家さんなどはハウスクリーニングをする方も多いと思います。 ハウスクリーニングとは、掃除の専門業者が ...

続きを見る

サービス7.売買賃貸同時査定

売買賃貸同時査定

売買賃貸同時査定

※画像出典:京王不動産「売却サポート」より

転勤や離婚に伴う転居ではとくに、自宅を売るのか貸すのか悩ましいところ。京王不動産なら、そんなときには売買査定と賃貸査定を同時におこなってくれます。

売買仲介のみをおこなう不動産会社にはでいない、総合不動産業者ならではのサービス だといえるでしょう。

売却にするか賃貸にするかの判断については下記記事で詳しく解説しています。

マンションは売却すべきか賃貸すべきかを悩んでいるあなたへの処方箋
マンションは売却すべきか賃貸すべきかを悩んでいるあなたへの処方箋

マンションを持っている方が、仕事の都合や家庭の事業などにより、引越しせざるをえなくなった際、選択肢としては「売却」か「賃 ...

続きを見る

ここまで、京王不動産の7つのサポートについて見てきました。

次項からは、気になる京王不動産の評判や口コミを見ていきたいと思います。

3.京王不動産の評判や口コミは?

それでは、ここで京王不動産の評判・口コミをみてみましょう。

  • 最初から最後まで丁寧に対応していただきました!!今まで良い不動産屋に当たったことがなかったので、全然期待してなかったですが、私の担当してくれた方は最初から最後まで本当に丁寧に対応していただきました…!本当にありがとうございました!!
  • 丁寧な対応、暖かい人柄で、良かったです。
  • 対応が最低。
  • 窓口の対応が悪し…最悪でした。
  • 京王沿線の物件に強い!…を期待して行ったのですが、そうでもない?かな??

※出典:Googleレビューより

賛否両論ある…といった感じでしょうか。

ただこちらはどんな方でも書き込めて、アカウント名が表示されるGoogleの口コミから抜粋していますので、いい口コミしか載せない公式HPなどよりは参考になるでしょう。

全ての営業所ですべての面が最高な不動産会社はありませんので、正直な口コミを見て判断するのはいいことだと思いますよ。

それでは最後に、京王不動産に向いている人やケースについて見ていきます。

4.京王不動産に向いている人

ここまで、京王不動産の特徴やサービス、評判を見てきました。

ここからは結論として、結局どんな人に京王不動産は向いているのかを考察していきます。

 京王線沿線の物件

京王不動産に向いているのは、ずばり京王線沿線の物件の売買や賃貸を考えている方です。

沿線の物件取り扱い数・実績ともに卓越した水準を誇るのは、やはり電鉄系不動産会社の強み。

不動産会社にそのエリアの適正な相場観や成約事例の多さ、地主との繋がりなどがあれば、不動産取引における大きな戦力となります。

売却だけでなく賃貸も考えている人

京王不動産の会社としての規模は決して大きいとはいえませんが、総合不動産業者として売買仲介のみならず、賃貸など様々な不動産事業を展開しています。

査定においても、売買と賃貸、同時におこなうことが可能。そのため売るか貸すか迷っている人にとって、適した不動産会社となります。

大手の「安心」と地域密着の「繊細なサービス」を受けたい人

企業規模が大きくないながらも総合不動産業者として確立している背景には、「京王グループ」という大きなバックボーンがあるというのはお話しした通りです。

ただ「京王不動産」としては、40年間の長きに渡ってエリアを大幅に拡大することなく、地道に地域密着でやってきた会社です。

そのため京王不動産は、大手と中小のいいとこ取りした不動産会社だといえます。

一般的に、大手不動産会社は「安心」を求める人が多いでしょう。

一方、地域密着の中小企業で期待できるのは、「繊細なサービス」や「フットワークの軽さ」「地主とのパイプ」など。

京王不動産では、他社に類を見ない両者が備わっている不動産会社だといえます。

不動産一括査定にも加盟している

住友林業サービスは不動産一括査定にも加盟しています。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

住友林業サービスはこれまで説明してきたように優れた不動産会社。

ただし、売却を考えるなら住友林業サービス以外にも査定相談をして客観的な意見を聞くべきです。

一括査定サイトのオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  • 【1都3県・大阪・兵庫・京都・奈良】売主専門の数少ない不動産会社「 SRE不動産(※旧ソニー不動産)
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し細かいので、流し読みする程度でOKじゃぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
こう見ると、上4つがずば抜けているんですね!
正確にはセンチュリー21はフランチャイズ経営なので、「三井不動産」「住友不動産」「東急リバブル」の3強じゃよ!
フクロウ先生
フクロウ先生

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額提示を希望」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

ご要望・ご質問の欄にメールでの査定額を希望

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
どの一括査定なら「机上査定」「メール要望」が使えるんですか?
下記に比較してまとめてみたぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
一括査定机上査定備考欄
すまいValue
HOME4U
イエウール  
SRE不動産(※旧ソニー不動産)

一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく説明しています。

不動産一括査定
不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

続きを見る

まとめ

本記事では、京王不動産の特徴やサービス、評判などを見てきました。

京王不動産は、多種多様なサポートと事業内容から不動産に関わる総合的なニーズや問題に対応してくれる一方、地域密着でやってきたノウハウや繊細さも持ち合わせている不動産会社です。

京王線沿線の不動産取引をお考えの方はとくに、選択肢の1つに加えても決して損はないでしょう。

おすすめ記事一覧

63,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

16,045view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,667view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-不動産会社特集

© 2021 不動産売却の教科書